新着記事

ダイエット

「食事制限ダイエット」で目標を達成した人が明かす成功の秘訣

【ビジネスの極意】現代のリーダーに必要な、心の知能指数「EQ」を知っていますか?

【ビジネスの極意】現代のリーダーに必要な、心の知能指数「EQ」を知っていますか?

イニシャル入りロックグラス|いつもの一杯を極上の一杯にするマイグラス

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|『定年ごはん』

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|定年ごはんの作り方

【家事に関するアンケート調査】普段行う家事で女性より男性の方が上位なのは「ゴミだし・分別」「風呂掃除」など。

30代から50代の女性の6割以上が日常の家事を負担に感じている

オーダースーツ

経営者はなぜ「オーダースーツ」を着るのか?

BLACK LAGOONラベル シングルモルト・ウイスキー|9月19日12:00 発売開始!

マイルス・デイヴィス『クッキン』

「イケメンでなくても好き」という大ヒット・ラブソング【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道24】

シニアライダーの8割以上がバイクマナーに自信アリ!!|シニアライダーに関する実態調査

シニアライダーは孤独を好む!? 約9割はソロツーリング派

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

親の終の棲家をどう選ぶ?| 夫の両親の介護~大好きな息子たちの存在を忘れた母【その2】

取材・文/坂口鈴香親の終の棲家をどう選ぶ?| 夫の両親の介護~大好きな息子たちの存在を忘れた母【その2】
息子家族の夕食づくりに、孫の世話、週に数回は義母のいる有料老人ホームと義父の暮らす実家の家事に片付け……大村佳代子さん(仮名・63)が、そんな生活を数年続けるうちに、義母の認知症はだんだん進行していった。

その1はこちら】

息子の顔も名前もわからない

「相変わらず、認知症になった義母のことを不憫に思っているのか、主人や義弟は、ホームに行くと、食べ物を口まで運んであげたり、手足を優しくマッサージしてあげたりしています。ここまで大切に思われて、お義母さんも幸せだなとは思いますね」

しかし今、義母は溺愛していた息子たちの顔も名前もわからなくなった。

「主人や義弟はかなりショックだったようです。そのうえ、なぜか仲の良くなかった私の名前は覚えているんです。実質的にお世話をしてきたのは私だとわかっているんでしょうね」。

夫の兄弟は確かにエリートだったが、「生活能力は低い」と佳代子さんは断定した。認知症になった義母をどうするか、一人暮らしをする義父の食事などの家事をどうするかについて話し合うときには、かならず「佳代子も」「お義姉さんも」と同席を求められた。介護認定を受けるのも、配食サービスを選んで手続きするのも、すべて采配してきたのは佳代子さんだ。義母が佳代子さんだけを覚えているという事実は、佳代子さんにとっては、ちょっぴり痛快なできごとでもあったのではないだろうか。

父親との生活に生きがいを見出した夫

それから、佳代子さん夫婦の心配のタネは、90歳を過ぎてもなお頑強に一人暮らしを続ける義父のことに移った。

ちょどそのころ、折よく夫が再就職先をリタイアした。もっと働こうと思えば働けたのだが、完全リタイアを決断したのは、独り暮らしをする父親のことが頭にあったからだろう。仕事人間だった夫は、母親の認知症が進行するにしたがって、だんだん自分の人生の着地点を考えるようになっていたようだと佳代子さんは言う。家事を手伝うようになり、子育ては佳代子さんにまかせっきりだったのに孫の世話をするようになった。

そして、仕事を完全に辞めると、空いた時間と次の人生の目標を「父親」に定めたのだ。平日は実家に泊まり込んで、父親と二人の生活を送るようになった。それも、生き生きと。

しかし、佳代子さんが肩の荷を下ろしたのもつかの間だった。

しばらくはこの生活が順調に続くだろうと思っていた矢先に、元気だった義父の病気が発覚、入院、手術となったのだ。幸い、手術は成功。気丈な義父は、環境が変わったことによる認知機能の衰えも見られなかった。とはいえ、高齢だ。入院生活で足腰は確実に弱った。

「90過ぎても、きついリハビリをする姿を見て複雑な気持ちになりました。超高齢化社会って、こういうことなのかと。死ぬまで『頑張れ』って言われて……長生きするのも楽じゃないですね」

懸命にリハビリしていた義父だが、病院からは3週間で退院を迫られた。介護認定を受け、ヘルパーを利用して自宅で生活するということも考えたが、佳代子さんの夫も義父を在宅で介護する自信はさすがになかった。

そしてまた佳代子さんを含めた家族会議が開かれた結果、義母と同じホームに入居してもらうという結論に達したのだ。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 親の終の棲家をどう選ぶ?|ここが親孝行のしどきだと思った――宍戸千絵さんの場合【後編】 親の終の棲家をどう選ぶ?|ここが親孝行のしどきだと思った――宍戸…
  2. 幼いころの宍戸千絵さん(真ん中)。小学校の教員だったお母様と 親の終の棲家をどう選ぶ?|母親のがん闘病中に、父親が脳出血で倒れ…
  3. 『定年後に泣かないために、今から家計と暮らしを見直すコツってありますか?』 老後資金、結局いくら必要?|『定年後に泣かないために、今から家計…
  4. 2019年還暦人を徹底調査 60歳の格差広がる|還暦人の貯蓄額平均は2,956万円、一方4人…
  5. 親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった――若年性認知症になった母【後編】 親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった…
PAGE TOP