新着記事

日本の「クリスマス」のおかしな常識【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編34】

日本の「クリスマス」のおかしな常識とは?【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編34】

ゴルフで仕事がうまくいった人は6割! 会社員500名のゴルフ事情

【ビジネスの極意】「ライバル企業に転職する」と言った部長の話からわかること

【ビジネスの極意】「ライバル企業に転職する」と言った部長の話からわかること

巨大な名峰『立川談志山』登頂のためのガイドブック|『談志語辞典』

自分の欲望をカネで解決するのを、恥ずかしいこととしてやらないのが「江戸っ子の品」|弟子だからこそ知っている「談志のことば」

【車検ははなんでこんなに高い…?】半数以上の方が車検の内容をよく理解せずに受けていることが判明!?知らずに損をしている現状を打破するために見極めなければいけない事とは?

車検はなんでこんなに高い!? 知らないと損をする「車検」の中身

お母さんが1番大変だと感じる「朝ごはんの準備」どう乗り切っている?

ビル・エヴァンス&ジム・ホール『アンダーカレント』

音楽のキャッチボール「デュオ」演奏の楽しみ方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道36】

人間関係が幸せの道すじ【人生のおさらいをするために――児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

人間は人間関係の中でしか、自分の存在や価値を見出せない【人生のおさらいをするために――児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

429人にアンケート調査!|子どもが医学部受験をしたことのある母親へ質問しました! 当時お子様のために何をしていましたか? 医学部受験のコツとは…!?

子どもが医学部受験をしたことのある母親429人に聞いた「医学部合格のコツ」

海苔の佃煮

【管理栄養士が教える減塩レシピ】新海苔の季節!旨味たっぷり海苔を使った佃煮&おかずレシピ

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  2. 鴨鍋
  3. 宝塚歌劇

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

2000年前とは思えない高度な土木技術のミステリー|ナスカ文化を支えた奇跡の送水路「アクエドゥクト」(ペルー)

文・写真/原田慶子(海外書き人クラブ/ペルー在住ライター)

ペルー・ナスカ平原に描かれた巨大な地上のアート、「ナスカの地上絵」。今もなお多くの謎に包まれたこの地上絵は、かつてこの地に高度な古代文明が栄えていた証しでもある。ナスカの民の類まれなる創造性と豊かな表現力を象徴する傑作として、1994年にユネスコの世界文化遺産に登録された。

地上絵の最高傑作のひとつ“ハチドリ”

地上絵の最高傑作のひとつ“ハチドリ”

紀元前200年~紀元650年頃にかけ栄えたナスカ文化の英知を今に語り継ぐ証左は、なにも地上絵だけではない。ナスカの前身とされるパラカス期から受け継がれた色鮮やかな織物や土器もまた、5000年におよぶアンデス文明で傑出した芸術性を誇っている。

高位の人物のミイラを包んでいたパラカス期のマント/ペルー国立考古学人類学歴史学博物館所蔵

高位の人物のミイラを包んでいたパラカス期のマント/ペルー国立考古学人類学歴史学博物館所蔵

ナスカの地上絵にも描かれるシャチを模った土器/ラルコ・エレーラ博物館所蔵

ナスカの地上絵にも描かれるシャチを模った土器/ラルコ・エレーラ博物館所蔵

地下水脈のありかを知っていたナスカの人々

ナスカはとても乾燥した土地だ。天からの恵みは微々たるもので、一帯の年間降雨量はわずか4mm程度。「川」と名のつく地形はあるがその多くは涸れ川で、アンデスが雨期を迎える季節にほんの一時期蘇るだけ。このような環境で、古代ナスカ人はどうやって命を繋いでいたのだろうか。

ナスカの町をGoogleマップで眺めてみると、アンデスの裾野が迫る扇状地の要にあたる谷あいに、わずかな隙間を得て潜りこむように広がっているのがわかるだろう。町を流れるナスカ川とアハ川は年間を通じほとんど涸れた状態にもかかわらず、周囲に耕作地を従え、ナスカ川の下流にはナスカ最大の司祭センターだった「カワチ遺跡」が鎮座する。これは、一見不毛に見える大地の下に豊かな水脈が存在する有力な証拠でもある。

2000年前とは思えない高度な土木技術

ナスカの人々はこの地下水脈の位置を把握し、それを活用する高度な土木技術を有していた。その代表が「カンターヨの送水路」だ。町の中心からナスカ川を東へ3kmほどさかのぼったところに、丸い井戸のようなものがいくつも並んでいる。これが2000年も前に建設された古代ナスカのアクエドゥクト(送水路)である。井戸状の構造物は、地下水の円滑な送水にあたり空気穴の役割を果たしている。

カンターヨの送水路から東にそびえるアンデスを望む

カンターヨの送水路から東にそびえるアンデスを望む

さっそく送水路の構造を見てみよう。螺旋状に作られた空気穴ののり面には、切土が崩落しないよう小石が丁寧に積み上げられている。石の大きさは様々だが、それぞれの角を丸く磨くなど丁寧な作りが印象的だ。渦巻き状の構造は、直射日光による水の蒸発を最小限に抑え、メンテナンスや水くみ作業を容易にするためと考えられている。地上絵のデザインを手がけた人々が遺したナスカの水路、その無駄のない美しさには感服してしまう。

底のほうまで丁寧に石が並べられている

底のほうまで丁寧に石が並べられている

地下送水路の天井部分は、暗渠の構造を支えるため硬く腐食に強いワランゴの木で補強されている。また滲出による地下水の損失を防ぐ目的から、水路床には粘土質の土が敷かれているという。増水時の負荷を緩和させるため、開水路区間では水路全体が緩やかに蛇行するよう造られていることも見逃せない。アンデスが数年に一度の豪雨に見舞われた際、下流にあるナスカにも被害が及んだであろうことは想像に難くない。大自然との対峙による経験の蓄積に裏付けられたいにしえの土木技術を活かし、飲料・灌漑用水の安定供給に努めたナスカの民。類まれなるこれらの知識があったからこそ、砂漠という過酷な環境の中で数百年の長きにわたり命を紡ぐことができたのだろう。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. チチャロン・サンド全体の味をぴりっと引き締める、オレンジ色のトウガラシソースを添えて 「世界一の朝食」実は〇〇の残りものだった?|ペルーで愛される「チ…
  2. 眩いばかりの黄金製品も多数展示されている。 ラテンアメリカ第1位に輝く「ラルコ博物館」(リマ) |性の営みを…
  3. “北のマチュピチュ” “第二のマチュピチュ”と称される「クエラップ遺跡」 ペルーのコンドル湖で発見されたミイラの謎|219体のミイラと20…
  4. 美食の都リマのトップレストラン3店| 世界のフーディーズが絶賛す…
  5. 世界最大の陸の孤島!映画「フィツカラルド」誕生の地、ペルー・イキ…
PAGE TOP