新着記事

ザルツブルクの町

門をくぐれば巡礼の道。モーツァルト生誕の地「ザルツブルク」の知られざる絶景ポイントを歩く(オーストリア)

お子さんが自立したこともあり、ロードスターを購入してからは奥様と2人で出かける機会が増えたそう。

【私のクルマ遍歴】事故でフロントが破損した『NCロードスター』。奥様の理解と後押しでより魅力的なフォルムに生まれ変わる(後編)

茂幸さんの愛車は、ブラックのボディカラーが希少なオープンカー。その出会いと物語は【後編】にて語ります。

【私のクルマ遍歴】仕事や家庭に翻弄され、『カリーナ』『チェイサー』『ミラージュ』『ギャラン』と、何台も乗り換えた青春時代(前編)

横瀬浦公園(長崎県西海市)にあるルイス・フロイス像。

なぜイエズス会は長崎で多くの信者を獲得できたのか?【半島をゆく 歴史解説編 西彼杵・島原半島3】

拾った猫の扱いや地域猫活動は法律的にどうなのか?|『ねこの法律とお金』

拾った猫をそのまま飼ったらどうなる?|『ねこの法律とお金』

ものぐさでもOK!後ろからでも前からでも履ける画期的スリッパ

死絵展・八代目市川団十郎安政元年(1854)頃①

有名人の訃報を知らせる錦絵|もっとも多く死絵の題材となったのは八代目市川団十郎【企画展「死絵 ~明るく笑ってさようなら~」】

【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

【家族のかたち】異父姉弟の事実を知ったのは小学生の頃。前後で家族の仲に変化はないように見えていた~その1~

【家族のかたち】異父姉弟の事実を知ったのは小学生の頃。家族の仲に変化はないように見えていた~その1~

アメリカ訪問時の一葉(前列左からふたり目が小栗上野介・東善寺蔵)

明治政府が最も恐れた男・小栗上野介が罪なくして抹殺された理由【検証 「徳川近代」 原田伊織氏インタビュー 3】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

シニア住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライの通販「らくだ屋通信販売部」商品

江戸切子のぐい呑み|珍しい琥珀色のクリスタルガラスに東西の刻みの技が共演

江戸切子のぐい呑み

上から時計まわりに雀(緑色)、とんぼ(瑠璃色)、春草(緑色)、夏草(瑠璃色)

ガラスに直線の切り込みで小紋のような模様を付ける江戸切子は、その名のとおり江戸から東京へと伝わってきたカットガラスの技術だが、もとを辿ればヨーロッパのガラス装飾の技術に行き着く。ガラス面に絵画のようにリアルな図柄を刻む「グラヴィール技法」も、ヨーロッパで発展した技術だ。

ご紹介する本品は、そんな東西のガラス工芸の粋が融合した、宝石のような価値あるグラスである。

表面を覆い尽くす江戸切子の技法を凝らした「菊つなぎ」という紋様は、その細かさを見れば、どれだけ手が込んでいるかがわかる。そこに「グラヴィール技法」で描かれたアール・ヌーヴォー調の風雅なモチーフが浮かぶ。

春をイメージして緑を着せた器には雀が、夏に思いを馳せて瑠璃色を着せた器にはトンボが、器ごとに3つずつ削り出されている。創業97年を誇る江戸切子の堀口硝子と、スペインで学んだガラス作家の花岡和夫さんとによる、東西の技の共演だ。

また本品に採用された琥珀色のクリスタルは、多くのガラス製造家が夢見てきた幻のガラス。その色は、日本酒だけでなくウイスキーにもよく合う。

江戸切子のぐい呑み

春から夏には冷酒の酒器としたい。先付けの料理器にも使いたい出来映えだ。

【今日の逸品】
江戸切子のぐい呑み

堀口硝子×川商
41,040円~(消費税8%込み)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ものぐさでもOK!後ろからでも前からでも履ける画期的スリッパ
  2. あおげば涼やか!日本の伝統を感じる本格的な麻のうちわ
  3. 夏の冷酒はこれでキリッとやりたい!ガラス製の角ちろりと酒杯
  4. ザ枯淡の美!縁をあえて朽ちた形状にした渋すぎる漆のけやき椀
  5. ちょっとした外出に最適!ドイツ生まれの小型で丈夫なお散歩バッグ
PAGE TOP