サライ.jp

TARUMI

『サライ』4月号の巻頭特集では、ローカル線に乗っての花見旅を提案しています。

車窓から、里山や山間に花開く桜を眺め、たどり着く先には、見事な名桜が待っている。全国から、そんな7コースを厳選しました。

さて、このなかのひとつ、岐阜県・樽見鉄道。
樽見鉄道の終点樽見駅で待っているのは、樹齢1500年といわれる、淡墨桜(うすずみざくら)です。
作家の宇野千代がその保護を求めて奔走したことでも知られ、継体天皇お手植えとの伝承もある天然記念物の江戸彼岸桜。

開花に合わせて、樽見鉄道は「うすずみ観桜号」を走らせます。
木知原駅、谷汲口駅、日当駅など、途中の各駅も桜で覆われる、観桜にぴったりの路線なのです(撮影/市川 傅)。

■『サライ』4月号の目次は、こちら
https://serai.jp/magazine/18589

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア