新着記事

【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロマンス……定年退職の日の特別な出来事~その2~

【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロマンス……定年退職の日の特別な出来事~その1~

ドレッシング利用者は9割弱。「週に2~3回」がボリュームゾーン

チャーハン? 刺身? 漬け物? サラダだけじゃないドレッシングの意外な利用法

電話に出られない時に知っておきたい3つの対応方法【スマホ基本のき 第1回】

サライ・オリジナル手帳カバーとペンケース|付録の手帳が装着できる革製カバーとペンケース

ラグビー ワールドカップで学ぼう!(2) 国歌から知る出場国の歴史(前編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編27 】

ラグビー ワールドカップで学ぼう!(2) 国歌から知る出場国の歴史(前編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編27】

レトルト食品を利用して料理をする人は全体の9割弱

男性は「カレー」、女性は「パスタソース」が人気! みんなが「レトルト食品」を買う理由

【ビジネスの極意】コミュニケーションが苦手な人に必要な「聞く」技術とは?

【ビジネスの極意】コミュニケーションが苦手な人に必要な「聞く」技術とは?

老後は笑顔で「平気で生きていく」|『おじいさんになったね』

南伸坊『おじいさんになったね』に学ぶ「平気で生きていく」ということ

血液ドロドロの自覚症状がないゆえに“コレステロール薬“はよく飲まれる|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第3回】

血液ドロドロの自覚症状がないゆえに“コレステロール薬”はよく飲まれる|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第3回】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅:最終10日目《旭川駅~稚内駅》

宗谷本線は天塩川にそって敷設された。天塩川は道北の背骨のような川だ。旭川から北の三角形のほぼ中心を北に向かって延びている。

天塩川と宗谷本線は、上流の士別付近の鉄橋で一度クロスするだけ。それ以降車窓左側に天塩川の姿が見え隠れする。

天塩中川駅ではクラシックな駅舎が待っていた。最後のひとりはここで下車。

ちなみに、天塩中川駅で降りたお客さんから聞いた話では、昭和28年に建設された駅舎を補修して昔の姿に戻した物。住人自慢の立派な駅舎だという。下車してみる時間が無かったのはちょっと残念。

ここからはとうとう、運転士ひとり・乗客ひとりの貸し切り状態になった。思い返してみると、この状態は初日の指宿枕崎線以来のこと。今までにも何度かひとりきり列車に乗ったことはあるが、今回はちょっと気分が違う。

他の列車ではだれかしら他の人が乗っていたのだが、今回は貸し切り状態。しかも、廃線が噂されている区間だけに、複雑な気分だ。

他に誰もいない車内に、意外なところから光が差してきた。いや「光明がさした」というのではなく、文字通りの光なのだが。

前方の貫通路から、夕日が差している。北に向かう列車の正面から日が差すとは思わなかったが、川や平地に沿ってうねうねと曲がっているので、こんなこともおきるのだ。

列車はやがて、下平トンネルに突入。

全長約260kmもある宗谷本線だが、塩狩峠以外、全線がほぼ川の流れに沿っているため,塩狩峠を除き山間部や急勾配は少ない。でも糠南~雄信内は急勾配というわけではないけれどトンネルがある。

全通以来の宗谷本線にはトンネルがなかったのだが、これは1965年に新設されたもの。それまでは、この付近から左の方向に線路が延びて天塩川のほとりに達していた。

ただ、その一帯が地滑り地帯だったため、災害が頻発。その対策で路線変更されトンネルを通るルートに変更された。宗谷本線唯一、かつ現在、日本最北の鉄道トンネルだ。

この安牛駅も,貨車改造駅。デッキの通路から,駅前の道路までまっすぐ道が延びている。でも付近に実家は見当たらない。もちろん降りる人も乗る人もいない。

幌延駅付近で天塩川と別れ、夕暮れのタイミングでサロベツ原野に入る。

このころから車窓の左や前方に、利尻島が姿を見せはじめる。利尻富士の右手に夕暮れの太陽。地形の関係で夕陽に向かって北上の旅が続く。ちなみに7月末から8月上旬にかけて、この区間ではほぼ真正面に日が落ちる。

>>次のページへ続きます。

ページ:

1 2 3

4

5 6

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅:9日目《函館駅~旭…
  2. 実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅:8日目《ウェスパ椿…
  3. 実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅:7日目《鶴岡駅~ウ…
  4. 実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅:6日目《只見駅~鶴…
  5. 実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅:5日目《戸狩野沢温…
PAGE TOP