新着記事

世界遺産リドー運河と水門を巡る水路クルーズ 【カナダ・オンタリオ州の旅2】

写真・文/石津祐介カナダの首都オタワと、古都キングストンをつなぐリドー運河。その全長は202…

家事代行サービスは、50代の既婚女性が一番利用している!

「家事代行サービス」とは、その名の通り、家主に代わり、水回りの掃除や食事の用意などを行なって…

森茉莉が可愛がっていた犬のぬいぐるみ【文士の逸品No.39】

◎No.39:森茉莉のぬいぐるみ(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦文豪・森鴎外…

カナリア諸島の真っ白な砂浜、真っ青な空……|地球のエネルギーを感じる火山の島ランサローテ

文・写真/バレンタ愛(海外書き人クラブ/元オーストリア在住、現カナダ在住ライター)7つの島か…

人生の楽園探し|地方移住を考えたら、まず最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

【まんがでわかる地方移住2】地方移住をするために最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

定年世代に注目の新しいキャリア 「顧問」という働き方

文/鈴木拓也企業の「顧問」と聞いて、どんなイメージが思い浮かぶだろうか?多く…

中古品買取で最も人気なのは、やはりあのブランド!?

最近では、整理するための断捨離の一つの手段として、使わないものを単に捨てるのではなく現金化する!…

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・2|アポロが見せた月生活の夢

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

喜ばれるお持たせは高級デパ地下で!「GINZA SIX」 秋の「手土産スイーツ」10選

実りの秋がやってきた。デパ地下には、旬の食材をふんだんに使ったフードやスイーツが勢ぞろいだ。…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

逸品

ちばてつや氏の名作漫画「のたり松太郎」ラベルの特別なウイスキー

文/編集部

サライ・インタビューにもご登場いただいた、漫画界の大御所ちばてつや氏の名作『のたり松太郎』をご存知だろうか。

1973年から1998年まで「ビッグコミック」誌に連載された『のたり松太郎』は、怪力を誇る暴れん坊の青年だった坂口松太郎が相撲部屋に入門し、小心者だが酒癖の悪い田中関などとともに一人前の力士となるまでのさまざまな人間ドラマを描いた作品。単行本は全36巻にも及ぶ大作だ。

このたび「ビッグコミック」創刊50周年を記念して、この『のたり松太郎』ラベルのシングルモルトウイスキーが発売された。

賜杯を掲げる主人公・坂口関(松太郎)の勇ましい姿を描いたラベルをまとうのは、ジャパニーズウイスキー「あかしシングルモルトウイスキー」。日本を代表するウイスキー評論家、山岡秀雄氏が選んだ逸品だ。

香り立つフルーティでビターな香味を口に含めば、あの坂口関と酒を酌み交わすがごとく、うれしい気分はより楽しく、心にたまった憂さは吹き飛んで、快晴の千秋楽のような気持ちで酔うことができる。

この『のたり松太郎』ウイスキーは、471本限定で、小学館の通販サイト「大人の逸品」のみでの販売となる。ファンならずとも手に入れておきたい、希少な一本となろう。

詳細はこちらから(「大人の逸品」へ遷移します)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【インタビュー】ちばてつやさん(漫画家)|漫画家デビュー60年、…
  2. 愛するマッカランを個人輸入していた白洲次郎【ウイスキーよもやま話…
  3. 吉田茂から田中角栄に引き継がれたオールドパー【ウイスキーよもやま…
  4. 夏目漱石が模造ウイスキーの話を聞いて呟いたこと【ウイスキーよもや…
  5. 国産ウイスキーづくりに挑んだ竹鶴と鳥井の功績【ウイスキーよもやま…
PAGE TOP