サライ.jp

鍛造チタン耳かき

 

古くから日本の建築で用いられる和釘は、鍛冶屋が金槌で一本一本叩いて作る。現在製造しているのは全国に2、3軒とわずかだが、寺社などの文化財修復に欠かせない釘だ。「火造りのうちやま」は、金物の町・三条(新潟県)で伝統の和釘づくりを継承している。
「1400年前から製造されてきた和釘を後世に残すのが私たちの使命です。守りに入らず、新しい材料・手法を模索しながら、新商品を開発することもその一環。和釘同様に職人が叩いて鍛えたチタン製の耳かきは、耳あたりがしっかりとしており、しなりのある竹製では物足りないという人におすすめです」と語るのは代表の内山立哉氏。

注目すべきは、持ち手の後端が巻頭という和釘モチーフであること。先端がくるりと巻かれた形は、和釘製造の中でも難度の高い仕事。さらに、金槌で丹念に打たれた美しい槌目は、荒荒しくも繊細な鈍色の光を宿す。
「持ち手部分は、槌目がはっきりと残るように2.5mmと太めです。先端の匙さじ部分は一旦加熱をし、耳穴に入りやすいように細く延ばして調整を行ないます。素材はチタン製なので、金属アレルギーを起こしにくいという利点もあるのです」(内山氏)

職人が魂を打ち込んだ傑作は“耳かきしっかり派”が大満足の仕上がりだ。

鍛造チタン耳かき

ストラップ付きの専用牛革ケースが付く。配送時は、桐箱で届くため、贈り物にも喜ばれる。

【今日の逸品】
鍛造チタン耳かき

火造りのうちやま
7,480円(消費税込み)

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
11月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア