新着記事

ポータブル蓄電池|自然災害による停電に備える 電気を備蓄する大容量蓄電池

葛飾応為「吉原格子先之図」太田記念美術館蔵

この世に一枚の肉筆浮世絵の名品が勢ぞろい【肉筆浮世絵名品展 ―歌麿・北斎・応為】

圧巻のコショウコーナー。何とも言えない爽やかな香りがショップ内に立ち込めて居心地がいい。皆ここでしばし足をとめて、真剣な面持ちでボックス内をのぞき込む。

料理好きがふらり集う、ドイツグルメ王監修のスパイスショップ「シューベック」(ミュンヘン)

【義家族との間】8歳上の嫁は「出産タイムリミット」数年扱い。悪意のない過度な期待が一番辛い~その2~

【義家族との間】8歳上の嫁は「出産タイムリミット」数年扱い。悪意のない過度な期待が一番辛い~その1~

吾妻山の定番カット、菜の花と富士山

JR東海道線二宮駅から歩いて行ける!|湘南の絶景、菜の花満開の吾妻山から富士山を見る(神奈川県二宮町)

初めて大河ドラマの主人公になる明智光秀(長谷川博己)。脱「信長史観」のドラマの展開が気になってしょうがない。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】明智光秀が主役の本格戦国大河 オープンセットに持ち込まれた岩の総量が半端ない

堀文子 太神楽柄ショール|孤高の日本画家、堀文子の代表作を描いたストール

『太平記』以来の大河登板の池端俊策さん。『麒麟がくる』も早くも「伝説の大河」の再来と期待が高まる。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】脚本家・池端俊策氏インタビュー「描きたかったのは、従来のイメージとは異なる光秀と信長」

2020年「開運×絶景スポットランキング」|3位 箱根神社(神奈川県)、2位 高屋神社(香川県)、1位は?

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

大宮エリーと奈良「長谷寺」の荘厳な声明を聴くイベント

奈良県桜井市にある長谷寺は、真言宗豊山派の総本山。像高約10メートルの日本最大の木造仏である本尊・十一面観音像をはじめ、多くの文化財を所蔵している。

本堂へと続く登廊は399段に渡る石段になっており、天井には楕円形の灯籠が吊られている。5月の牡丹をはじめ、四季折々の花が楽しめることから、「花の御寺」という別名も有名な寺である。

大和國総本山長谷寺 (やまとこくそうほんざん はせでら)真言宗豊山派の総本山で、西国三十三観音霊場第八番札所。全国に末寺三千余寺を有し、檀信徒はおよそ300万人といわれる。四季を通じ「花の御寺」として多くの人々の信仰をあつめている。奈良県桜井市初瀬731-1  http://www.hasedera.or.jp/

長谷寺はまた声明(しょうみょう、お経に節を付けて唱える仏教音楽の一種)に関しても名高い。同寺に伝承される「豊山声明」は歴史が古く、9世紀の初めに中国から伝えられたとされる。とくに「大般若転読絵 二箇法用付」は、読む・語る・歌うの三種の声明曲で構成され、豊山声明の特色を遺憾なく発揮した躍動感あふれる荘厳な法会である。

そんな長谷寺の声明の凄みを体験できるイベントが、2月28日に東京・銀座で開催される。

イベントでは作家・演出家・画家の大宮エリー氏に、奈良の神秘的な魅力やお勧めの場所などを存分に語っていただくとともに、真言宗豊山派総本山・長谷寺(奈良県桜井市)に伝承される「豊山声明(ぶざんしょうみょう)」を、長谷寺(豊山派)僧侶の皆さんに実演いただく。

奈良の魅力について語る大宮エリー氏。作家・演出家・画家。主な著書は「生きるコント」「なんとか生きてますッ」、写真集「見えないものが教えてくれたこと」など。最新刊「なんでこうなるのッ?!」が好評発売中。

本来は現地でしか聴けない躍動感あふれる荘厳な調べを、東京で体験できる貴重な機会となる。

【イベント詳細】
「奈良大和路を識る -大宮エリーの神秘の旅 奥大和 大和國 長谷寺-」
■開催日時/2月28日(水)18時30分~21時00分(開場17時30分)
■開催場所銀座ブロッサム 中央会館(東京都中央区銀座2-15-6)
■募集人員/900名(事前申し込み先着順)
■参加費/当日払い お一人様1,000円(税込み)
■問合わせ先 /近鉄グループホールディングス東京支社「奈良大和路を識る」係
(TEL:03-3212-2051)※平日9時10分~18時00分
※詳細および申込み方法は以下をご確認ください↓↓
http://blog2.kintetsu.co.jp/yamatobunkakai/files/haseibentohp.pdf

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP