新着記事

富士山ナイフ ―Fuji Knife―|意匠と機能が見事に融合したジャパニーズナイフの逸品

『サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー) 演奏:サラ・ヴォーン(ヴォーカル)、クリフォード・ブラウン(トランペット)、ハービー・マン(フルート)、ポール・クイニシェット(テナー・サックス)、ジミー・ジョーンズ(ピアノ)、ジョー・ベンジャミン(ベース)ロイ・ヘインズ(ドラムス)、アーニー・ウィルキンス(指揮) 録音:1954年12月18日

「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか?〜「別テイク」の正しい聴き方(3)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道20】

35%の人が旅行先でケガや病気をした経験がある一方で、「病院の場所を事前に確認する」のは13人に1人だけ!現地治療費の最高額は「500万円」!!

現地治療費の最高額は「500万円」!|3人に1人が旅行先でケガや病気をした経験がある

定年後のお金の不安を解消する3つの答え|『「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法』

老後の不安を解消する3つの答え|「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法

村松時計店の銀製時計|新天皇陛下と令和に捧げる、時代を超えた純銀時計

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」で減塩に挑戦

【管理栄養士が教える減塩レシピ】これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」の作り方

中高生が見た大人へのイメージと「10年後の日本」の見通し

息子世代は「今」をどのように捉えているのか?|中高生が考える「カッコいい大人」と「10年後の日本」

【ビジネスの極意】アサヒビールとキリンビールに学ぶリーダシップの教科書

【ビジネスの極意】アサヒビールとキリンビールに学ぶリーダシップの教科書

お魚とうばん 2枚組|魚をおいしく焼き上げるグリル用陶板

ファーブル昆虫館「虫の詩人の館やかた」(※東京都文京区千駄木5-46-6 電話:03・5815・6464(開館時のみ)、開館:土曜・日曜の13時〜17時、入場料:無料)ではファーブルの生家を再現。同時代の家財道具も展示。奥本さんが着用している帽子とコートもファーブル愛用のものと同じ。

【インタビュー】奥本大三郎(作家、ファーブル昆虫館「虫の詩人の館」館長・75歳)「研究成果は楽しい読み物で社会に伝える。ファーブルのおかげでそう決意しました」

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

逸品

ちばてつや氏の名作漫画「のたり松太郎」ラベルの特別なウイスキー

文/編集部

サライ・インタビューにもご登場いただいた、漫画界の大御所ちばてつや氏の名作『のたり松太郎』をご存知だろうか。

1973年から1998年まで「ビッグコミック」誌に連載された『のたり松太郎』は、怪力を誇る暴れん坊の青年だった坂口松太郎が相撲部屋に入門し、小心者だが酒癖の悪い田中関などとともに一人前の力士となるまでのさまざまな人間ドラマを描いた作品。単行本は全36巻にも及ぶ大作だ。

このたび「ビッグコミック」創刊50周年を記念して、この『のたり松太郎』ラベルのシングルモルトウイスキーが発売された。

賜杯を掲げる主人公・坂口関(松太郎)の勇ましい姿を描いたラベルをまとうのは、ジャパニーズウイスキー「あかしシングルモルトウイスキー」。日本を代表するウイスキー評論家、山岡秀雄氏が選んだ逸品だ。

香り立つフルーティでビターな香味を口に含めば、あの坂口関と酒を酌み交わすがごとく、うれしい気分はより楽しく、心にたまった憂さは吹き飛んで、快晴の千秋楽のような気持ちで酔うことができる。

この『のたり松太郎』ウイスキーは、471本限定で、小学館の通販サイト「大人の逸品」のみでの販売となる。ファンならずとも手に入れておきたい、希少な一本となろう。

詳細はこちらから(「大人の逸品」へ遷移します)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ジャック・ダニエル蒸留所 アメリカ・テネシー州の蒸留所ツアーで知る、「ジャック・ダニエル」…
  2. ファン垂涎!『デビルマン』ラベルの特別なスコッチウイスキーがやっ…
  3. 連載40周年『釣りバカ日誌』ラベルの特別なシングルモルトウイスキ…
  4. わたせせいぞうラベルの超稀少なシングルモルトウイスキーが発売
  5. 高嶺の花だった懐かしの「舶来ウイスキー」がぐんと身近になった理由…
PAGE TOP