新着記事

「桶狭間の戦い」異聞。たったひとりで出陣した信長を追った5人の側近たちの悲しきその後。【麒麟がくる 満喫リポート】

朝倉義景画像(心月寺蔵、福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館写真提供)

ユースケ・サンタマリア演じる朝倉義景は、作法・礼法にこだわり、細やかな気配りをする大大名だった!?【麒麟がくる 満喫リポート】

【夫婦の距離】役職定年×自粛生活。早朝サーフィンは現実逃避? ~その2

【夫婦の距離】役職定年と新型コロナのダブルパンチで存在感を失った夫。早朝サーフィンは現実逃避?~その2~

【夫婦の距離】役職定年×自粛生活。早朝サーフィンは現実逃避? ~その1

【夫婦の距離】役職定年と新型コロナのダブルパンチで存在感を失った夫。早朝サーフィンは現実逃避?~その1~

医療ジャーナリストが教える、がん治療の偽情報に惑わされないための処方箋

医療ジャーナリストが教える「やってはいけない がん治療 」

エイシンガのプラネタリウム

天文学者の自宅に作られた世界最古のプラネタリウム(オランダ)

弁護士・司法書士・税理士への報酬は高い?「相続」にかかる費用の実状

【義家族との間】夫の嫌いな部分はすべて義父譲り。どこでもタバコを吸う、マナーが悪い義父を生理的に受け付けない~その2~

【義家族との間】夫の嫌いな部分はすべて義父譲り。どこでもタバコを吸う、マナーが悪い義父を生理的に受け付けない~その1~

疲れがとれないのは加齢のせいではない!?|『疲れがとれない原因は副腎が9割』

いくら寝てもとれない疲れ。その原因は「副腎」が9割!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

逸品

わたせせいぞうラベルの超稀少なシングルモルトウイスキーが発売

エッセイスト・バーマンとして活躍する島地勝彦氏が「ウイスキーの師」と仰ぐ山岡秀雄氏は、日本を代表するウイスキー評論家。そんな山岡氏が、とっておきとして1樽キープしていたシングルモルトウイスキー「グレンバーギ」がある。

「グレンバーギ」は、かの“バランタイン”の原酒として使われるスペイサイドのモルトウイスキーである。スコットランド・スペイサイドの蒸留所でつくられるモルトウイスキーは、繊細で華やかなアロマが特徴だが、「グレンバーギ」もフルーティで口当たりがよく、シングルモルトビギナーにも飲みやすい。しかし、その多くが“バランタイン”のキーモルトとしてブレンデッドに使われているため、スペイサイドの知られざる名酒と言われながら、シングルモルトで味わえる機会はなかなかない。

そんな稀少なウイスキーが、特別に瓶詰めされて246本限定で発売された。穏やかで、繊細なフルーティさが特徴の「グレンバーギ」だが、とくにこの1998は、19年熟成で、プラムの甘い酸味と、グレープフルーツの果肉と内皮のフルーティさと苦味があり、フィニッシュは繊細なスパイシーさと温かさがあり、心地よい。

ラベルを手がけたのは、往年の人気イラストレーターわたせせいぞう氏。わたせ氏らしい都会的な男女が「グレンバーギ」を楽しむ様子を描いたラベルは、今回の企画のための描き下ろしだ。ウイスキー愛好家はもちろん、わたせファンにとっても、たまらない一本だ。

ウイスキー評論家の山岡秀雄氏

わたせせいぞう・ワンダーカクテルラベル
グレンバーギ1998

価格:16,200円(税込)
700㎖。アルコール度数58.4%。
原材料はモルト。原産地はスコットランド(英国)。
限定246本のみ。返品不可。
※おひとり様10本までのご購入とさせていただきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ジャック・ダニエル蒸留所 アメリカ・テネシー州の蒸留所ツアーで知る、「ジャック・ダニエル」…
  2. ファン垂涎!『デビルマン』ラベルの特別なスコッチウイスキーがやっ…
  3. 連載40周年『釣りバカ日誌』ラベルの特別なシングルモルトウイスキ…
  4. 高嶺の花だった懐かしの「舶来ウイスキー」がぐんと身近になった理由…
  5. ちばてつや氏の名作漫画「のたり松太郎」ラベルの特別なウイスキー
PAGE TOP