新着記事

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)牡羊座~蟹座編

迫力ある場面が展開された第2話の合戦シーン。市街戦が描写されるのは珍しい。

「リアルな戦国」を描写する『麒麟がくる』 やがてくる「本能寺の変」への伏線【麒麟がくる 満喫リポート】

体圧分散マットレス フィベールエアー|好みの面で使い分け。バランスのよい寝姿勢で安眠に誘う

『徳川慶喜』での主演以来22年ぶりの大河ドラマ出演。取材を通じて感じる、道三役への並々ならぬ決意に、期待感だけが高まる。

【インタビュー】『麒麟がくる』で斎藤道三を演じる本木雅弘。大河に新たな伝説が生まれる予感

【最後の恋】美少年へ思慕『ベニスに死す』さながらの清い恋心の行方……~その2~

【最後の恋】美少年へ思慕『ベニスに死す』さながらの清い恋心の行方……~その1~

「寅さん」シリーズの名セリフ、名シーンを厳選した「読む名場面集」|『いま、幸せかい?「寅さん」からの言葉』

「人間は何のために生きてんのかな?」|心に響く「寅さん」からの言葉

親に寄り添い、正しく対処するために|『親ががんになったら読む本』

自分の親が「がん」になったら、子としてすべきこと

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

サライの通販「らくだ屋通信販売部」商品

車掌鞄|プロから愛され続ける質実剛健な鞄

車掌鞄

要望に応える鞄作りで信頼を得る

丸山革具店は昭和22年、鹿児島市谷山に誕生した革工房である。創業当初は馬具や馬飾りを製作していたが、都市の近代化とともに馬具の需要が減少し、鞄や袋ものの製造に転向。徐々にその品質の高さが評判を呼び、電力、通信、鉄道、銀行などの業界から鞄の製作の依頼を受けるようになった。以降、電力会社の作業員が使う工具袋や金融マンの渉外鞄など、職種に合わせて使い勝手を追求し、職人が手づくりで製作。こだわり抜いた鞄は、その道のプロから半世紀以上支持され続けている。

ここで紹介する車掌鞄も実際にプロが使用する名品だ。筑豊電気鉄道や広島電鉄、岡山電気軌道、伊予鉄道など、全国の鉄道やバスで使われている。
「各電鉄会社の要望に合わせて、大きさや形状、中の仕切りなどを変えています。長く企業向けの鞄を探究してきたので、個人の方に向けて販売するなんて考えたこともありませんでした」と、2代目社長の橋口康隆氏は語る。

販売はお客様の声がきっかけ

転換点は、広島の百貨店の物産展に出展したときのことだ。トートバッグを売るつもりだったが、お客様に興味を持ってもらうきっかけになればと、広島でなじみ深い黒い車掌鞄を飾っていた。すると、「販売はしませんか?」「ほかの色では作れませんか?」という声が寄せられた。“欲しい方がいるなら”と販売を始めたところ、全国から注文が相次ぎ、人気商品になった。

目指すのは“一生つきあえる鞄”

素材は厳選した牛革。2.2mm厚の大きな一枚革を床に広げて裁断し、革を漉いたあと、縫製する。ここで欠かせないのが、旧式の足踏みミシンだ。
「先代から使い続けていて、自分の手足のように思いどおりに動いてくれます。特に、曲線はこれじゃないと上手く縫えないですね」と、橋口氏。

匠の技で縫い上げたあとは、口金を取り付け、24本の鋲をハンマーで丁寧に叩き込む。こうして一つひとつの工程に手間を惜しまないからこそ、頑丈で使いやすい鞄に仕上がるのだ。
「革は使い込むほどに味わいが増します。長く使って風合いの変化を楽しんでいただきたいです。万が一壊れたとしてもウチでは修理を受け付けていますから、安心して愛用してください」

鞄の修理は店にとっても非常に役立つという。傷みやすい箇所や壊れやすい部分が把握でき、商品のレベルアップにつながるからだ。
「物づくりは気持ちが大切。一生使っていただきたいという想いを込めて鞄を作っています。今後も真摯な姿勢でよりよい鞄を追求し続けたいです」

車掌鞄

肩からたすき掛けすれば、気分は車掌。レトロな雰囲気を醸し出すファッションアイテムとしても、日常的に使える。

【今日の逸品】
車掌鞄

丸山革具店
19,800円(消費税8%込み)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 体圧分散マットレス フィベールエアー|好みの面で使い分け。バラン…
  2. 酒倉染とコルクの3WAYバッグ|味わいのある帆布とコルクで作った…
  3. バルミューダ ザ・ライト|明るくくっきりした視界を確保。正確な色…
  4. 龍爪梅花皮の酒器|優美な白の縮れはこの世にひとつ
  5. ポータブル蓄電池|自然災害による停電に備える 電気を備蓄する大容…
PAGE TOP