誰しも、決して消し去ることのできない記憶がある。その多くが、幼少期の出来事であるように思う。それらの記憶は、歳を重ねるにつれ遠のき薄れるどころか、鮮明さを増し臨場感さえも伴い蘇ることがある。そして、蘇る頻度も多くなっているようにも思う……。

しかし、その記憶の中に居る人々の多くは、記憶の中でしか逢えないことに気づき悲しさと寂しさを覚える。

記憶とは甚だ不確かで曖昧なものだ。自分の都合の良いように美しい記憶を捏造している場合もあるかもしれない。そう考えると、どこまでが現実の出来事で、どこまでが夢や空想なのか自信が無くなる。思い出を語りあい、笑いながら「それは違うぞ! お前」と正す友人は、既に旅立っている。

最早、確認する術を失ってしまった感がある。お陰で、都合の良い記憶は美しいままで克明さを増し動かし難い記憶となり、今後塗り替えられることはない。

そんなことを考えながら、一人苦笑しながら飲む酒が、やけに胸に沁みる。この頃は、酒も女房にもからっきし弱くなった。

さて、今回の『懐かしき風景』でご紹介しますのは、岡山県の山間部真庭市鍋屋という小さな町に残っている明治期に建てられた校舎の姿です。この建物からは、何故か威厳や風格、そして気高さのようなものを感じます。新しい建築物からは決して感じ得ない雰囲気を醸し出しています。これこそが歴史の重みともいうべきものなのでしょう。

もしかすると、動画の場面、場面に貴方の幼少期の姿を垣間見ることができるかもしれません。あるいは、懐かしい思い出を呼び起こすひと時にしていただけるのかもしれませんね。

威厳と風格、気高さすら感じる木造校舎の姿・伝統と時代の重みが醸し出す空気感

正式な施設名称は「旧遷喬尋常小学校」(真庭エスパス文化振興財団)。読み慣れない漢字の連なりからも歴史を感じます。その歴史と意味を知れば、この校舎が放つ威厳と風格、気高さに納得できるでしょう。

旧遷喬尋常小学校の全景

校名の由来は、

出自幽谷、遷干喬木

読み方は、「幽谷(ゆうこく)より出でて喬木(きょうぼく)に遷(うつ)る」とのこと。


意味はと申しますと…「鶯(うぐいす)が深山の暗い谷間から飛び立ち、高い木に移ることに例えて、学問に励み立身出世すること」という誠に深淵なものです。

当時の人々が、博学であるとともに勉学に対しての意識と意欲、人材の育成への志が高かったことをひしひしと感じます。“名”とは、決して安易につけるものでないことを改めて教えられました。

旧遷喬尋常小学校についての説明書き

現在に残る校舎は、着工から2年の歳月を掛け明治40年(1907)7月に完成したもので、100年以上も歴史ある建造物です。驚いたのは、この校舎が平成2年(1990)の夏まで、現役校舎として使用されていたこと、そして、閉校後も取り壊されることなく残っていることです。

荘厳な感じさえする格天井の講堂

その理由は、様々あるでしょうが、もしかするとこの建造物の威厳と風格、気高さが、関係者の方に「後世に残すべき建造物」との気持ちを想起させたのではないかと……正に「名は体を表す」との感を強くするばかりです。「旧遷喬尋常小学校」は、平成11年(1999)に国指定重要文化財となっております。

校舎の内部全てから歴史の重みを感じる

ちなみに、尋常小学校とは明治19年(1886)の「小学校令」により「尋常小学校」「高等小学校」という名称が使用され始めました。その後、昭和16年(1941)の「国民学校令」によって、小学校は「国民学校」となり、「尋常小学校」という名称は廃止されました。使用された年数は55年間。

学舎としての役割を終えた現在では、一般に公開されています。映画『ALWAYS 三丁目の夕日』やドラマ『火垂るの墓』などのロケ地としても使用されたことがあるそうです。コロナ禍になるまでは、期間限定で行われていた「なつかしの学校給食」の催しがとても好評であったとか。機会がございましたら、ご自身の少年少女時代に戻れる場所へ訪れてみてはいかがでしょうか?

教室には『ALWAYS』の映画ポスターが飾られていた

記者のおすすめの宿泊施設『津山城東むかし町 城下小宿 糀や』

過疎化が進む地方を訪れる場合、宿泊施設の選択に悩むことが多くなります。懐かしい日本旅館も良いのですが、筆者は記事の執筆や様々な編集作業があるので、そのことを考慮すると自ずと選択肢は絞られます。

今回は、ノスタルジックな気分を味わえる宿泊施設『津山城東むかし町 城下小宿 糀や』を紹介します。2020年7月に開業した比較的新しい施設で、近年多くなった歴史的建築物をホテルへリノベーションした施設。落ち着いた雰囲気と、快適性を両立してくれるのがサライ世代には嬉しいところ。ホテルは、江戸時代からの厨子二階町家が多く残る旧出雲街道に面しており、庇が長く続く景観が城下町の特徴を色濃く残しています。

『津山城東むかし町 城下小宿 糀や』は、幕末期から近代まで酒造業で繁栄した旧苅田家の住宅及び酒造場建物を改修したものだとのこと。250余年前の建築物から染み出す歴史的な雰囲気が、心を落ち着かせ疲れを取り除いてくれます。

かつての酒造場を利用したホテルであることから、日本酒風呂を体験できる趣向は面白い。美作地方を旅した折には、利用してみてはいかがでしょうか? 旅の良き思い出になることでしょう。

「津山城東むかし町 城下小宿 糀や」
住所: 岡山県津山市林田町68
TEL: 0868-24-2111(ザ・シロヤマテラス津山別邸 代表)

一休.comでWeb予約

アクセス情報

所在地:岡山県真庭市鍋屋17-1
鉄 道:JR西日本 姫新線久世駅から徒歩約10分
自動車:米子自動車道久世ICから約5分

取材・動画・撮影/貝阿彌俊彦(京都メディアライン)
ナレーション/敬太郎
協力/「旧遷喬尋常小学校」(真庭エスパス文化振興財団)
京都メディアライン:https://kyotomedialine.com
Facebook:https://www.facebook.com/kyotomedialine/

関連記事

ランキング

サライ最新号
2023年
1月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店