新着記事

医療者も驚いた!新たに登場したある海外医療保険の衝撃【予防医療の最前線】

文/中村康宏日本の社会保障制度が直面する大問題日本では、医療や年金・介護などの財源と…

【夕刊サライ/進藤晶子】原田泳幸さん、尋常ではない超人ぶりと年長者の目線(進藤晶子の暮らし・家計コラム 第8回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

南画の大成者・池大雅、85年ぶりの大回顧展《池大雅 天衣無縫の旅の画家》

取材・文/藤田麻希18世紀の京都で活躍した池大雅(いけのたいが/1723~76)は、…

もしも将棋に新しい駒が追加されることになったら?【イシグロ妄想研究所 vol.1】

妄想・イラスト/石黒謙吾(分類王)古代インドがルーツという説が有力な「将棋」というゲ…

【夕刊サライ/山本昌】継続は力なり! 45歳を過ぎたらオフはなし(山本昌の健康・スポーツコラム 第8回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

団塊世代の足元に広がる深刻な問題に備える本『団塊絶壁』【定年本イッキ読み19】

文/印南敦史昭和22年〜24年に生まれた第一次ベビーブーム世代を「団塊世代」と呼ぶが…

なぜか笑いがこみ上げる!? 日本画の巨匠・横山大観のユーモアを堪能《生誕150年 横山大観展》

取材・文/藤田麻希神々しい金地の屏風に、雲海から頂上をのぞかせる富士山が描かれます。シンプル…

誰かに話したくなる「作家と猫」の知られざるエピソード3つ

取材・文/わたなべあや古来、猫を愛した作家はたくさんいます。たとえば、夏目漱石宅に迷…

藤井聡太の挑戦状!さあこの詰将棋、解けますか?

文/編集部プロにとってもアマチュアにとっても、将棋の棋力アップに欠かせないのが「詰将棋」です…

【懐かしの母校食堂 第3回】武蔵高等学校中学校×好々亭と砂時計(東京・江古田)

文/鈴木隆祐武蔵生のソウルフード!江古田の洋食2大名店『好々亭』と『砂時計』 …

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

奈良大和路の「アジサイ絶景スポット」5つ【風景写真家・原田寛の旬景散歩】

■5:長弓寺

寺社でアジサイの穴場といえば生駒(いこま)市にある長弓寺(ちょうきゅうじ)。奈良時代に創建され1300年の歴史を誇る寺院で、本堂は国宝だ。

山門周辺や参道脇をはじめ、境内の至るところで色鮮やかなアジサイに出会えるが、アジサイの名所としてはあまり知られていない。静かな境内で人混みを気にせず、撮影も鑑賞もマイペースで楽しむことができる。

06

長弓寺の山門脇に植えられたアジサイ。

私の住む鎌倉はアジサイ人気がとりわけ高く、有名寺院では例年、初詣のような人混みになる。その点、奈良は場所にもよるがアジサイの季節になると比較的観光客が減るような気がする。

有名な寺社は別として、どこもそれほど混雑していないし、宿の予約もとりやすい。花散策にはおすすめの時期といえる。

長弓寺
住所/奈良県生駒市上町4446
電話/0743-78-2468(長弓寺 薬師院)
拝観時間/9:00~16:00
本堂内拝料/300円(要電話予約)

>>次ページへ続く

ページ:

1 2 3 4

5

6

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 鎌倉・長谷寺、年末の美景3つ【風景写真家・原田寛の旬景散歩】
  2. 秋本番の京都「とっておきの紅葉美景」スポット5選【風景写真家・原…
  3. 中秋の奈良大和路「とっておきの花景色」5選【風景写真家・原田寛の…
  4. 初秋の奈良大和路「とっておきの花景色」5選【風景写真家・原田寛の…
  5. 武家の古都・鎌倉の「夏の美景」5選【風景写真家・原田寛の旬景散歩…
PAGE TOP