新着記事

50代夫婦1000名に聞いた定年対策 実態調査!|「定年退職後も夫には外で働いてほしい」は9割近く!!

妻の9割は「定年退職後も夫には外で働いてほしい」|50代夫婦1000名に聞いた「定年後のライフスタイル」

SIWA長財布|障子紙の里から生まれた優しい手触りの軽量財布

【管理栄養士が教える減塩レシピ】今が旬!そらまめとかぶを食べよう

【管理栄養士が教える減塩レシピ】「そらまめと新じゃがのチーズ焼き」「かぶのラタトゥイユ」|今が旬! そらまめとかぶを食べよう

【家族のかたち】母子家庭は貧しくも、2人の兄のおかげで寂しさを感じることはなかった~その1~

【家族のかたち】不妊治療に非協力的な夫との離婚。次に進めなかった気持ちを家族が救ってくれた~その2~

【家族のかたち】不妊から離婚を経験。もう一回拒否されたらと次に進めなかった気持ちを家族が救ってくれた~その2~

【家族のかたち】母子家庭は貧しくも、2人の兄のおかげで寂しさを感じることはなかった~その1~

免許返納。娘は母にどう伝えたらいいのか?【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

免許返納。娘は母にどう伝えたらいいのか?【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

歌川国芳「たとゑ尽の内」個人蔵

猫、猫、猫。江戸時代の「猫ブーム」を垣間見る【特別展 いつだって猫展】

鯉のぼり型染めタペストリー|本格的な型染めで仕上げた室内用鯉のぼり

名手ムターが作曲家ペンデレツキに捧げるドラマティックな演奏の花束【林田直樹の音盤ナビ】

空から眺めるウルルの全容

ブリスベンとゴールドコースト、そしてウルルを巡る旅【ウルル編】

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

逸品

ちばてつや氏の名作漫画「のたり松太郎」ラベルの特別なウイスキー

文/編集部

サライ・インタビューにもご登場いただいた、漫画界の大御所ちばてつや氏の名作『のたり松太郎』をご存知だろうか。

1973年から1998年まで「ビッグコミック」誌に連載された『のたり松太郎』は、怪力を誇る暴れん坊の青年だった坂口松太郎が相撲部屋に入門し、小心者だが酒癖の悪い田中関などとともに一人前の力士となるまでのさまざまな人間ドラマを描いた作品。単行本は全36巻にも及ぶ大作だ。

このたび「ビッグコミック」創刊50周年を記念して、この『のたり松太郎』ラベルのシングルモルトウイスキーが発売された。

賜杯を掲げる主人公・坂口関(松太郎)の勇ましい姿を描いたラベルをまとうのは、ジャパニーズウイスキー「あかしシングルモルトウイスキー」。日本を代表するウイスキー評論家、山岡秀雄氏が選んだ逸品だ。

香り立つフルーティでビターな香味を口に含めば、あの坂口関と酒を酌み交わすがごとく、うれしい気分はより楽しく、心にたまった憂さは吹き飛んで、快晴の千秋楽のような気持ちで酔うことができる。

この『のたり松太郎』ウイスキーは、471本限定で、小学館の通販サイト「大人の逸品」のみでの販売となる。ファンならずとも手に入れておきたい、希少な一本となろう。

詳細はこちらから(「大人の逸品」へ遷移します)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 連載40周年『釣りバカ日誌』ラベルの特別なシングルモルトウイスキ…
  2. わたせせいぞうラベルの超稀少なシングルモルトウイスキーが発売
  3. 高嶺の花だった懐かしの「舶来ウイスキー」がぐんと身近になった理由…
  4. 愛するマッカランを個人輸入していた白洲次郎【ウイスキーよもやま話…
  5. 吉田茂から田中角栄に引き継がれたオールドパー【ウイスキーよもやま…
PAGE TOP