新着記事

【第89回人形町らくだ亭】4月16日開催/中止およびチケット払い戻しのご案内

【ビジネスの極意】伝説のロックバンド「クイーン」に学ぶビジネスの基本

【ビジネスの極意】伝説のロックバンド「クイーン」に学ぶビジネスの基本

ほたるいかと菜の花のアーリオオーリオ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】プリプリ&旨味凝縮! 春の味覚ほたるいかを使ったレシピ2品

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(4/6~4/12)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(4/6~4/12)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(4/6~4/12)牡羊座~蟹座編

新型コロナウイルスが4月新入社員研修に与える影

講義型研修はオンライン化進む|新型コロナウイルスで「新入社員研修」どうなる?

信長と帰蝶の関係からも目が離せない。

織田信秀死す! まだ10代の信長・帰蝶夫妻に降りかかる尾張の国難【麒麟がくる 満喫リポート】

【働き手のお財布事情】20代~40代の2割が貯金なし、3割が毎月の貯金をしていない!

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母。この事件を担当した裁判官は、閉廷後にその母を呼び止めて……。(後編)

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金返済を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母(後編)

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 荒川豊蔵資料館蔵の志野筍絵茶碗 銘「随縁」(荒川豊蔵、1961年)。豊蔵が「再発見」した「美濃桃山陶」の陶片である「筍」と文様が共通する。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

蕎麦(そば)

箱根『竹やぶ』のコーヒーミルで挽いた香り豊かな「粗挽きそばがき」

【ひと皿の歳時記~第121回】

箱根『竹やぶ』の「粗挽きそばがき」

  蕎麦処『竹やぶ』本店は千葉県の柏にあります。以前は、新そばの季節になると、しばしば東京から車で出かけていきました。ご主人の阿部孝雄さんが打つそばは、それはそれは見事なもので、わざわざ出かけて行く甲斐のあるおそばでした。今でも、阿部さんはお元気ですが、店は長男に任せています。

まずは、「そばがき」をいただき、「せいろ」を何枚もおかわりして、最後に「てんぷらそば」をいただくのがいつものお決まりでした。『竹やぶ』はその後、箱根にも支店を出し、こちらは次男が切り盛りしています。

箱根竹やぶ5_s

箱根竹やぶ4_s

箱根竹やぶ1_s

先日、久しぶりに箱根の『竹やぶ』へ出かけました。芦ノ湖の近く、林の中にひっそりと店はあります。それでも、車でわざわざやってくるお客さんが絶えません。

「そば」に限ってですが、日本中、どんな鄙(ひな)びた場所でも、美味しいおそばが食べられると思うと、お客さんは詰めかけますね。「フランス料理」ではこうはいきません。

箱根竹やぶ2_s

箱根『竹やぶ』の香り豊かな「粗挽きそばがき」。

 
箱根『竹やぶ』でも、「そばがき」からいただきました。それも2種。ムースのような空気のいっぱい詰まったそばがきをいただいたあと、二つ目はコーヒーミルで挽いた「粗挽きのそばがき」です。そばの香りが豊かで、うっとりするような味わいです。冬ならではのご馳走ですね。

箱根竹やぶ3_s

小ぶりの車海老のかき揚げがのった「てんぷらそば」。

その後に、「せいろ」と「田舎せいろ」を手繰り、最後はいつものように「てんぷらそば」で締めました。小ぶりの車海老をかき揚げにしたもので、美味いの、なんの!

甘味の「水あずき」をいただいて、大満足で店を後にしました。

 

店舗情報

店名 竹やぶ 箱根店
住所 神奈川県足柄下郡箱根町元箱根160-80
TEL 0460-84-7500
営業時間 11:00 ~ 18:00 ※18:00以降予約のみ
定休日 毎週 水曜
URL http://www.takeyabu.co.jp/hakone/

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 鴨鍋 一年の締めくくりはやはり蕎麦|四代百年の老舗「やぶ久」の絶品蕎麦…
  2. チキンライスの上に花が咲く!根津『タケル』のオムライス 【新ひと…
  3. 大人のグランメゾン『アピシウス』で小鴨料理に舌鼓 【新ひと皿の歳…
  4. 東京・初台『Anis』の肉料理が堪らない【新ひと皿の歳時記18】…
  5. 東京・神宮前『傳』の自由自在な新しい日本料理【新ひと皿の歳時記1…
PAGE TOP