新着記事

イニシャル入りロックグラス|いつもの一杯を極上の一杯にするマイグラス

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|『定年ごはん』

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|定年ごはんの作り方

【家事に関するアンケート調査】普段行う家事で女性より男性の方が上位なのは「ゴミだし・分別」「風呂掃除」など。

30代から50代の女性の6割以上が日常の家事を負担に感じている

オーダースーツ

経営者はなぜ「オーダースーツ」を着るのか?

BLACK LAGOONラベル シングルモルト・ウイスキー|9月19日12:00 発売開始!

マイルス・デイヴィス『クッキン』

「イケメンでなくても好き」という大ヒット・ラブソング【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道24】

シニアライダーの8割以上がバイクマナーに自信アリ!!|シニアライダーに関する実態調査

シニアライダーは孤独を好む!? 約9割はソロツーリング派

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

波佐見焼のおひつ2色セット|冷やご飯が、ふっくら炊き立てによみがえる

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

逸品

匠の技が生む圧倒的な存在感!人気上昇「ミナセ」の腕時計(秋田県羽後町)

文・取材/山内貴範

鳥海山の麓に広がる秋田県羽後町(うごまち)。数百年の歴史を持つという「西馬音内盆踊り」などの伝統芸能や、県内でもっとも多く残る約80棟もの茅葺き民家群などで知られる町だ。

この羽後町の2016年度の「ふるさと納税額」が、前年度の約7倍に相当する約8860万円に急上昇したと話題になった。原動力の一つになったのが、同町に本社を置く協和精工が製造した「ミナセ」というブランドの腕時計だ。

ふるさと納税で100万円を寄付すれば、羽後町の紋章入りの箱に西馬音内盆踊りの刺繍入り風呂敷で包まれた限定品のミナセの腕時計を返礼品として1本受け取れるということで、昨年度だけで十数人から希望があったという。

立体的なデザインが特徴のミナセの腕時計。ケースに開けられた5つの窓から文字盤の作りを堪能できる「FIVE WINDOWS」シリーズの「VM03-M03SB」。49万6800円。写真提供=協和精工

ミナセの時計工房は、羽後町の隣町・湯沢市の皆瀬(みなせ)にあり、ブランド名はその地名に由来する。

ブランドが立ち上がったのは平成17年と比較的新しいが、メーカーの協和精工には金型加工に使われるドリルや、腕時計のOEM製造などを行ってきた実績があった。

ザラツ研磨を施す職人。文字盤の略字にまで研磨が施されていることで、立体的な文字盤になっている。写真提供=協和精工

ミナセ時計の特徴である、どのブランドの腕時計にも似ていない独特のルックスを生み出しているのは、ケースの歪みをなくして美しく磨き上げる“ザラツ研磨”の技術や、日本の伝統工芸である寄木細工にヒントを得た“MORE構造”だ。ケースに立体感があるので、腕に付けたときに圧倒的な存在感がある。

“MORE構造”はブレスレットのコマを一つ一つ分解することができるため、傷んだ部品も容易に交換できる。時計に独特の陰影を与えてくれるなど、デザイン面でも優れる。写真提供=協和精工

こうしたこだわりと職人の手仕事が支持され、ミナセの取り扱い店も増加しつつある。日本最大級の腕時計の取扱量を誇る東京・日本橋の「タカシマヤウォッチメゾン東京・日本橋」でも売れ筋の一つだ。

「タカシマヤウォッチメゾン東京・日本橋」のショーケースにミナセがずらりと並ぶ。そのデザインと作りに魅せられ指名買いする人が多いのだとか。

ミナセの腕時計を愛用する羽後町の安藤町長。

現職の羽後町長、安藤豊さんも、ミナセの腕時計を愛用している一人である。

「町長就任の記念に買い求めたんですよ。キラキラ輝いて存在感があるためか、人の目を引きやすいようで、『どこの時計ですか?』と聞かれることがよくあります。わが町の会社が作っている腕時計ということで、話題も広がりますね」(安藤町長)

ミナセの時計は、動力機構であるムーブメントこそスイス製のものを加工して使用しているが、すべてのパーツを自社で生産できる“マニュファクチュール”の時計メーカーとして、進化しようとしている最中だ。自社製造のムーブメントも開発中という。

秋田が世界に誇る機械式腕時計を手にし、その職人技の粋を堪能していただきたい。

【ミナセ製品の問い合わせ】
電話:04-7142-7381(協和精工)
http://www.minase-watches.com/

【タカシマヤウォッチメゾン東京・日本橋】
電話:03-3211-4111(代表)
http://watch.takashimaya.co.jp/?site=tokyo
※タカシマヤウォッチメゾン東京・日本橋では、6月24日・25日の各14時~、16時~のスケジュールで、時計修理技能士によるミナセのケースとブレスレットの分解・組み立ての実演を実施する予定です。

文・写真/山内貴範
昭和60年(1985)、秋田県羽後町出身のライター。「サライ」では旅行、建築、鉄道、仏像などの取材を担当。切手、古銭、機械式腕時計などの収集家でもある。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ポルトギーゼ クロノグラフ 一生使える高級腕時計|スイス時計の伝統と技術が息づく「IWC」5…
  2. モナコ キャリバー11 クロノグラフ 一生使える高級腕時計|スポーツエレガントなコレクションが揃う「タ…
  3. 一生使える高級腕時計|ビジネスユースの本格派「ブライトリング」5…
  4. 一生使える高級腕時計|豊富なバリエーションの「オメガ」5選
  5. 全国の「社長さん」に聞きました!あなたがつけている時計のブランド…
PAGE TOP