新着記事

2日目《苫小牧から札幌へ》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

【夕刊サライ/川合俊一】ニューヨークへ、画家リロイ・ニーマンに会いに行く!(後編)(川合俊一の暮らし・家計コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

日本のそば発祥の地!滋賀県伊吹のそばと湖東の酒蔵をめぐる

取材・文/わたなべあや滋賀県は、県の真ん中に位置する琵琶湖を中心に東西南北4つの地域に分かれ…

高血圧の効果的な対処法は?気づかないうちに進行する「サイレントキラー」の恐怖

取材・文/わたなべあや高血圧は、サイレントキラーの異名を持つ通り、これといった症状が…

【夕刊サライ/神取忍】自分の体で効果検証中! 最近はまった特製ドリンクとラドンガス吸入器(神取忍の健康・スポーツコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

国宝3点が結集!刺繍や綴織で表現された「糸のみほとけ」たちの展覧会

取材・文/池田充枝平面に表された仏の像といえば、絵画を思い浮かべると思いますが、日本では刺繍…

タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!オススメ店3軒

文・写真/横山忠道(タイ在住ライター)日本ではマッサマンカレーやパクチー料理など、毎年のよう…

奄美を愛した孤高の画家・田中一村の画業を回顧する特別な展覧会

取材・文/池田充枝孤高の画家として知られる田中一村(たなか・いっそん、1908-1977)は…

頭がない剥製標本は何のため?あなたが知らない鳥標本の世界

文/柿川鮎子今年は夏鳥が大変少なく、多くの野鳥観察愛好人をやきもきさせています。鳥を…

日産 スカイライン|誕生から60年を経て進化を続ける国産スポーツセダンの雄【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)かつて4ドアセダンは人気車種だった。SUV全盛の時代になっ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

逸品

ちばてつや氏の名作漫画「のたり松太郎」ラベルの特別なウイスキー

文/編集部

サライ・インタビューにもご登場いただいた、漫画界の大御所ちばてつや氏の名作『のたり松太郎』をご存知だろうか。

1973年から1998年まで「ビッグコミック」誌に連載された『のたり松太郎』は、怪力を誇る暴れん坊の青年だった坂口松太郎が相撲部屋に入門し、小心者だが酒癖の悪い田中関などとともに一人前の力士となるまでのさまざまな人間ドラマを描いた作品。単行本は全36巻にも及ぶ大作だ。

このたび「ビッグコミック」創刊50周年を記念して、この『のたり松太郎』ラベルのシングルモルトウイスキーが発売された。

賜杯を掲げる主人公・坂口関(松太郎)の勇ましい姿を描いたラベルをまとうのは、ジャパニーズウイスキー「あかしシングルモルトウイスキー」。日本を代表するウイスキー評論家、山岡秀雄氏が選んだ逸品だ。

香り立つフルーティでビターな香味を口に含めば、あの坂口関と酒を酌み交わすがごとく、うれしい気分はより楽しく、心にたまった憂さは吹き飛んで、快晴の千秋楽のような気持ちで酔うことができる。

この『のたり松太郎』ウイスキーは、471本限定で、小学館の通販サイト「大人の逸品」のみでの販売となる。ファンならずとも手に入れておきたい、希少な一本となろう。

詳細はこちらから(「大人の逸品」へ遷移します)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【インタビュー】ちばてつやさん(漫画家)|漫画家デビュー60年、…
  2. 愛するマッカランを個人輸入していた白洲次郎【ウイスキーよもやま話…
  3. 吉田茂から田中角栄に引き継がれたオールドパー【ウイスキーよもやま…
  4. 夏目漱石が模造ウイスキーの話を聞いて呟いたこと【ウイスキーよもや…
  5. 国産ウイスキーづくりに挑んだ竹鶴と鳥井の功績【ウイスキーよもやま…
PAGE TOP