新着記事

【ビジネスの極意】伝説のロックバンド「クイーン」に学ぶビジネスの基本

【ビジネスの極意】伝説のロックバンド「クイーン」に学ぶビジネスの基本

ボーカリスト、フレディ・マーキュリーにスポットを当て、大ヒットした映画「ボヘミアン・ラプソデ…

ほたるいかと菜の花のアーリオオーリオ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】プリプリ&旨味凝縮! 春の味覚ほたるいかを使ったレシピ2品

写真・文/矢崎海里小さな身にぎゅっと詰まった旨味と、プリプリな食感のほたるいか。3月~5…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(4/6~4/12)射手座~魚座編

ニャンコ先生の開運星占い射手座(11月22日~12月21日) きじとら猫射手座さ…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(4/6~4/12)獅子座~蠍座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(4/6~4/12)牡羊座~蟹座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

新型コロナウイルスが4月新入社員研修に与える影

講義型研修はオンライン化進む|新型コロナウイルスで「新入社員研修」どうなる?

未だ収束の兆しも見えない新型コロナウイルス感染の拡大。ビジネスゲーム研修を中心とした研修内製化教材(…

信長と帰蝶の関係からも目が離せない。

織田信秀死す! まだ10代の信長・帰蝶夫妻に降りかかる尾張の国難【麒麟がくる 満喫リポート】

織田信長の登場、斎藤道三息女・帰蝶との結婚と続き、第12話で信長の父・信秀が亡くなる展開となった『麒…

【働き手のお財布事情】20代~40代の2割が貯金なし、3割が毎月の貯金をしていない!

「人生百年時代」と言われるなか、「今後いくらお金があれば足りるのか」といった不安を感じている…

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母。この事件を担当した裁判官は、閉廷後にその母を呼び止めて……。(後編)

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金返済を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母(後編)

取材・文/長嶺超輝パートで働きながら2人の子どもを育てていた、とあるシングルマザーの女は…

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母。(前編)

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金返済を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母(前編)

取材・文/長嶺超輝あまり知られていないが、裁判官には、契約や相続などのトラブルを裁く「民事裁判官…

ピックアップ記事

  1. 荒川豊蔵資料館蔵の志野筍絵茶碗 銘「随縁」(荒川豊蔵、1961年)。豊蔵が「再発見」した「美濃桃山陶」の陶片である「筍」と文様が共通する。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

明智光秀

  1.  

    信長を論破して、ぶん殴られた明智光秀。大河ドラマで描かれる「本能寺の変」の裏側【麒麟がくる 満喫リポート】

         

    文/安田清人(歴史書籍編集プロダクション・三猿舎代表) これまで、NHK大河ドラマでは15の作品で明智光秀が登場した。なかでも一般的な光秀のイメージ——実直で神経質でインテリで——ともっとも近かったのは『国盗り物語』(1973年…

  2. 『麒麟がくる』の光秀は、旧来の「信長史観」からどう脱却するのか楽しみだ。  

    【インタビュー】『麒麟がくる』 明智光秀役の長谷川博己。 「学んだことをすべて無にして現場に臨んでいます」

         

    「逆賊」「謀反人」「主君殺し」などと語られてきた戦国武将、明智光秀。主君・織田信長の…

  3. 門脇麦さん演じる駒は、『麒麟がくる』のヒロイン  

    【門脇麦インタビュー】『麒麟がくる』のヒロインは、戦国の実像を庶民の側から見る

         

    『八重の桜』(2013)に続き2回目の大河ドラマ出演となる俳優の門脇麦さん。若手ながらその演…

  4. 『徳川慶喜』での主演以来22年ぶりの大河ドラマ出演。取材を通じて感じる、道三役への並々ならぬ決意に、期待感だけが高まる。  

    【インタビュー】『麒麟がくる』で斎藤道三を演じる本木雅弘。大河に新たな伝説が生まれる予感

         

    蝮、梟雄などといわれて恐れられた美濃の戦国大名・斎藤道三。これまで世にでた小説や歴史ドラ…

  5. 明智光秀謀反の陰に病あり??  

    明智光秀謀反の陰に病あり??|現役医師が「光秀のカルテ」を作る!

