新着記事

医学部受験合格者1,031人に聞きました! 勉強法から精神面、身体面まで受験直前対策を一挙紹介!!

勉強法から精神面まで、医学部受験合格者に聞いた「受験直前対策」 

【義家族との間】新居資金のための同居のはずが兄夫婦は実家をリフォーム。義姉の自由さが母親を追いつめる~その2~

【義家族との間】新居資金のための同居のはずが兄夫婦は実家をリフォーム。義姉の自由さが母親を追いつめる~その1~

金ヶ崎城全景 現在は周囲が埋め立てられているが往時は海に突き出た岬だった。

信長・秀吉・家康・光秀 四武将そろい踏みの「金ヶ崎の退き口」。舞台となった金ヶ崎城に秘められた歴史があった

太公望(たいこうぼう)~元祖・軍師の実像をさぐる【中国歴史夜話 8】

太公望(たいこうぼう)~元祖・軍師の実像をさぐる【中国歴史夜話 8】

病気もなく、美しい形状の収穫直前の洗馬のぶどう。

【日本ワイン生産者の肖像8】小山田幸紀さん(ドメーヌ・オヤマダ)|自分の人生や思想をワインに表現、その高い到達点を目指して~その2~

「自分なりの栽培法をみつけるまではチャレンジの連続でした」と語る。

【日本ワイン生産者の肖像8】小山田幸紀さん(ドメーヌ・オヤマダ)|自分の人生や思想をワインに表現、その高い到達点を目指して~その1~

ふとした瞬間に気づく「オバ見え」! 8割以上の女性が「見た目年齢」が気になる!

Google カレンダーがちょっと便利になる使い方【スマホ基本のき 第12回】

御城印発祥の松本城

お城めぐりの記念に「御城印」を集める! はじめての「御城印」ガイド

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

アカデミー賞受賞作「ローマ」のいまを歩く(メキシコ)

文・写真/長谷川律佳(海外書き人クラブ/メキシコシティ在住ライター)

ローマ、という地名を聞いてぱっと思い浮かぶのはイタリア。そういう人が大半だろう。だが今回ご紹介するのはメキシコシティ中心部に位置する「ローマ地区」のことである。2019年アカデミー賞最多の10部門でノミネート、うち、監督賞をはじめ3部門で栄冠を勝ち取った映画のタイトルでもあった、と聞けば「そういえば」と思う方もいるかもしれない。

映画公開直後は、撮影地となった建物の前にファンが黒山の人だかりを作っていた。(C)Joel Nava

映画公開直後は、撮影地となった建物の前にファンが黒山の人だかりを作っていた。(C)Joel Nava

映画「ローマ」はアルフォンソ・キュアロン監督の幼少時代をベースに、1970年代のメキシコをモノクロの映像で描いたノスタルジックな作品だが、さて2010年代のローマは一体どんな街なのだろうか。

ローマ地区、その歴史

現在、この地区はレストランやバーを多く擁しにぎやかなローマ・ノルテ(北ローマ)と静かな住宅街ローマ・スール(南ローマ)の2つに大きく分かれる。この地区の誕生は20世紀初頭に上流階級向けの住宅地として開発が始まったことにある。高級志向の邸宅ということで用いられた建築様式もアールデコやアールヌーボー、ネオゴシックなど多岐にわたっていた。

INBA(メキシコ国立芸術院)から建築遺産の指定をうけた建物も多く残り

INBA(メキシコ国立芸術院)から建築遺産の指定をうけた建物も多く残り、これら華やかないにしえの建築物は今なお、ローマ地区がローマたるゆえんである独特な雰囲気を生み出しているといえるだろう。

同区のランドーマーク的なカサ・ラム(https://www.casalamm.com.mx/ )。94年に文化センターとして再オープンしたのち97年に建築遺産として指定された。 Av. Álvaro Obregón 99, Roma Nte., 06700 Ciudad de México, CDMX

同区のランドーマーク的なカサ・ラム。94年に文化センターとして再オープンしたのち97年に建築遺産として指定された。https://www.casalamm.com.mx/ Av. Álvaro Obregón 99, Col. Roma Nte., CDMX

サグラダファミリア小教区(http://www.padrepro.com.mx/index.php )は1910年竣工。ネオゴシック様式やネオロマネスク様式を用いている。 Puebla 144, Roma Nte., 06700 Ciudad de México, CDMX

サグラダファミリア小教区は1910年竣工。ネオゴシック様式やネオロマネスク様式を用いている。
http://www.padrepro.com.mx/index.php Puebla 144, Col. Roma Nte., CDMX

こちらは「魔女の家」と呼ばれる建物。建物の一部が魔女の顔に見えるから、というだけでなく、実際に怪奇現象も起こるアパートなのだとか。 Plaza Río de Janeiro 56, Roma Nte., 06700 Ciudad de México, CDMX

こちらは「魔女の家」と呼ばれる建物。建物の一部が魔女の顔に見えるから、というだけでなく、実際に怪奇現象も起こるアパートなのだとか。
Plaza Río de Janeiro 56, Col. Roma Nte., CDMX

