新着記事

知っていればちょっと威張れる!プロサッカー面白トリビア5連発

文/鈴木拓也いよいよ開幕した2018 FIFAワールドカップ ロシア大会。日本代表の…

【夕刊サライ/神取忍】毎日の心がけ、目線を上げて体を動かせば気持ちも前向きに!(神取忍の健康・スポーツコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

ボルガ河クルーズ、ロシアの原風景を堪能する魅惑の船旅

文/印南敦史古くからヨーロッパ諸国と肩を並べ、日本の45倍もの国土を持つ「北の大国」として君…

災害時、愛するペットと避難するため用意しておくもの

6月18日の朝、大阪北部を震源とする最大震度6弱の地震が近畿地方一円を襲いました。事態は予断を許さな…

大人のデニムキャップ|経年変化が楽しめる落ち着いたデニムの帽子

デニムのキャップというと子ども用のイメージもあるが、本品は、年齢を重ねた大人にお薦めすべく、…

なんとそんな効果も!あなたが知らないビタミンCの7つの働き

文/緒方文大昨今の「アンチエイジングブーム」により、老化を防ぐ作用のある「抗酸化物質…

古い家と蔵が居並ぶ栃木市「嘉右衛門町」を逍遙する【日本の古い街並み紀行 第3回】

写真・文/石津祐介栃木県の南部、埼玉県と群馬県の県境に位置する栃木市は、江戸時代には…

歌聖・柿本人麿像から和歌と古筆の世界へ誘う《人麿影供900年 歌仙と古筆》展

取材・文/池田充枝宮廷文化の雅を代表する和歌の世界。三十一文字に託された表現美とその情趣は、…

綿麻楊柳の作務衣|風通しよく涼しく着られる夏の万能着

庭仕事などの屋外作業から、室内でのリラックス着まで、作務衣の人気は相変わらず高い。そこで、夏…

大阪の名門・北野高校の青春食堂は「下町甘味の両雄」【名門校のご近所食堂 第8回】

文/鈴木隆祐北野高校のある十三は、大阪中で愛される「下町甘味の両雄」が相並ぶ街…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

地中海の伝説的歌姫マリア・デル・マールの歌の力【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)

地方色が豊かだということは、同時に普遍的な価値を持ち得るということだ。たとえばマリア・デル・マール・ボネットの歌がそうである。

カタルーニャ語の文化を背景とし、マジョルカ島に生まれた彼女は、音楽生活50周年を迎える地中海の伝説的歌姫として、世界に知られる。

最新作『ウルトラマール』は、彼女が長年あこがれてきたキューバで録音されている。キューバ民謡をカタルーニャ語に訳して歌ったり、マジョルカ島の伝承曲をキューバ風に編曲するなど、伝統の混合が面白い。

それでも揺るぎないものを感じさせるのは、マリア・デル・マールの歌の力だろう。独特の声の震えに、土の香りと哀愁がある。言葉の意味はわからなくとも、カタルーニャ語の歌の抑揚は、心に深く沁みる。

翻訳とは、文学においても音楽においても、決して妥協ではない。新たな価値を生み出す母胎となる。それを実感させる1枚である。(試聴はこちらから

【今日の一枚
ウルトラマール
マリア・デル・マール・ボネット(歌)
2016年録音
発売/アオラコーポレーション
電話:03・5336・6957
商品番号/BNSCD-8938
販売価格/3000円

写真・文/林田直樹
音楽ジャーナリスト。1963年生まれ。慶應義塾大学卒業後、音楽之友社を経て独立。著書に『クラシック新定番100人100曲』他がある。『サライ』本誌ではCDレビュー欄「今月の3枚」の選盤および執筆を担当。インターネットラジオ曲「OTTAVA」(http://ottava.jp/)では音楽番組「OTTAVA Salone」のパーソナリティを務め、世界の最新の音楽情報から、歴史的な音源の紹介まで、クラシック音楽の奥深さを伝えている(毎週金18:00~22:00放送)

※この記事は『サライ』本誌2017年10月号のCDレビュー欄「今月の3枚」からの転載です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 朴葵姫『ハルモニア』|まろやかで濃厚な生ギターの音色に浸る喜び【…
  2. プロコフィエフ・フォー・トゥー|ギラギラとした色彩感ある音色の傑…
  3. カピュソンのバルトーク:ヴァイオリン協奏曲集|木の匂いのするよう…
  4. カニサレス《洞窟の神話》ギターの華麗さとセクシーさの極限を聴く【…
  5. アンデルシェフスキのモーツァルト:ピアノ協奏曲集|10年ぶり待望…
PAGE TOP