         

    文/倉田大輔2020年NHK大河ドラマ『麒麟がくる』の主人公である明智光秀。…

  6. 『麒麟がくる』では、日本の特殊メイクの第一人者が参加している。  

    【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】布からラテックスに 4K大河『麒麟がくる』かつらの進化が止まらない

         

    戦国物の大河ドラマで初の4K放送となる『麒麟がくる』。単純にハイビジョン放送の4倍の画素数という高画…

  7. 初めて大河ドラマの主人公になる明智光秀(長谷川博己)。脱「信長史観」のドラマの展開が気になってしょうがない。  

    【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】明智光秀が主役の本格戦国大河 オープンセットに持ち込まれた岩の総量が半端ない

         

    大河ドラマを影で支えるのが美術スタッフの存在。美術は、画面に映るすべてを担当しているといっても過…

  8. 『太平記』以来の大河登板の池端俊策さん。『麒麟がくる』も早くも「伝説の大河」の再来と期待が高まる。  

    【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】脚本家・池端俊策氏インタビュー「描きたかったのは、従来のイメージとは異なる光秀と信長」

         

    2020年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』への期待が高まっている理由のひとつは、名作大河とい…

  9. 明智光秀が葬られたとされる桔梗塚。今も荒深一族が管理している。  

    光秀ゆかりの地・岐阜県山県市発 明智光秀生存伝説|関ケ原合戦参陣で溺死した老光秀と墓地を守り続ける光秀の末裔

         

    リポート/西村覚良(岐阜県山県市在住の郷土史家)大河ドラマ『麒麟がくる』前半の舞台・美濃(岐…

  10. 京都慈眼寺蔵の「黒い光秀像」は、『麒麟がくる』放映で人気を集めそう。  

    【今から待てない『麒麟がくる』!】大河対談第三弾|将軍義昭が策謀した「信長包囲網」と武田信玄の死

         

    2020年NHK大河ドラマ『麒麟がくる』。本格戦国大河の放映開始を心待ちにする、大河ドラマファンの編…

  11. 本能寺の変発生当時、光秀がもっとも恐れた柴田勝家は、魚津城(富山県)で上杉軍との攻防を続けていた。魚津城落城は本能寺の変当日だった。  

    大河ドラマ『麒麟がくる』解読リポート|秀吉よりも柴田勝家対策を優先――。本能寺の変、明智光秀最大の誤算

         

    文/藤田達生(三重大学教授)天正10年6月2日、電光石火の如く織田信長と嫡男信忠を葬った明智…

  12. 織田家発祥の地と伝わる福井県越前町に立つ織田信長像  

    大河ドラマ『麒麟がくる』解読リポート|本能寺の変の背景で暗躍した近衛前久の末路

         

    文/藤田達生(三重大学教授)『明智光秀伝―本能寺の変に至る派閥力学』をもって、変に関…

  13. 光秀謀反を知らずに顔を洗う信長。思わず「逃げて!」と叫びたく なるシーン。  

    【今から待てない『麒麟がくる』!】大河ドラマファンの編集者が明智光秀が主人公の『麒麟がくる』に期待する理由を語り尽くす Part2|大河ドラマ「最古の本能寺の変」を語ろう!

         

    2020年NHK大河ドラマ『麒麟がくる』が、帰蝶(濃姫)役の沢尻エリカ降板騒動で揺れている――との報…

  14. 西国出陣を前にわずかな供回りだけで上洛した信長。清州公園(愛知県清須市)に立つ信長像。  

    大河ドラマ『麒麟がくる』解読リポート| 信長最後の上洛・本能寺宿泊は、仕組まれた罠だったのか?

         

    文/藤田達生(三重大学教授)明智光秀による主君織田信長と嫡男信忠の討滅事件、すなわち…

  15. 岐阜県内(美濃国)には明智光秀伝承が数多く残る。写真は恵那市千畳敷公園内にある「明智光秀産湯の井戸」。  

    【今から待てない『麒麟がくる』!】大河ドラマファンの編集者が明智光秀が主人公の『麒麟がくる』に期待する理由を語り尽くす Part1

         

    30数年前、NHK大河ドラマが3年間路線転換をした。1984年の『山河燃ゆ』を皮切りに『春の波涛…

  16. 今後の焦点は、秀吉の「中国大返し」の真相(写真は有馬温泉の秀吉像)  

    大河ドラマ『麒麟がくる』解読リポート| 明智光秀と羽柴秀吉~本当の逆臣はどちらか?

         

    文/藤田達生(三重大学教授)2020年の大河ドラマ『麒麟がくる』の主人公は、明智光秀である。…

  17. (黄金の日日) 1978年大河ドラマ『黄金の日日』では、市川染五郎(現・二代目松本白鸚)演じる呂宋助左衛門が主人公。本能寺の変で信長を討ったことを知らせる明智方の使者が助左衛門の船に保護されるというストーリーだった。  

    【今から待てない『麒麟がくる』!】元『歴史読本』編集者が掘り起こす大河ドラマで描かれた「本能寺の変」

         

    近代化路線の大河ドラマ翌年の本格大河は大ブレイクする! というのは、1987年の『独眼竜政宗』で実際…

  18. 『明智光秀伝 本能寺の変に至る派閥力学』 小学館刊 1300円+税  

    「本能寺の変」研究の第一人者が語る新著『明智光秀伝 本能寺の変に至る派閥力学』の試み

         

    文/藤田達生(三重大学教授)今、深夜の北京のホテルで、四十年以上も前の歴史学との出会いについ…

PAGE TOP