新着記事

特製おせち三段重

「サライ・オリジナル 特製おせち」試食会で大好評!|お酒とともに味わう大人の味覚が満載 ご注文受付中

【インタビュー】保科正(家具会社顧問、デザイナー・77歳)「一日一日を思いっ切り生きてきたのでいつ最期を迎えても悔いはありません」

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その2~

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その1~

江戸城・松の大廊下跡

「吉良上野介」は悪人だったのか~「忠臣蔵」敵役の真実【にっぽん歴史夜話23】【にっぽん歴史夜話23】

明智光秀が葬られたとされる桔梗塚。今も荒深一族が管理している。

光秀ゆかりの地・岐阜県山県市発 明智光秀生存伝説|関ケ原合戦参陣で溺死した老光秀と墓地を守り続ける光秀の末裔

古今亭志ん輔

【第88回人形町らくだ亭】2月25日開催/古今亭志ん輔が『居残り佐平次』を演じます

シニアに聞いた「祖父母と孫の関係」|孫へ想いや言葉を伝えたいシニアは約8割

約8割のシニアが、お盆や年末年始以外も、孫と会うためのきっかけ作りを行なっている

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

サライの通販「らくだ屋通信販売部」商品

スミカマの槌目模様の包丁|欧米で脚光を浴びる老舗が古風な包丁を近代的にアレンジ

スミカマの槌目模様の包丁

左からペティナイフ、三徳包丁

刃物の産地として有名な岐阜県関市に、海外からも厚い支持を集める企業がある。従業員は30人ほどと小規模ながら、年間で10億円を売り上げるスミカマだ。大正5(1916)年の創業以来、約780年以上の歴史を持つ関の刀鍛冶の伝統と卓越した技法を刃物製造技術に活かし、高品質な刃物を製造してきた。同社の包丁は世界50か国で販売され、高い評価を得ている。

「当社の商品作りの理念は“一切妥協しないこと”。切れ味の鋭さは大前提に、気分よく料理をしていただけるよう、美しいデザインを追求してきました」と同社の炭竈勝美氏は胸を張る。

本品には、そんな同社の企業理念が詰まっている。妥協せず試行錯誤を繰り返し、製品化まで2年半を費やした。もともと海外限定商品だったため、日本の市場にはほとんど出回っていない希少価値の高い品である。

刃には鍛造刃物の「槌目」をイメージした水滴形の凸凹をつけ、鏡面仕上げにして独特の風合いに。ハンドルは衛生的かつ強固なPOM樹脂を採用し、手になじむ形状に仕上げた。

刀身は芯材に刃持ちがよい特殊鋼材を使用し、その両側を耐食性に優れたステンレス鋼で挟み込んだ3層構造。熟練の職人によって本刃付けが施されており、長くお使いいただける。

スミカマの槌目模様の包丁

職人が1本ずつ手作業で刃を研ぐ。ブレードの表面に施された槌目模様は食材の切り離れを補助する役割も果たす。

【今日の逸品】
スミカマの槌目模様の包丁

スミカマ
16,200円~(消費税8%込み)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. マスクディスペンサー60|マスクを1枚ずつ取り出せる専用収納箱
  2. 柘植の仏像 RIYAK|天然木を精緻に仕上げた手のひらサイズの仏…
  3. 常滑焼黒土九十九急須|99個の茶漉し穴で、香り高いお茶を抽出でき…
  4. アルパカミニマフラー|ベビーアルパカの原毛を使用したマフラー。抜…
  5. 加重ブランケット『スラウン』|ほどよい圧力で包み込み、快眠に誘う…
PAGE TOP