新着記事

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

“マイクロチップ装着の義務化”には賛否両論…“条件付き賛成”が多数 |ペットと高齢化に関する意識調査

“犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛護法」とペットの健康を考える

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

炭素鋼メッキ爪切り|変形爪もささくれも自在にカット 懐かしきニッパー型爪切り

だんご三兄弟!? 個性派ぞろいのシャトー・メルシャン3ワイナリー長の素顔に迫る

画像では見えませんが、ブレーキにはポルシェ用のブレーキポッドとローターが奢られています

【私のクルマ遍歴】スカイラインとカローラレビンを売却し、ついに出会った、BMW『E36』の高性能チューニングカー『M3』(後編)

程度の悪さのおかげで、遠慮することなく未舗装路も走れたそう

【私のクルマ遍歴】“ダルマセリカ”から始まり、カローラレビンにチェイサー。トヨタエンジンの気持ちよさにこだわった青年期(前編)

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

「Nコロ」「シビック」「コルト ギャラン」「サニトラ」|昭和の名車がプラモデルで復活!

文/安藤政弘

プラモデルメーカー各社の新製品が一堂にそろう「全日本模型ホビーショー」は、模型を愛する人にとって秋の一大イベントです。今年もクルマ、ミリタリー、キャラクター系などさまざまな新製品が会場でお披露目されましたが、ひと目見て懐かしさがこみあげてくるモデルに出会えることもあります。その中から、ここ数年の間に発売された、60~70年代の日本を走った昭和の名車のプラモデルを集めてみました。

クルマのプラモデルといえば、サーキットを爆走する派手なレーシングカーや、いわゆる走り屋好みのスポーツカーを連想しますが、馴染みのある一般大衆向けの市販車も少なくありません。現在のミドルエイジ世代なら、少年時代に“我が家のクルマ”のプラモデルを作った記憶があるのではないしょうか。クルマはモノと違い、どんなに愛着があっても、家に残すわけにはいかず、買い替えとともに家から去ってしまいます。ピカピカの新車がやってくるのは家族のビッグイベントでしたが、一方で、楽しい思い出のつまった愛車がなくなることに寂しさを覚えたものです。

数々のファミリードライブや、ハンドルを握る父親のちょっと誇らしげな表情など、たくさんのエピーソードまでも呼び覚ましてくれるのが、創業77周年を迎えた、老舗模型メーカー、ハセガワから発売されている、昭和の名車を再現したプラモデルです。

「人気があったのに何故かプラモデル化されていない、今の技術で作り込まれたモデルを見てみたいなど、ユーザーのさまざまな声に耳を傾け製品化を進めています。技術面では3Dスキャンの導入により、実車が現存する車種であれば、より高い再現度でプラモデル化することが可能になりました」(ハセガワ・広報担当者)

レーシングカー、ラリーカーから市販車までをそろえたラインナップから、ご近所を走っていた人気車のプラモデルを紹介していきましょう。

生活の足として活躍した通称“Nコロ”

1/24 ホンダ N360 (N II) 【ハセガワ】

3000円(税抜)

ホンダ N360 (N II)
昭和42年に販売の始まった「N360」は、二輪メーカーのホンダが初めて大量生産した軽乗用車です。当時としては破格(31万円台)で買える低価格な高性能大衆車としてユーザーの心をつかみ、「Nコロ」の愛称で親しまれました。1947年に後継者となる「ライフ」にその座を譲るまで65万台を販売し、ベストセラーとなりました。今回のキットは2016年3月に完全新金型で発売された商品で、N360II型の勇姿を再現。スーパーデラックスとSの選択式で、フェンダーミラーやハンドル、メーターパネルなどの形状違いや、リアの泥除けやフロントグリルのフォグランプの有無といった相違点も正確に作り分けられるパーツ構成になっています。

ホンダ N360 (N II)ホンダ N360 (N II)ホンダ N360 (N II)

次ページに続きます。

ページ:

1

2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 画像では見えませんが、ブレーキにはポルシェ用のブレーキポッドとローターが奢られています 【私のクルマ遍歴】スカイラインとカローラレビンを売却し、ついに出…
  2. 程度の悪さのおかげで、遠慮することなく未舗装路も走れたそう 【私のクルマ遍歴】“ダルマセリカ”から始まり、カローラレビンにチ…
  3. コリン・フェルナンド、世話好きの配管工の彼の愛車は、1929年生まれのFORDだ 1929年生まれのFORDが愛車!|ニュージーランドはクラッシッ…
  4. モーニングクルーズ 「モーニングクルーズ」知ってますか?|車好きの聖地、「代官山蔦屋…
  5. 家族での長距離ドライブに関する調査 2019|長距離ドライブでも行く価値があると思う温泉地 1位は「草津」 長距離ドライブ中、家族から聞きたくないセリフ1位は「まだ着かない…
PAGE TOP