だが1985年のメキシコ大地震で大きな被害を受けた後には一斉に住人が引き払ってしまったことからひと足も途絶え、どちらかというとメキシコシティ内でも治安の悪い地区とみなされていた時期もあったそうだ。それが90年代半ば、地震を生き延びた建物が大幅にリノベーションされ生まれ変わったことで賑わいを取り戻したのである。

ベルリンの次はここ、といわれるアートの街

そのローマ復権の鍵の一つとなったのが、アートギャラリーやこだわりの粋を集めたショップの数々である。日本の友人から「『ベルリンの次はメキシコシティだ』と言われるくらい、今、アート界隈から熱い視線を注がれている街なんだ」と聞き、そうなのかと驚いたのだが、ローマ地区は間違いなくそのムーブメントの旗手として挙げられるだろう。
ギャラリーも含めるとメキシコシティにある美術館・博物館の数は170を下らないといわれ、このローマ地区も小規模ながら見ごたえのある美術館やギャラリーが点在する。

歴史学者ギジェルモ・トヴァル・デ・テレサの住宅を一般公開し、所蔵品を展示するCasa Guillermo Tovar de Teresaは2018年末にオープンしたばかりの博物館だ。 Valladolid 52, Roma Nte., 06700 Ciudad de México, CDMX

歴史学者ギジェルモ・トヴァル・デ・テレサの住宅を一般公開し、所蔵品を展示するCasa Guillermo Tovar de Teresaは2018年末にオープンしたばかりの博物館だ。Valladolid 52, Col.Roma Nte., CDMX

Museo del Objeto del Objeto、通称MODOはメキシコのデザインに特化した美術館。 https://elmodo.mx/ Colima 145, Roma Nte., 06700 Ciudad de México, CDMX

Museo del Objeto del Objeto、通称MODOはメキシコのデザインに特化した美術館。https://elmodo.mx/ Colima 145, Col. Roma Nte., CDMX

また、街を歩くだけでも様々なストリートアートに触れることができる。

ビルの壁も表現の場に。

ビルの壁も表現の場に。

実はこれ、幼稚園の壁なのである。もともと壁画が盛んなメキシコゆえ、抵抗がないのだろう。

実はこれ、幼稚園の壁なのである。もともと壁画が盛んなメキシコゆえ、抵抗がないのだろう。

グルメの最先端を行く街

ローマ地区の懐の深さはそのバラエティー豊かな飲食店のラインナップにも表れている。まだまだ食に対してはコンサバな考えが根強く残るメキシコにおいて、お隣コンデサ地区とともにメキシコにおけるグルメの流行発信地としての役割も担っているのだ。

その代表的な例として挙げられるのが2014年にオープンしたメルカド・ローマ(https://mr.mercadoroma.com/)。複数のグルメショップを集めたフードコンプレックス施設なのだが、このメルカド・ローマの成功を皮切りに、メキシコシティでは一大メルカド(もともとスペイン語で市場、の意味)ブームを引き起こし、雨後の筍のごとく、大小さまざまな同形態の施設が生まれることとなった。

ビーガンを謳う料理や商品

また、思想というよりは食の流行の一つとしてメキシコに入ってきた「ビーガン」だが、ビーガンを謳う料理や商品をいち早く見かけたのはローマ地区であったように思う。

国民的ファストフード・タコスもビーガン仕様に。

国民的ファストフード・タコスもビーガン仕様に。

メキシコ人の20%はベジタリアンもしくはビーガンという、にわかには信じがたい記事(https://www.forbes.com.mx/20-de-los-mexicanos-ya-son-vegetarianos-o-veganos/)もあるが、いつも多くの人でにぎわっている人気のビーガンレストランがあるのも事実だ。

ヒップなレストランだけでなく、こういった昔ながらの食事処も混在しているのがまた楽しい。

流行のヒップなレストランだけでなく、こういった昔ながらの食事処も混在しているのがまた楽しい。

このローマ地区、日本ではいわゆる観光客向けの地区としての認知度はまだまだ低いだろう。だが大型のチェーンホテルこそないもののデザインホテルは豊富で、近年では洒落たアパートを使った民泊の施設も多く誕生している。さらに、定番観光地へのアクセスも悪くはない。なにより、散策が楽しい地区である。今後は日本からのツーリストも要注目の地区となっていくだろう。

文・写真/長谷川律佳(メキシコシティ在住ライター)
2010年よりメキシコシティ在住。現地旅行会社が発行する日本語・スペイン語バイリンガルフリーペーパーの編集長を経て、2015年よりフリー。現在、書籍やwebにて執筆。海外書き人クラブ会員(http://www.kaigaikakibito.com/)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 映画のロケーションガイドブック 映画「第3の男」の舞台ウィーンでミステリーを追う(オーストリア)…
  2. 2016年に増築改装したヴェルダン戦場記念館 第一次世界大戦:700万人の戦争捕虜たちの信じられない生活
  3. チレス・エン・ノガダ 赤白緑のトリコロールに彩られた甘いトウガラシ料理!?|メキシコ独…
  4. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。 【創刊30周年特別紀行】-編集長が行く-長崎からマカオへ。信仰が…
  5. 詩情あふれる銀細工レリーフ(ワット・ムーンサーン) 息をのむほど美しい「タイ銀細工工芸」のヒミツを探る旅(チェンマイ…
PAGE TOP