新着記事

ジビエ

日本のジビエを考える、そして食べる|地方が直面する問題と都市も注目する食材

『マイ・フェイヴァリット・シングス〜ライヴ・イン・ヨーロッパ1963(アフロ・ブルー・インプレッションズ)』

オリジナルを超えてスタンダードになった「改変」ヴァージョン【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道28】

介護施設の種類と費用は【今からはじめるリタイアメントプランニング】

要介護認定の有無で利用できるかどうかが決まる|介護施設の種類と費用【今からはじめるリタイアメントプランニング】

世代ごとのBS視聴傾向をTV局ごとに深掘り! BSファンの実態とは!?

BS放送世代別視聴率ベスト5|50代1位は「おぎやはぎの愛車遍歴」

アリ・シェフェール《フリデリク・ショパンの肖像》1847年 油彩、カンヴァス credit:Dordrechts Museum

“ピアノの詩人”の音楽と生涯をたどる【「ショパン―200年の肖像」展】

科学者が語る人生論|『138億年の人生論』

科学者が説く、トラブルに煩わされない「宇宙スケール」の考え方

山

紅葉が楽しめる!秋の登山・ハイキング人気スポットランキング

ねっとり里芋の焼きコロッケ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】栄養満点! ねっとり食感を生かした「里芋のグラタン&コロッケ」

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)獅子座~蠍座編

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅:最終10日目《旭川駅~稚内駅》

兜沼付近で、車窓左に利尻島が姿を現した。黒くなっているのはサロベツ原野。このほかにも各所で利尻が姿を現す。今回これほどあちこちで利尻が姿を見せていることをあらためて発見。山の姿が愛おしくなる。

このまま利尻の姿をもう少し眺めていたい。できれば抜海南稚内のハイライト地点まで。夕闇と競走するように、ディーゼルカーは進む。窓を開けたら、霧のような雨が降っていた。


薄暮のサロベツ原野をひた走る。車内には、途中駅から乗ってきた学生がひとり。列車はクマザサをなびかせながら北上する。

抜海駅を過ぎて、列車はいよいよ最後のハイライトにさしかかる。左手の車窓には,日本海とそこから突き出る利尻富士が青い空にそびえる。

日没から時間が経っているので、半ば諦めていたが、深く蒼い海と空に挟まれて日本最北の富士が姿を現した。
眼前には日本海が広がる。

東シナ海から始まって、瀬戸内海や太平洋や日本海、関門海峡や津軽海峡など、これまでいくつもの海を車窓から眺めてきたが、今はその締めくくりだ。

南稚内駅に停車すると、途中駅で乗車してきた学生が下車していった。

再び車内は自分ひとりに。鉄道が乗客に支えられているように、鉄道の旅も乗客に支えられていると実感する。今回の旅でも実に多くの人たちに出会い、支えられた。

車窓には、稚内の町の光が入り出す。あと一駅。

やっと到着、と言う気もするが、正直なところ、このまま終着駅に着くのが惜しい。

最後の車内は誰もいない。たったひとりのラストトレインだ。

そして、汽車は夜の稚内駅に到着した。

>>次のページへ続きます。

ページ:

1 2 3 4

5

6

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅:9日目《函館駅~旭…
  2. 実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅:8日目《ウェスパ椿…
  3. 実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅:7日目《鶴岡駅~ウ…
  4. 実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅:6日目《只見駅~鶴…
  5. 実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅:5日目《戸狩野沢温…
PAGE TOP