新着記事

ザルツブルクの町

門をくぐれば巡礼の道。モーツァルト生誕の地「ザルツブルク」の知られざる絶景ポイントを歩く(オーストリア)

お子さんが自立したこともあり、ロードスターを購入してからは奥様と2人で出かける機会が増えたそう。

【私のクルマ遍歴】事故でフロントが破損した『NCロードスター』。奥様の理解と後押しでより魅力的なフォルムに生まれ変わる(後編)

茂幸さんの愛車は、ブラックのボディカラーが希少なオープンカー。その出会いと物語は【後編】にて語ります。

【私のクルマ遍歴】仕事や家庭に翻弄され、『カリーナ』『チェイサー』『ミラージュ』『ギャラン』と、何台も乗り換えた青春時代(前編)

横瀬浦公園(長崎県西海市)にあるルイス・フロイス像。

なぜイエズス会は長崎で多くの信者を獲得できたのか?【半島をゆく 歴史解説編 西彼杵・島原半島3】

拾った猫の扱いや地域猫活動は法律的にどうなのか?|『ねこの法律とお金』

拾った猫をそのまま飼ったらどうなる?|『ねこの法律とお金』

ものぐさでもOK!後ろからでも前からでも履ける画期的スリッパ

死絵展・八代目市川団十郎安政元年(1854)頃①

有名人の訃報を知らせる錦絵|もっとも多く死絵の題材となったのは八代目市川団十郎【企画展「死絵 ~明るく笑ってさようなら~」】

【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

【家族のかたち】異父姉弟の事実を知ったのは小学生の頃。前後で家族の仲に変化はないように見えていた~その1~

【家族のかたち】異父姉弟の事実を知ったのは小学生の頃。家族の仲に変化はないように見えていた~その1~

アメリカ訪問時の一葉(前列左からふたり目が小栗上野介・東善寺蔵)

明治政府が最も恐れた男・小栗上野介が罪なくして抹殺された理由【検証 「徳川近代」 原田伊織氏インタビュー 3】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

シニア住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

圧巻の城壁!沖縄のマイナーだけど魅力的なグスク4つ

玉城グスク 。

自然石をくり貫いた玉城グスク の城門は、ハート型をしていると有名です。

写真・文/佐竹敦

沖縄で「グスク」といえば、かつての琉球王国時代の城塞のこと。現在、世界遺産に指定されている5つのグスク(首里城、今帰仁城、座喜味城、勝連城、中城城)が有名ですが、それ以外にもグスクは沖縄県内に200以上もあるといわれています。その中には、あまり知られていないけれど、ぜひ訪ねていただきたい魅力的なグスクがたくさんあります。

今回は、そんな「ちょっとマイナーだけど魅力的なグスク」を厳選して4箇所、紹介いたします。

■1:玉城グスク

玉城グスク2 1_s

琉球神話における創世神である「アマミキヨ」が築いた、琉球最古の古城跡だとされるのが「玉城グスク」(たまぐすくグスク)です。

アマミキヨ以後は、その子孫である「天孫氏」が歴代の城主となり、後には英祖王統の玉城王も居城にしたと伝えられています。

城門は自然石をくり抜いて造られている大変珍しいもので、城内にはアマミキヨが造ったとされる琉球開闢七御嶽(りゅうきゅうかいびゃくななうたき)の一つである「天つぎあまつぎの御嶽」があるなど、玉城グスクにまつわる伝説は枚挙にいとまがないほどです。

■2:糸数グスク

糸数グスク 1_s

沖縄に数あるグスクの中でも最大規模を誇るのが、この「糸数グスク」(いとかずグスク)です。野面積みと切石積みの両方が用いられ、どこまでも延々と続いているかのような城壁は、ただただ圧巻。見るものを圧倒する無言の迫力があります。

糸数グスク2 1_s

石積みの最も高いところは約6mもあり、世界遺産に指定されている他の有名グスクと比べても遜色のない、本格的な城塞です。

■3:知念グスク

知念グスク 1_s

「知念グスク」は、沖縄の万葉集ともいえる古謡集「おもろさうし」で「神降れ初めのぐすく」と歌われるなど、神がはじめて天降りしたグスクとされる、琉球開闢神話に縁あるグスクです。

自然石を積んだ古城と、アーチ門を備えた切石積みの新城の二つの郭からなっている「知念グスク」。正門・裏門の石造のアーチ門や、しなやかな曲線をえがいた城壁が美しく、つい見惚れて、魅入ってしまうグスクです。

知念グスク2 1_s

知念グスク3 1_s

■4:ミントングスク

ミントングスク 1_s

前出のアマミキヨが、ニライ・カナイ(遥か東方の海の彼方にあるという神々の住む楽土、理想郷、神の国)から 「ヤハラヅカサ」の海岸に上陸して「浜川御嶽」の洞窟で仮り住まいをした後に移り住んだとされるのが「ミントングスク」です。アマミキヨはここを安住の地とした、とされています。

その後、アマミキヨはシネリキヨと結ばれて三男二女をもうけ、長男は国王の初めの 「天孫氏」となり、次男は按司の初め、三男は百姓の初めとなり、長女は聞得大君となり、次女は祝女の初めになったと伝えられています。

頂上付近の岩陰や洞窟には、神墓(アマミキヨの墓)といわれる拝所があります。石垣は確認されていませんが、頂上部へと到る階段は、訪ねたものを聖域へと誘う祭壇ような雰囲気があります。

*  *  *

以上、沖縄に残る「ちょっとマイナーだけど魅力的なグスク」を4つご紹介しました。沖縄を訪れる機会があれば、ぜひ訪ねてみて下さい。

写真・文/佐竹敦
日本全国の即身仏・一之宮・五重塔・三重塔・滝百選・棚田百選・国分寺跡をすべて訪ね歩いた一人旅の達人。テレビチャンピオン滝通選手権出場。主な著書に「この滝がすごい!」「日本の滝めぐり」等。テレビ東京の「厳選!いい宿ナビ」のコラム執筆、@nifty温泉の記事執筆等、ライターとしても各メディアで活躍中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 日が暮れる頃まで西安城壁には老若男女が集う 「長安」城壁散策から見えてくる悠久の歴史|遣隋使・遣唐使の足跡が…
  2. 北九州市立いのちのたび博物館 日本の博物館ランキング2018 トップ20|旅好きが選ぶ第1位は…
  3. 2018年 評価の高い隠れ宿ランキング 2018年 評価の高い隠れ宿ランキング|1位は「下呂温泉 今宵天…
  4. 宇津ノ谷明治トンネルの入り口 「インフラツーリズム」流行中|第一人者が語る「トンネル歩き」の魅…
  5. 死亡率は1割ほど 「10数えてズドン!」は大間違い。アメリカのリアルな「決闘」ルー…
PAGE TOP