新着記事

焦がさず焼けて煙らない!画期的な立体囲炉式炭火コンロ

ピアノサロン・クリストフォリのコンサート

ベルリンのトルコ人街にあるクラシックライブハウス、「ピアノサロン・クリストフォリ」で一期一会の音楽と出会う

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった――若年性認知症になった母【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった~若年性認知症になった母【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった――若年性認知症になった母【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった~若年性認知症になった母【前編】

アロハ オン ザ ガンジェズ ホテル

デジタルデトックスができる!世界のリトリートホテル6選

源氏物語朝顔図(部分) 土佐光起筆 1幅 日本・江戸時代 17世紀 根津美術館蔵

知っておくと便利! 日本美術の定番の画題を、作品を見ながら学ぶ。【企画展 はじめての古美術鑑賞―絵画のテーマ】

足裏が心地よいモダンな牛革草履で颯爽と街を歩いてみたら?

茶摘み体験

大人が満足する社会見学4選【静岡県】|ヤマハ楽器ミュージアム、電車の転車台体験、うなぎパイファクトリー、茶摘み

【家族のかたち】自分が子供を持った時、いい父親像が分からなかった。そんな戸惑いに義父は子育ての思い出話を繰り返し話してくれた~その2~

【家族のかたち】自分が子供を持った時、いい父親像が分からなかった。そんな戸惑いに義父は子育ての思い出話を繰り返し話してくれた~その2~

【家族のかたち】母子家庭でも寂しかった記憶は一切なし。一度した約束は最後まで守ってくれる母親だった~その1~

【家族のかたち】母子家庭でも寂しかった記憶は一切なし。一度した約束は最後まで守ってくれる母親だった~その1~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

逸品

わたせせいぞうラベルの超稀少なシングルモルトウイスキーが発売

エッセイスト・バーマンとして活躍する島地勝彦氏が「ウイスキーの師」と仰ぐ山岡秀雄氏は、日本を代表するウイスキー評論家。そんな山岡氏が、とっておきとして1樽キープしていたシングルモルトウイスキー「グレンバーギ」がある。

「グレンバーギ」は、かの“バランタイン”の原酒として使われるスペイサイドのモルトウイスキーである。スコットランド・スペイサイドの蒸留所でつくられるモルトウイスキーは、繊細で華やかなアロマが特徴だが、「グレンバーギ」もフルーティで口当たりがよく、シングルモルトビギナーにも飲みやすい。しかし、その多くが“バランタイン”のキーモルトとしてブレンデッドに使われているため、スペイサイドの知られざる名酒と言われながら、シングルモルトで味わえる機会はなかなかない。

そんな稀少なウイスキーが、特別に瓶詰めされて246本限定で発売された。穏やかで、繊細なフルーティさが特徴の「グレンバーギ」だが、とくにこの1998は、19年熟成で、プラムの甘い酸味と、グレープフルーツの果肉と内皮のフルーティさと苦味があり、フィニッシュは繊細なスパイシーさと温かさがあり、心地よい。

ラベルを手がけたのは、往年の人気イラストレーターわたせせいぞう氏。わたせ氏らしい都会的な男女が「グレンバーギ」を楽しむ様子を描いたラベルは、今回の企画のための描き下ろしだ。ウイスキー愛好家はもちろん、わたせファンにとっても、たまらない一本だ。

ウイスキー評論家の山岡秀雄氏

わたせせいぞう・ワンダーカクテルラベル
グレンバーギ1998

価格:16,200円(税込)
700㎖。アルコール度数58.4%。
原材料はモルト。原産地はスコットランド(英国)。
限定246本のみ。返品不可。
※おひとり様10本までのご購入とさせていただきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ファン垂涎!『デビルマン』ラベルの特別なスコッチウイスキーがやっ…
  2. 連載40周年『釣りバカ日誌』ラベルの特別なシングルモルトウイスキ…
  3. 高嶺の花だった懐かしの「舶来ウイスキー」がぐんと身近になった理由…
  4. ちばてつや氏の名作漫画「のたり松太郎」ラベルの特別なウイスキー
  5. 愛するマッカランを個人輸入していた白洲次郎【ウイスキーよもやま話…
PAGE TOP