新着記事

酒倉染とコルクの3WAYバッグ|味わいのある帆布とコルクで作った、使い勝手のいいバッグ

【京都人のお墨付き】「京料理 貴与次郎」店主・堀井哲也さんおすすめの鮮魚卸「ふじわら」

医学部受験合格者1,031人に聞きました! 勉強法から精神面、身体面まで受験直前対策を一挙紹介!!

勉強法から精神面まで、医学部受験合格者に聞いた「受験直前対策」 

【義家族との間】新居資金のための同居のはずが兄夫婦は実家をリフォーム。義姉の自由さが母親を追いつめる~その2~

【義家族との間】新居資金のための同居のはずが兄夫婦は実家をリフォーム。義姉の自由さが母親を追いつめる~その1~

金ヶ崎城全景 現在は周囲が埋め立てられているが往時は海に突き出た岬だった。

信長・秀吉・家康・光秀 四武将そろい踏みの「金ヶ崎の退き口」。舞台となった金ヶ崎城に秘められた歴史があった

太公望(たいこうぼう)~元祖・軍師の実像をさぐる【中国歴史夜話 8】

太公望(たいこうぼう)~元祖・軍師の実像をさぐる【中国歴史夜話 8】

病気もなく、美しい形状の収穫直前の洗馬のぶどう。

【日本ワイン生産者の肖像8】小山田幸紀さん(ドメーヌ・オヤマダ)|自分の人生や思想をワインに表現、その高い到達点を目指して~その2~

「自分なりの栽培法をみつけるまではチャレンジの連続でした」と語る。

【日本ワイン生産者の肖像8】小山田幸紀さん(ドメーヌ・オヤマダ)|自分の人生や思想をワインに表現、その高い到達点を目指して~その1~

ふとした瞬間に気づく「オバ見え」! 8割以上の女性が「見た目年齢」が気になる!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシングルマザーを選択した理由~その2~

取材・文/ふじのあやこ

家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親に感じていた気持ちを探ります。(~その1~はコチラ)

今回お話を伺ったのは、都心よりの埼玉にある家で母親と8歳になる娘と暮らしながら、事務所に在籍してフリーランスとして結婚式場などでヘアメイクを行う仕事をしている理佐さん(仮名・40歳)。栃木県出身で、両親との3人家族。両親は理佐さんが中学生の時に離婚するも、家族関係はむしろ離婚後のほうが良好に。しかし、父親が離婚のきっかけになった女性と再婚したことで、母親を守るため、父親との決別を選択します。

「離婚後も父親は月に数回は普通に家にいて、一緒に食卓を囲むこともありました。それに、離婚後のほうが両親は友人みたいに会話をするようになった。お互いがさっぱりした様子でした。

そんな元家族のバランスが崩れたのは父親の再婚。母親はいなくなった父親の分まで完璧な親になろうと、必死だったんじゃないかな。当時の親と同世代になった今だからこそ分かったことなんですが……」

「お母さんはここでしたいことがいっぱいある」。東京に出ることを全力で背中を押してくれた

理佐さんは転職をきっかけに都内へ。転職の話をもらった時、母親を残していくのは躊躇したそうですが、母親は背中を押してくれたそう。

「当時は美容院に勤めていて、出張サービスとして結婚式場へメイクやヘアをしに行っていました。そこでブライダル関係を経営している方と知り合って、都内で働いてみないかと声をかけられたんです。ずっと同じ会社にいるつもりはなかったけど、地元を離れる気も毛頭なくて。その時は20代後半だったんですが、経済的には自立していても、精神的には自立をしていなかったですよね。母親のためとかいって、私自身が母親と一緒にいたかったんだと思います。

母親に話したのは、寂しいと引き止めてほしかったから。でも、母親は『一人で頑張って来い』って背中を全力で押されました。『お母さんはこっちでしたいことがいっぱいあるから』と、少し晴れ晴れした表情で(苦笑)。そこで無理やりにでも親離れしなくてはと思いましたね」

東京で生活を始めたものの、母親とは週に1度のペースで電話する“親友のような関係”に。その後、理沙さんは31歳の時に付き合っていた男性との間に子供を授かり、結婚することになります。

「結婚はまったく予定していなかったし、結婚願望も年々なくなってきている時の妊娠でした。その時はできちゃった婚は広がりつつある状況で、世間的にも後ろめたさはなくなっていたんですが、私自身、母親に報告する時に後ろめたさがすごくあって。彼は一緒に報告に会いに行ってくれると言ってくれたんですが、先に私は一人で会いに行って伝えました。それは否定でも母親の素直な意見が聞きたかったから。でも、拍子抜けぐらい母親は喜んでくれて。『なぜ彼の同行を断ったのか!』と怒られたぐらいでしたね(苦笑)」

【出産後、1年も経たずに離婚。次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってく…
  2. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってく…
  3. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
  4. 【娘のきもち】自己肯定感がない自分を絶対的に必要としてくれたもの…
  5. 【娘のきもち】自己肯定感がない自分を絶対的に必要としてくれたもの…
PAGE TOP