新着記事

新型コロナウイルスによる「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

新型コロナウイルスの「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

ストレスが原因なのか、便秘になることが増えてきた人の処方箋【不摂生でも病気にならない人の習慣】

ペットの名前ランキング2020、犬1位は「ココ」、猫1位は「レオ」、犬種別、猫種別の1位は?

2020年1月26日。東京・丸の内で行なわれた70歳の「バースディ・ライブ」のステージで。『エーゲ海のテーマ~魅せられて』を優雅に熱唱。1979年に200万枚の大ヒットを記録、日本列島を席巻したジュディさんの代表曲だ。真っ白い衣装に透けるシルエットが美しい。

【インタビュー】ジュディ・オング(歌手、女優、木版画家・70歳)「これからは毎日をお正月にしよう」古稀を迎えて、そう決めたんです

アフターコロナ旅行調査、国内旅行は3か月以内、海外旅行は6か月以内に行きたい人が多数!

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』

「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道55】

アスパラの豆乳レモンクリームスパゲティ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】柔らかくて甘い、旬のアスパラガスを使ったレシピ2品

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態調査

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態

樺細工の三段小ダンス|2種の桜の皮を使い豊かな表情。手練の樺細工職人が丹精込めた

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

飛騨小坂駅(JR高山本線)古き良き山小屋のような静寂の木造駅舎【訪ねて行きたい鉄道駅舎 第29回】

文・写真/杉﨑行恭(フォトライター)

飛騨の名湯、下呂温泉を出たJR高山本線の下り列車は、エンジンを吹かしながら勾配に挑んでいく。やがて衝立のような山が迫ってくるところに飛騨小坂駅があった。

山の中にありながら広い構内の立派な駅だ。でもここは列車の乗務員がきっぷを集める無人駅だった。

そしてホームから地下通路を歩いていくと、すばらしい駅舎が現れた。

壁も柱もなにもかも、駅舎のあらゆるところに太い丸太を配した丸太小屋の駅だ。しかも土台には丸い自然石を埋め込み、天井は白樺を飾るなど細かなところまで作り込んだ建物は、よき時代の山小屋のような雰囲気にあふれている。

駅前に立って駅舎を見る。車寄せの柱まで丸太を飾ったログハウスながら、玄関の軒に神社風の千木もあった。

列車から降りたのは私と数人の登山者だけ、予約していたらしいタクシーで彼らが去っていくと静寂の駅にひとり残された。

ここは昭和30年代には御嶽山(数年前に噴火しましたね)の西側の登山口だった。駅の標高はすでに525m、借景にみごとな針葉樹林の山がそびえていた。一帯は飛騨川と小坂川の合流するところに発展した山間の町で、銘木で知られた飛騨ヒノキで栄えたところだ。

飛騨小坂駅舎の建築は1933年(昭和8)、設計者は長友進と記録にある。このような丸太造りの駅舎は川湯温泉駅(釧網本線)や大月駅(中央本線)などが残っている。

鉄道による観光が普及した時代、登山客にアピールするため地元の杉やヒノキをふんだんに使って建てたのだろう。かつては乗降客数に応じて『小停車場駅本屋標準図』(昭和5年)による駅舎が建てられていたが、やがて地域色を出す駅舎が全国に建てられていった。駅舎めぐりをしていて一番おもしろい時代だ。

列車を待つ間、ぶらぶらと坂を歩いていくと飛騨川にかかる橋の名も『きこり大橋』だった。

数少ない営業中の商店で名物の『とちの実せんべい』を買い、ぼりぼりと食べながら飛騨小坂駅に戻ると地元のおじさんが待合室で涼んでいた。昔の様子を聞くと「きこり大橋のところを森林鉄道が渡って材木を運んでいた。隣の広場は材木を置く土場だった、待合室の壁はナラ材だよ」といろいろ教えてくれた。

気がつくと無人駅にもかかわらず駅はきれいに掃除され、窓ガラスも拭かれている。すでに御嶽山登山のメインルートは長野県側になり林業も衰退した、それでも昔の記憶を留めるログハウスの駅舎は地元の人たちの手で守られていた。次の列車まで1時間35分、少しも長く感じなかった飛騨小坂駅だった。

【今日の駅舎】
『飛騨小坂(ひだおさか)駅』(JR東海 高山本線)
■ホーム:1面2線
■所在地: 岐阜県下呂市小坂町大島
■駅開業:1933年(昭和8年)8月25日
■アクセス:JR東海道本線岐阜駅から普通列車で約2時間30分

文・写真/杉﨑行恭
乗り物ジャンルのフォトライターとして時刻表や旅行雑誌を中心に活動。『百駅停車』(新潮社)『絶滅危惧駅舎』(二見書房)『異形のステーション』(交通新聞社)など駅関連の著作多数。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. タウシュベツ川橋梁(撮影/岩崎量示) じわじわ人気!鉄道ファンでなくても楽しめる「廃線めぐり」の旅
  2. オーストリア国鉄のシティジェット 世界で初めて世界遺産に認定された鉄道| センメリング鉄道を満喫す…
  3. ラハイナのサトウキビ列車、今は不定期運転 マウイ島とハワイ島で、廃線鉄道を探る【ハワイ楽園鉄道3】
  4. グライヒェンベルグ鉄道 二度の大戦と冷戦を見守った、国境近くのローカル線「グライヒェンベ…
  5. JR北海道全線踏破10日間の旅 10日目・最終日《苫小牧から様似(えりも岬)・その2》【実録・J…
PAGE TOP