新着記事

日常生活に必須の「7つの力」を無理なく向上させるエクササイズ|『カラダのおくすり体操』

加齢で衰えた「転ばない力」を回復させるエクササイズ|『カラダのおくすり体操』

この一体化した金属を外せ!脳活パズル『はずる』にハマる人続出

ザルツブルクの町

門をくぐれば巡礼の道。モーツァルト生誕の地「ザルツブルク」の知られざる絶景ポイントを歩く(オーストリア)

お子さんが自立したこともあり、ロードスターを購入してからは奥様と2人で出かける機会が増えたそう。

【私のクルマ遍歴】事故でフロントが破損した『NCロードスター』。奥様の理解と後押しでより魅力的なフォルムに生まれ変わる(後編)

茂幸さんの愛車は、ブラックのボディカラーが希少なオープンカー。その出会いと物語は【後編】にて語ります。

【私のクルマ遍歴】仕事や家庭に翻弄され、『カリーナ』『チェイサー』『ミラージュ』『ギャラン』と、何台も乗り換えた青春時代(前編)

横瀬浦公園(長崎県西海市)にあるルイス・フロイス像。

なぜイエズス会は長崎で多くの信者を獲得できたのか?【半島をゆく 歴史解説編 西彼杵・島原半島3】

拾った猫の扱いや地域猫活動は法律的にどうなのか?|『ねこの法律とお金』

拾った猫をそのまま飼ったらどうなる?|『ねこの法律とお金』

ものぐさでもOK!後ろからでも前からでも履ける画期的スリッパ

死絵展・八代目市川団十郎安政元年(1854)頃①

有名人の訃報を知らせる錦絵|もっとも多く死絵の題材となったのは八代目市川団十郎【企画展「死絵 ~明るく笑ってさようなら~」】

【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

シニア住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライの通販「らくだ屋通信販売部」商品

けやきの茶入れ|山中漆器の工房から生まれた愉快な茶入れ

けやきの茶入れ

左から栗、柿、なす、ひょうたん、竹の子

石川県の伝統工芸である山中漆器は、安土桃山時代の天正年間(1573~92)に木地師(ろくろを挽いて器を作る職人)の集団が移住したことに始まる。江戸時代中期からは、漆塗りや蒔絵の技術が導入され、加賀・山中温泉は塗り物の産地として発展した。

ここに紹介する茶入れのシリーズは、長い工芸の歴史を引き継ぎながら「技を遊び心に」という製造元・浅田漆器工芸の思いから生まれたユーモラスな表情の器だ。題材は日本の山野に育つ果実や野菜などから選ばれ、欅の美しい木目を活かした茶器ができ上がった。木地挽きから塗りまで、同工房で一貫して作られている。

栗や柿といった自然が成す造形を、それぞれの特徴を活かしながら精緻な器に仕上げていくのは、木地師の腕の見せどころだ。ピタリと合わさった外蓋を取ると、見慣れた茶入れの姿が現れる。中蓋も一分の隙もなく器に吸い付き、湿気から茶葉を守る。

茶入れは「栗」「柿」「なす」「ひょうたん」「竹の子」の5種。それぞれにいわれがあり、新年の縁起物として選ぶのも楽しい。実用的であり、茶棚の中から出せばそのまま部屋の飾りにもなる。

けやきの茶入れ

葉っぱの形の茶さじが付属。煎茶は「栗」、ほうじ茶は「ひょうたん」といった具合に、茶葉の種類によって器の形を変えてみるのも楽しい。

【今日の逸品】
けやきの茶入れ

浅田漆器工芸(日本)
13,500円(消費税8%込み)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. この一体化した金属を外せ!脳活パズル『はずる』にハマる人続出
  2. ものぐさでもOK!後ろからでも前からでも履ける画期的スリッパ
  3. あおげば涼やか!日本の伝統を感じる本格的な麻のうちわ
  4. 夏の冷酒はこれでキリッとやりたい!ガラス製の角ちろりと酒杯
  5. ザ枯淡の美!縁をあえて朽ちた形状にした渋すぎる漆のけやき椀
PAGE TOP