サライ.jp

01_鮎ドッグ2

『うえとサロン&バー』の「鮎ドッグ」

文・写真/中井シノブ

今、「京都食事情」で面白いのが、魚系のサンドイッチやドッグといったパンメニューが増えていることでしょうか。

私が最初に「これは!」とうなったのは、『祇園ろはん』の「鯖サンド」でした。酢締めにした鯖とすぐきなど酸味のあるお漬物をトーストでサンドしたもので、「トーストにしめ鯖って大丈夫?」と尻込みしていた私も、食べてビックリ。鯖のほどよい脂と香ばしいトーストがよくなじみ、不思議に美味しいのです。

ピクルスがわりのお漬物、アクセントになる大葉や自家製マヨネーズの加減がまたよくて……。しばらくは、「ああ、あの鯖サンド美味しかったなあ~」と思い出し、「やみつきになる」とはこういうことか、と改めて実感したものです。

その後も、昼呑みしようと立ち寄った『うえとサロン&バー』で、「鮎ドッグ」なるものに遭遇。鮎のリエットをドッグ系のパンに挟んだこの一品も、鮎の苦みがウイスキーやワインに合ってお酒がすすむ。

ほかにも、鱧フライを薄切りの食パンではさんだ「鱧サンド」や「焼き鯖のサンドイッチ」など、次々と目新しい料理に出会いました。

02_鱧フライphoto2

こちらは「鱧サンド」

確かに、鱧フライはフィッシュフライだし、イスタンブールでは焼きサバサンドはポピュラーだと聞いたことも。けれど、日本食のイメージがある鯖や鱧、鮎といった魚を京都でパンメニューにするには、なかなか勇気もいるはずです。

うるさがたのお叱り(?)も覚悟のうえで、マヨネーズやソースにひと工夫くわえて和洋折衷の味わいにし、魚とパンをうまく寄り添わせる。そんな料理人の遊び心や美味しいモノへの探求心には、ほんとうに頭が下がります。

伝統を大切にしながらも、新しいものに挑戦する、京都人の気質と姿勢がここにも表れていると思うのは、私だけでしょうか。

文・写真/中井シノブ

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア