新着記事

作家・石牟礼道子さんが問いかけた「食」の本来あるべき姿とは

文・撮影/大沼聡子私たちは日々、食べて生きている。昔とは違い、現代の暮らしは…

性欲減少だけじゃない!「男の更年期」が起こす体の不調あれこれ

文/緒方文大「生涯若々しくありたい!」と願う人は多いでしょう。しかし、男性は50代を…

国宝指定の縄文土器・土偶が勢揃い!特別展「縄文―1万年の美の鼓動」

取材・文/藤田麻希今からおよそ1万3000年前から約1万年つづいた縄文時代。氷期が終わり、安…

天然の鰻はどうして「狐うなぎ」と呼ばれるのか?【食いしん坊の作法 第7回】

文/山本益博夏の土用丑の日が近くなると、「鰻の蒲焼」が必ず話題に上ります。「蒲焼」の焼けるに…

あのドレッシング発祥の地!カナダのサウザンアイランド紀行【カナダ・オンタリオ州の旅1】キングストン市内とサウザンアイランドクルーズ

写真・文/石津祐介カナダの中東部に位置し、トロントやオタワといった主要都市を要するオンタリオ…

それでも貴方は寝ないのか?「睡眠不足」の危険すぎる悪影響5つ

文/中村康宏睡眠、足りてますか?睡眠には、身体の状態を一定に保つ(恒常性を維…

戦国の光と影~前田利家のライバル・佐々成政の悲話【にっぽん歴史夜話6】

 文/砂原浩太朗(小説家)武田信玄と上杉謙信、宮本武蔵と佐々木小次郎など、歴史上には…

【夕刊サライ/福澤朗】講演後のビールとつまみが最高!(福澤朗の美味・料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

もし有名高校の野球ユニフォームの文字がこんなだったら…【イシグロ妄想研究所 vol.6】

構想・文・イラスト/石黒謙吾(分類王)画像作成/澤田洋佑高校野球、甲子園の100…

作家・田中英光が自殺前に遺書を書いた太宰治の本【文士の逸品No.29】

◎No.29:田中英光の本文/矢島裕紀彦東京・駒場の日本近代文学館に蔵される…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

腕時計に彫金を施して唯一無二の逸品に仕立てる工房

文・取材/山内貴範

JR秋葉原駅~御徒町駅間の高架橋の下にある、国内の伝統工芸品などのショップを集めた商業施設の一角に、秋田県羽後町に本社がある協和精工の機械式腕時計「ミナセ」を取り扱う専門店「K CRAFTWORK JAPAN」が店を構えている。

この店では、腕時計に彫金(エングレービング)を施す“ウォッチエングレーバー”の金川恵治さん(56)の技術を目の当たりにできるのが魅力だ。工具を自在に操って、時計のケースはもちろん、ムーブメントなどに繊細な模様を刻んでいく光景に息を呑む。

彫金を施したミナセの腕時計を手にする金川さん。「ミナセの腕時計そのものが独創的なデザインなので、どんな彫金をしようかと考えるのが楽しいですね。創造力が搔き立てられます」

顕微鏡で拡大しながら、彫金を施していく。彫金に使用される工具は自作だ。

金川さんは、もともとイラストレーターとして活躍していた。その傍ら、時計蒐集の趣味が嵩じて、時計修理の技術を学んでいるうちにエングレービングに興味を持ったという。めきめきと技術を上げていくうちに、大手の時計商社から「ウォッチエングレーバーとして働かないか」と誘われたのだ。

商社には10年ほど在籍し、一時期はスイスで仕事をしようと思ったこともあった。そんなとき、ミナセの担当者から声がかかったという。

「ミナセは雑誌で名前を知っていたのですが、現物を一目見て、惚れ込みました。時計のケースがまるで“額縁”のように見えたのです。ぜひ、彫金を施してみたいと思いましたよ」

店内では、作業中の金川さんの手元をモニターで見ることができる。「最近、伝統工芸の先生からデザインや彫金の技法を学んでいます。日本古来の伝統的な文様をアレンジして取り入れていますよ」と、金川さん。

ミナセの腕時計は、その特徴的な形状から、七宝などの装飾を施しても綺麗におさまる。表現の自由度が高いことも魅力という。また、ミナセを製造する協和精工の社風にも共感するそうだ。

「大きいメーカーは、デザインでも、技術でも、守りに走ろうとします。ミナセは、どのブランドの腕時計にも似ていませんし、今までにないものを作ろうとする気概が溢れていると感じます」

金川さんとの運命的な出会いによって、ミナセにジャパンメイドの腕時計に相応しい魅力が、また一つ加わった。

18金のケースに繊細な彫刻が施された逸品。まるで伝統的な社寺にみられる装飾のようだ。金額やデザインは応相談。

なお、「K CRAFTWORK JAPAN」では、金川さんにその場で直接、彫金をオーダーできる。ぜひ、世界に一本しかない逸品を手にしたい。

【K CRAFTWORK JAPAN】
所在地:東京都台東区上野5-9-9 「2k540 AKI-OKA ARTISAN」F-1
電話:03-6803-2330
営業:11時~19時
休み:水曜
アクセス:JR御徒町駅から徒歩約4分、地下鉄銀座線末広町駅から徒歩約3分。
Webサイト:http://kcraftwork.jp/

文・写真/山内貴範
昭和60年(1985)、秋田県羽後町出身のライター。「サライ」では旅行、建築、鉄道、仏像などの取材を担当。切手、古銭、機械式腕時計などの収集家でもある。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【秘話発掘】日本の「鳩時計」の母・三橋可免さんの劇的なる人生
  2. そう呼ぶのは日本人だけ!実は鳩じゃなかった「鳩時計」の謎
  3. ミナセの腕時計|山間の工房で匠がつくる機械式時計【知られざる秋田…
  4. 匠の技が生む圧倒的な存在感!人気上昇「ミナセ」の腕時計(秋田県羽…
  5. 宝物館には日本最古級の懐中時計も!「近江神宮」は世にも珍しい時計…
PAGE TOP