新着記事

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

おこもり生活に役立つアプリ「radiko」の使い方【スマホ基本のき 第20回】

生活費が足りない、借金返済の場合は嘘をつく、親にお金を借りる理由

衝動的に東海道新幹線に飛び乗ってでかけたくなる、ニッチな一冊|『名古屋の酒場』

飲み屋が少ない、そもそも酒に弱い、知られざる「名古屋の酒場」事情

毎日出勤しても仕事が無い…「社内失業者」にならないために必要なこと

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

年収1000万円以上の保護者が子どもにしている「マネー教育」の中身

PTA活動はみんなやりたくない? 年齢別にみると明らかな結果が。生の声をそのまま公開します!

ボスママ、マウント、利権争い、「PTA活動」参加したくない意外な理由

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』

「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道56】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシングルマザーを選択した理由~その2~

取材・文/ふじのあやこ

家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親に感じていた気持ちを探ります。(~その1~はコチラ)

今回お話を伺ったのは、都心よりの埼玉にある家で母親と8歳になる娘と暮らしながら、事務所に在籍してフリーランスとして結婚式場などでヘアメイクを行う仕事をしている理佐さん(仮名・40歳)。栃木県出身で、両親との3人家族。両親は理佐さんが中学生の時に離婚するも、家族関係はむしろ離婚後のほうが良好に。しかし、父親が離婚のきっかけになった女性と再婚したことで、母親を守るため、父親との決別を選択します。

「離婚後も父親は月に数回は普通に家にいて、一緒に食卓を囲むこともありました。それに、離婚後のほうが両親は友人みたいに会話をするようになった。お互いがさっぱりした様子でした。

そんな元家族のバランスが崩れたのは父親の再婚。母親はいなくなった父親の分まで完璧な親になろうと、必死だったんじゃないかな。当時の親と同世代になった今だからこそ分かったことなんですが……」

「お母さんはここでしたいことがいっぱいある」。東京に出ることを全力で背中を押してくれた

理佐さんは転職をきっかけに都内へ。転職の話をもらった時、母親を残していくのは躊躇したそうですが、母親は背中を押してくれたそう。

「当時は美容院に勤めていて、出張サービスとして結婚式場へメイクやヘアをしに行っていました。そこでブライダル関係を経営している方と知り合って、都内で働いてみないかと声をかけられたんです。ずっと同じ会社にいるつもりはなかったけど、地元を離れる気も毛頭なくて。その時は20代後半だったんですが、経済的には自立していても、精神的には自立をしていなかったですよね。母親のためとかいって、私自身が母親と一緒にいたかったんだと思います。

母親に話したのは、寂しいと引き止めてほしかったから。でも、母親は『一人で頑張って来い』って背中を全力で押されました。『お母さんはこっちでしたいことがいっぱいあるから』と、少し晴れ晴れした表情で(苦笑)。そこで無理やりにでも親離れしなくてはと思いましたね」

東京で生活を始めたものの、母親とは週に1度のペースで電話する“親友のような関係”に。その後、理沙さんは31歳の時に付き合っていた男性との間に子供を授かり、結婚することになります。

「結婚はまったく予定していなかったし、結婚願望も年々なくなってきている時の妊娠でした。その時はできちゃった婚は広がりつつある状況で、世間的にも後ろめたさはなくなっていたんですが、私自身、母親に報告する時に後ろめたさがすごくあって。彼は一緒に報告に会いに行ってくれると言ってくれたんですが、先に私は一人で会いに行って伝えました。それは否定でも母親の素直な意見が聞きたかったから。でも、拍子抜けぐらい母親は喜んでくれて。『なぜ彼の同行を断ったのか!』と怒られたぐらいでしたね(苦笑)」

【出産後、1年も経たずに離婚。次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった…
  2. 【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった…
  3. 【娘のきもち】40歳を超えても子ども扱いする親。原因は親の依存で…
  4. 【娘のきもち】40歳を超えても子ども扱いする親。原因は親の依存で…
  5. 【娘のきもち】自分が正しいという前提で話す母親が嫌い。コロナ禍の…
PAGE TOP