新着記事

作家・田中英光が自殺前に遺書を書いた太宰治の本【文士の逸品No.29】

◎No.29:田中英光の本文/矢島裕紀彦東京・駒場の日本近代文学館に蔵される…

『半分、青い。』ロケ地の“昭和レトロの町”で話題! 岐阜県“東美濃”へ出かけませんか?【シリーズ東美濃の魅力その3】[PR]

素朴な味わいで「うんま!」(うまい!)と人気を集める五平餅や、日本三大山城に数えられる岩村城などがあ…

【夕刊サライ/パラダイス山元】デンマーク:ヨーロッパ大陸最北端の岬で“餃子石”を拾い集める(パラダイス山元の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

おいしさ倍増!覚えておきたいビールの「ペアリング」3つのコツ

文/鈴木拓也ワインと相性のいい料理を組み合わせる「ペアリング」(マリアージュとも)が…

一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のアナログ日誌 第20回】

文・絵/牧野良幸ずっと「箱買い」が止まらない。「箱買い」とは箱入りのアナログ…

【夕刊サライ/横山剣】「BMW2002」 過ぎ去った“彼女”と“あのときの想い出”をもう一度(横山剣のクルマコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

意外な由来!「江戸前」という言葉はウナギから生まれた【食いしん坊の作法 第6回】

文/山本益博「江戸前のにぎりずし」という言葉が人口に膾炙されていて、「江戸前」という…

2日目《苫小牧から札幌へ》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

【夕刊サライ/川合俊一】ニューヨークへ、画家リロイ・ニーマンに会いに行く!(後編)(川合俊一の暮らし・家計コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

日本のそば発祥の地!滋賀県伊吹のそばと湖東の酒蔵をめぐる

取材・文/わたなべあや滋賀県は、県の真ん中に位置する琵琶湖を中心に東西南北4つの地域に分かれ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

昔ながらの森林鉄道/魚梁瀬森林鉄道・馬路森林鉄道(高知県馬路村)【一度は乗りたい保存鉄道3】

文/杉﨑行恭 写真/坪内政美

廃線となった旅客線や森林鉄道などを一部の区間で復活し、車両を動態(走れる状態)で保存している鉄道を「保存鉄道」という。今ではなかなかお目にかかれない懐かしい車両が、いまも現役で走っているのだ。そしてもちろん、乗ることができる。

そんな男心をくすぐる全国の保存鉄道の中から、いくつか選んでご紹介しよう。あなたもこれらの鉄道へ乗りに、出かけてみませんか?

※以下の記載は小学館SJムック『保存鉄道に乗ろう』(平成24年6月刊)からの転載記事です。転載にあたり構成や文章を一部改めました。写真は初出当時のものです。最新情報については公式サイトにてご確認ください。

■丸山公園の魚梁瀬森林鉄道・馬路森林鉄道(高知県馬路村)

太平洋に面した高知県東部の山林は、杉の良材が出ることで知られる。明治時代から昭和初期にかけて大規模な森林鉄道が建設され、戦前にはすでに奈半利川と安田川流域の魚梁瀬森林鉄道だけで250kmを超す路線が建設された。今の馬路村の主要道路は、そのほとんどが森林鉄道の跡だといってもいいほどの規模だった。

これが、昭和30年代に魚梁瀬ダムの建設が始まると森林鉄道での輸送がトラック輸送に切り替わり、昭和38年(1963)にすべて廃止された。そんな森林鉄道王国・魚梁瀬を記念して、平成3年(1991)に魚梁瀬ダム湖畔の『丸山公園』に森林鉄道が復元された。

車庫にたたずむ、地元・野村工作所製の4.8t魚梁瀬(やなせ)形古参機関車(右)を見ながら、平成3年(1991)に新製された谷村式機関車(製造は垣内鉄工所)が走ってきた。

 

もとより、地元には元森林鉄道の関係者が多く、復元の話が持ちあがると、当地に残された野村組工作所製のディーゼル機関車が動態できるよう修復された。公園を一周する408mの軌道もたちどころにできてしまったという。地元メーカーも木造客車などを争って製作するなどして、車両群も充実していった。今では機関車4両やトロッコ客車など、総勢7両を備えた保存鉄道になっている。

「魚梁瀬森林鉄道」の乗車券。これも、木でできている。描かれているのは古参の機関車だ。

運転は『丸山公園』の小さな乗り場からで、地元メーカー・垣内製の谷村式機関車が主に使用され、地元の魚梁瀬杉をふんだんに使った木造客車を牽引する。ただし、公園を一周するルートだけに深山の雰囲気に欠けるが、園内には「やなせの湯」という日帰り温泉もあってアットホームな雰囲気だ。

『丸山公園』の林鉄復元にあたって製造された木造客車。その昔はこんな列車に揺られて何時間も走った。団体のお年寄りも大喜び。

馬路村は『丸山公園』のある魚梁瀬地区と、村役場のある馬路地区に大きく分かれていて、馬路地区にはもうひとつの森林鉄道が走っている。こちらは村営「うまじ温泉」の前から発車して渓谷を周回する軌間508mmの軽便路線で、かつて森林鉄道で活躍したポーターに似せたディーゼル機関車が、鳥かごのようなトロッコ客車を引っ張って走る。ここは森林鉄道らしく、約300mの渓谷を周回する。

線路は『丸山公園』にある温泉を一周。ここでは4両の機関車が動態保存中。近年、林鉄の遺構が国の重要文化財に指定された。

また近くには、一切、燃料や電気を使わない「水力式インクライン」(水バラスト式ケーブルカー)もあり、線路好きには乗るのに忙しいエリアだ。

『丸山公園』の「やなせの湯」に勤務の井上洸士郎さん(右)が指導する、森林鉄道運転体験。

馬路村の森林鉄道は、川の両側を約5分で周回する。途中には森林鉄道で使っていた古いモーターカーも見ることができる。

こちらも、地元・垣内製のSL形ディーゼル機関車。村内にある「魚梁瀬森林鉄道安田川線機関車展示場」でも車両を保存している。

 

【施設情報】
『魚梁瀬丸山公園』
高知県安芸郡馬路村魚梁瀬
料金:入園自由
定休日:「やなせの湯」は水曜
土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線安田駅から高知東部交通バスで「魚梁瀬」下車すぐ。
車の場合は高知自動車道南国ICから約2時間20分。

【施設情報】
「馬路村森林鉄道」
高知県安芸郡馬路村大字馬路
土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線安田駅から高知東部交通バスで「馬路」下車すぐ。
車の場合は高知自動車道南国ICから約2時間。

【公式ページ】
http://www.umajimura.jp/publics/index/35/

文/杉﨑行恭 写真/坪内政美

※以下の記載は小学館SJムック『保存鉄道に乗ろう』からの転載記事です。転載にあたり構成や文章を一部改めました。最新情報については公式サイトでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 懐かしいローカル私鉄の風景/片上鉄道保存会(岡山県美咲町)【一度…
  2. 唯一の雨宮製SLが走る/丸瀬布森林公園の森林鉄道(北海道遠軽町)…
  3. 転車台のあるミニSL鉄道/やながわ希望の森公園「さくら1号」(福…
  4. 国内最長の運転体験/ふるさと銀河線りくべつ鉄道(北海道陸別町)【…
PAGE TOP