新着記事

ルーペ付きヘッドが360度回転する爪切り|回転機構で見やすく、力を入れずに楽にカット

斎藤道三親子の対立を煽った美濃守護・土岐頼芸

美濃守護・土岐頼芸が最後に拠った大桑城跡に立つ。14㎞先に望む斎藤道三・稲葉山城に戦国の悲哀を想う【麒麟がくる 満喫リポート】

【義家族との間】夫婦生活10年目。うまく回るためには「頑張るしかない」という関係は家族なのか~その2~

【義家族との間】夫婦生活10年目。うまく回るためには「頑張るしかない」という関係は家族なのか~その1~

生前・遺品整理|しっかり話合いできていますか? 後回しにすると大変な目に…!?

心配な親の孤独死。生前・遺品整理を相談していないと大変なことに…⁉

腰椎疾患のプロが教える、脊柱管狭窄症を自分で治すセルフケア

人気整体師・白井天道が教える「脊柱管狭窄症を自分で治す」ストレッチ

masa2さんによる写真ACからの写真

親の終の棲家をどう選ぶ?|超遠距離介護を続けるシングル一人娘の今――三たび扉は開いた

2020年 猫の寄生虫対策に関する最新調査

猫も「フィラリア症」に感染する! 完全室内飼育でも予防は必要⁉

思春期はなぜいらだつのか【人生のおさらいをするために~児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

思春期のお孫さんのいらだちは順調に育っている証です【人生のおさらいをするために~児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

ライフスタイルからみる世界の新型コロナウイルス感染の拡大状況 【<異文化リテラシー>レッスン2】

ライフスタイルからみる世界の新型コロナウイルス感染の拡大状況 【<異文化リテラシー>レッスン2】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 荒川豊蔵資料館蔵の志野筍絵茶碗 銘「随縁」(荒川豊蔵、1961年)。豊蔵が「再発見」した「美濃桃山陶」の陶片である「筍」と文様が共通する。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシングルマザーを選択した理由~その2~

取材・文/ふじのあやこ

家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親に感じていた気持ちを探ります。(~その1~はコチラ)

今回お話を伺ったのは、都心よりの埼玉にある家で母親と8歳になる娘と暮らしながら、事務所に在籍してフリーランスとして結婚式場などでヘアメイクを行う仕事をしている理佐さん(仮名・40歳)。栃木県出身で、両親との3人家族。両親は理佐さんが中学生の時に離婚するも、家族関係はむしろ離婚後のほうが良好に。しかし、父親が離婚のきっかけになった女性と再婚したことで、母親を守るため、父親との決別を選択します。

「離婚後も父親は月に数回は普通に家にいて、一緒に食卓を囲むこともありました。それに、離婚後のほうが両親は友人みたいに会話をするようになった。お互いがさっぱりした様子でした。

そんな元家族のバランスが崩れたのは父親の再婚。母親はいなくなった父親の分まで完璧な親になろうと、必死だったんじゃないかな。当時の親と同世代になった今だからこそ分かったことなんですが……」

「お母さんはここでしたいことがいっぱいある」。東京に出ることを全力で背中を押してくれた

理佐さんは転職をきっかけに都内へ。転職の話をもらった時、母親を残していくのは躊躇したそうですが、母親は背中を押してくれたそう。

「当時は美容院に勤めていて、出張サービスとして結婚式場へメイクやヘアをしに行っていました。そこでブライダル関係を経営している方と知り合って、都内で働いてみないかと声をかけられたんです。ずっと同じ会社にいるつもりはなかったけど、地元を離れる気も毛頭なくて。その時は20代後半だったんですが、経済的には自立していても、精神的には自立をしていなかったですよね。母親のためとかいって、私自身が母親と一緒にいたかったんだと思います。

母親に話したのは、寂しいと引き止めてほしかったから。でも、母親は『一人で頑張って来い』って背中を全力で押されました。『お母さんはこっちでしたいことがいっぱいあるから』と、少し晴れ晴れした表情で(苦笑)。そこで無理やりにでも親離れしなくてはと思いましたね」

東京で生活を始めたものの、母親とは週に1度のペースで電話する“親友のような関係”に。その後、理沙さんは31歳の時に付き合っていた男性との間に子供を授かり、結婚することになります。

「結婚はまったく予定していなかったし、結婚願望も年々なくなってきている時の妊娠でした。その時はできちゃった婚は広がりつつある状況で、世間的にも後ろめたさはなくなっていたんですが、私自身、母親に報告する時に後ろめたさがすごくあって。彼は一緒に報告に会いに行ってくれると言ってくれたんですが、先に私は一人で会いに行って伝えました。それは否定でも母親の素直な意見が聞きたかったから。でも、拍子抜けぐらい母親は喜んでくれて。『なぜ彼の同行を断ったのか!』と怒られたぐらいでしたね(苦笑)」

【出産後、1年も経たずに離婚。次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】母親は結婚せずに私を生んだ。亡くなってからやっと母…
  2. 【娘のきもち】母親は結婚せずに私を生んだ。亡くなってからやっと母…
  3. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってく…
  4. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってく…
  5. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
PAGE TOP