新着記事

【ビジネスの極意】上司が部下の「やる気」に関わってはいけない理由 【ビジネスの極意】上司が部下の「やる気」に関わってはいけない理由 知っておきたい介護の基本 公的介護保険のしくみと利用できるサービス|知っておきたい介護の基本 ヒノキのぐい呑み|京都産ヒノキを厳選し職人が仕上げた香り高い酒器 うにの旨みと甘味を堪能「ヤマチュウ食品」の北海道産 粒うに【サライのお取り寄せ】 思わず涙ぐんでしまう懐かしのTVドラマ|面白かった80年代のTVドラマランキング 面白かった80年代のTVドラマランキング|第1位は、あの人気シリーズ! ベルエアーがたたずんでいる場は、まるでアメリカにいるよう錯覚させる。 【私のクルマ遍歴】自分のしたい仕事とクラシックカー『ベルエア』を追いかけて、走り回った50代(後編) 幾度ものレース中のクラッシュを乗り越え、スカイラインは走り続けました。 【私のクルマ遍歴】『ハコスカ』と共に目指したが、叶わなかったレースドライバーの夢(前編) 日本一は「岐阜都ホテル」の朝ごはんに決定! 「朝ごはん」がおいしい宿泊施設ランキング|日本一は「岐阜都ホテル」の「あゆ雑炊」に決定! 柔らかく濃厚な旨み!仙台の専門店「陣中」の牛タン塩麹熟成【サライのお取り寄せ】 【娘のきもち】今も家族との関係をつなぐカットの時間。あの時美容師をやめなくて本当によかった~その2~ 【娘のきもち】今も家族との関係をつなぐカットの時間。あの時美容師をやめなくて本当によかった~その2~

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 徳川園/名古屋市

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

通販

けやきの茶入れ|山中漆器の工房から生まれた愉快な茶入れ

けやきの茶入れ

左から栗、柿、なす、ひょうたん、竹の子

石川県の伝統工芸である山中漆器は、安土桃山時代の天正年間(1573~92)に木地師(ろくろを挽いて器を作る職人)の集団が移住したことに始まる。江戸時代中期からは、漆塗りや蒔絵の技術が導入され、加賀・山中温泉は塗り物の産地として発展した。

ここに紹介する茶入れのシリーズは、長い工芸の歴史を引き継ぎながら「技を遊び心に」という製造元・浅田漆器工芸の思いから生まれたユーモラスな表情の器だ。題材は日本の山野に育つ果実や野菜などから選ばれ、欅の美しい木目を活かした茶器ができ上がった。木地挽きから塗りまで、同工房で一貫して作られている。

栗や柿といった自然が成す造形を、それぞれの特徴を活かしながら精緻な器に仕上げていくのは、木地師の腕の見せどころだ。ピタリと合わさった外蓋を取ると、見慣れた茶入れの姿が現れる。中蓋も一分の隙もなく器に吸い付き、湿気から茶葉を守る。

茶入れは「栗」「柿」「なす」「ひょうたん」「竹の子」の5種。それぞれにいわれがあり、新年の縁起物として選ぶのも楽しい。実用的であり、茶棚の中から出せばそのまま部屋の飾りにもなる。

けやきの茶入れ

葉っぱの形の茶さじが付属。煎茶は「栗」、ほうじ茶は「ひょうたん」といった具合に、茶葉の種類によって器の形を変えてみるのも楽しい。

【今日の逸品】
けやきの茶入れ

浅田漆器工芸(日本)
13,500円(消費税8%込み)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ヒノキのぐい呑み|京都産ヒノキを厳選し職人が仕上げた香り高い酒器…
  2. はきやすく便利!大人気「らくあきパンツ」にコーデュロイ版登場
  3. 楽々ドクターサンダル|足裏の形を記憶し究極の履き心地を実現
  4. ダチョウの毛バタキ|軽く払えば埃がきれいに取れる天然素材のハタキ…
  5. けやきの大きなめん鉢と箸|麺が食べやすい山中漆器の薄く軽いめん鉢…
PAGE TOP