新着記事

電動フルオートアンブレラ|開閉の途中で止められる、完全自動の電動傘

ワンタッチで開閉する傘は特段珍しくはないが、本品はそれを電動で行なう。電動開閉の利点はふたつ…

【京都人のお墨付き】「京料理 貴与次郎」店主・堀井哲也さんおすすめの和菓子「中村軒」

取材・文/末原美裕京都で長年活躍している目の肥えた方々が足繁く通うお店は、間違いなく感動と出…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/24~3/1)射手座~魚座編

ニャンコ先生の開運星占い射手座(…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」 (2/24~3/1)獅子座~蠍座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/24~3/1)牡羊座~蟹座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

車でおでかけ途中に子どものテンションを下げないコツ

お孫さんを連れてドライブに連れていくと、途中でぐずってしまったという経験はありませんか? 本…

ドイツ製折りたためるエルゴクラッチ【非課税品】|軽くて丈夫。持ち運びも楽な肘当て付きステッキ

軽くて丈夫なカーボンファイバー製のステッキをご紹介。ドイツのリハビリ用ステッキメーカーが開発…

【独身女性50代の岐路】仕事一途の30年。挫折をしても最後に誇れるのは「仕事をする自分」だった~その2~

取材・文/ウルトラフォースしばしば人生訓として取り上げられる論語では、40歳を「不惑…

【独身女性50代の岐路】仕事一途の30年。挫折をしても最後に誇れるのは「仕事をする自分」だった~その1~

取材・文/ウルトラフォースしばしば人生訓として取り上げられる論語では、40歳を「不惑…

光秀と藤孝が出会った〈戦国青春グラフィティ〉の一コマ。

戦国時代きってのエリート武将・細川藤孝。光秀を裏切って摑んだ「子孫繁栄」の道【麒麟がくる 満喫リポート】

『麒麟がくる』で眞島秀和演じる細川藤孝は、戦国時代きっての文武両道エリートして知られる。さばかりか、…

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

時計

  1.  

    全国の「社長さん」に聞きました!あなたがつけている時計のブランドは?

         

    企業のトップにいる社長。なかなかお目にかかる機会も少ないが、そんな社長の好きなブランドはどんなものだろうか?全国の社長のカード付きポテトチップスをきっかけに、PRや採用、 ブランディングなどを支援するプラットフォーム 「社長…

  2.  

    【秘話発掘】日本の「鳩時計」の母・三橋可免さんの劇的なる人生

         

    文/柿川鮎子、写真/木村圭司定刻になると小窓から鳥が飛び出す鳩時計。ドイツ発祥のこのからくり…

  3.  

    そう呼ぶのは日本人だけ!実は鳩じゃなかった「鳩時計」の謎

         

    文/柿川鮎子定時になると小窓が開き、鳩が中から出てきて時を知らせる鳩時計は、日本でもおなじみ…

  4.  

    腕時計に彫金を施して唯一無二の逸品に仕立てる工房

         

    文・取材/山内貴範JR秋葉原駅~御徒町駅間の高架橋の下にある、国内の伝統工芸品などのショップ…

  5.  

    ミナセの腕時計|山間の工房で匠がつくる機械式時計【知られざる秋田・羽後町へ2】

         

    文・取材/山内貴範個性的なデザインと、職人技を感じさせる作りで人気が急上昇している国産の機械…

  6.  

    匠の技が生む圧倒的な存在感!人気上昇「ミナセ」の腕時計(秋田県羽後町)

         

    文・取材/山内貴範鳥海山の麓に広がる秋田県羽後町(うごまち)。数百年の歴史を持つという「西馬…

  7.  

    宝物館には日本最古級の懐中時計も!「近江神宮」は世にも珍しい時計神社

         

    文・取材/山内貴範来たる6月10日は“時の記念日”だ。これは、天智天皇の命により設置された、…

  8.  

    タカシマヤウォッチメゾンの担当者に聞いた!国産時計の意外な売れ筋とは?

         

    職業や人生観、趣味などによっても、身につける腕時計は大きく異なるもの。人生の節目に購入することが多い…

  9.  

    そして世界初のクオーツ腕時計は生まれた!伝統と革新を重ねるセイコーの腕時計づくり

         

    セイコーの技術者たちは、正確に時を刻む時計の追求に余念がありませんでした。昭和40年…

  10.  

    1964年の「東京オリンピック」は時計の歴史においても革命的なイベントだった

         

    17日間にわたって熱戦が繰り広げられた、「リオデジャネイロオリンピック」が幕を閉じました。4…

  11.  

    世界一正確な鉄道ダイヤを支える、世界一正確な時計技術【特集メイド・イン・ニッポン】

         

    東京都墨田区、白鬚橋の近くに、時計ファン垂涎の博物館「セイコーミュージアム」があります。和時…

  12.  

    取材記者も愛用!日本が誇る究極の実用時計「グランドセイコー」4つの魅力

         

    9月号の『サライ』の特集「世界にかがやくメイド・イン・ニッポン」で、日本が誇る腕時計「グラン…

PAGE TOP