新着記事

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

おこもり生活に役立つアプリ「radiko」の使い方【スマホ基本のき 第20回】

生活費が足りない、借金返済の場合は嘘をつく、親にお金を借りる理由

衝動的に東海道新幹線に飛び乗ってでかけたくなる、ニッチな一冊|『名古屋の酒場』

飲み屋が少ない、そもそも酒に弱い、知られざる「名古屋の酒場」事情

毎日出勤しても仕事が無い…「社内失業者」にならないために必要なこと

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

年収1000万円以上の保護者が子どもにしている「マネー教育」の中身

PTA活動はみんなやりたくない? 年齢別にみると明らかな結果が。生の声をそのまま公開します!

ボスママ、マウント、利権争い、「PTA活動」参加したくない意外な理由

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』

「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道56】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

「Nコロ」「シビック」「コルト ギャラン」「サニトラ」|昭和の名車がプラモデルで復活!

文/安藤政弘

プラモデルメーカー各社の新製品が一堂にそろう「全日本模型ホビーショー」は、模型を愛する人にとって秋の一大イベントです。今年もクルマ、ミリタリー、キャラクター系などさまざまな新製品が会場でお披露目されましたが、ひと目見て懐かしさがこみあげてくるモデルに出会えることもあります。その中から、ここ数年の間に発売された、60~70年代の日本を走った昭和の名車のプラモデルを集めてみました。

クルマのプラモデルといえば、サーキットを爆走する派手なレーシングカーや、いわゆる走り屋好みのスポーツカーを連想しますが、馴染みのある一般大衆向けの市販車も少なくありません。現在のミドルエイジ世代なら、少年時代に“我が家のクルマ”のプラモデルを作った記憶があるのではないしょうか。クルマはモノと違い、どんなに愛着があっても、家に残すわけにはいかず、買い替えとともに家から去ってしまいます。ピカピカの新車がやってくるのは家族のビッグイベントでしたが、一方で、楽しい思い出のつまった愛車がなくなることに寂しさを覚えたものです。

数々のファミリードライブや、ハンドルを握る父親のちょっと誇らしげな表情など、たくさんのエピーソードまでも呼び覚ましてくれるのが、創業77周年を迎えた、老舗模型メーカー、ハセガワから発売されている、昭和の名車を再現したプラモデルです。

「人気があったのに何故かプラモデル化されていない、今の技術で作り込まれたモデルを見てみたいなど、ユーザーのさまざまな声に耳を傾け製品化を進めています。技術面では3Dスキャンの導入により、実車が現存する車種であれば、より高い再現度でプラモデル化することが可能になりました」(ハセガワ・広報担当者)

レーシングカー、ラリーカーから市販車までをそろえたラインナップから、ご近所を走っていた人気車のプラモデルを紹介していきましょう。

生活の足として活躍した通称“Nコロ”

1/24 ホンダ N360 (N II) 【ハセガワ】

3000円(税抜)

ホンダ N360 (N II)
昭和42年に販売の始まった「N360」は、二輪メーカーのホンダが初めて大量生産した軽乗用車です。当時としては破格(31万円台)で買える低価格な高性能大衆車としてユーザーの心をつかみ、「Nコロ」の愛称で親しまれました。1947年に後継者となる「ライフ」にその座を譲るまで65万台を販売し、ベストセラーとなりました。今回のキットは2016年3月に完全新金型で発売された商品で、N360II型の勇姿を再現。スーパーデラックスとSの選択式で、フェンダーミラーやハンドル、メーターパネルなどの形状違いや、リアの泥除けやフロントグリルのフォグランプの有無といった相違点も正確に作り分けられるパーツ構成になっています。

ホンダ N360 (N II)ホンダ N360 (N II)ホンダ N360 (N II)

次ページに続きます。

ページ:

1

2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. すべての構造部品を刷新し、基本性能から品質を高めたダイハツの新世代小型車。衝突時に歩行者を保護する衝撃軽減ボディを採用。 ダイハツ/ロッキー|100年前からエンジンを開発してきた老舗 ダ…
  2. コロナの緊急事態宣言による車利用への影響を調査|車利用が増えた、が19.6%、人を乗せない、などの感染対策をする方も 「車で出社」「窓を開けて換気」「家族以外は乗せない」新コロナ時代…
  3. 完成度が大幅に向上した4代目。タテ長の7本の前面グリルはジープのデザイン特許。「7スロットグリル」と名付けられている。 ジープ/ラングラー アンリミテッド サハラ|高い運転席からの車窓…
  4. 先代を踏襲しながら、車輪周囲のふくらみなど、抑揚を増した外観デザイン。目を細めた猫のような極薄のヘッドライトが特徴的。 ランドローバー/レンジローバー イヴォーク|都市と田園を共に愛す…
  5. 1966年に初代が発表されてから12代目になる最新型。幅が広くなり、3ナンバー車に。ハイブリッド車とガソリン車を選べる。 トヨタ/カローラ|ドイツのセダンと互角に戦える世界一まじめな車【…
PAGE TOP