新着記事

飛騨高山の燻製工房「キュルノンチュエ」のソーセージ&パテ【サライのお取り寄せ】 修行コースに参加せず、境内で自主的に瞑想にチャレンジしても構わない。 タイの古刹「ワット・ラムプーン」で瞑想修行!|「歩く瞑想」「坐る瞑想」で心のクリーニング 【ビジネスの極意】モテる人は、なぜマネジメントがうまいのか? 【ビジネスの極意】モテる人は、なぜマネジメントがうまいのか? ヘルニア・狭窄症 ストレッチで改善する座った時の痛みやしびれ ヘルニア・狭窄症|ストレッチで改善する座っている時の痛みやしびれ【川口陽海の腰痛改善教室 第8回】 はきやすく便利!大人気「らくあきパンツ」にコーデュロイ版登場 昭和歌謡は終わらない 個性豊かな楽曲であふれていたあの時代|『昭和歌謡は終わらない』 【第82回人形町らくだ亭】1月29日開催/志ん生に捧ぐ孫弟子3人の競演会です ミゼットにブルーバード ミゼットにブルーバードに小松崎茂の原画も!|松戸郊外でみつけた懐かしヴィークルのワンダーランド『昭和の杜博物館』 東・西日本で異なる“おにぎり事情”|日本人なら皆んな知っている「おにぎり」ってどんな形? 東・西で形が違う?|日本人なら知っておきたい“おにぎり”の話 常備したい冬の定番「味の浜藤」のおでんセット【サライのお取り寄せ】

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 徳川園/名古屋市

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライプレミアム倶楽部

家呑みを楽しむ「現代の囲炉裏パーティー」に32名様をご招待

文/編集部

人と人との親密なコミュニケーションに欠かせないものといえば、食べることと飲むことだが、日本では昔から「囲炉裏(いろり)」がこの2つを演出してきた。日本の家には、いつも「囲炉裏」が中心にあった。

かつて囲炉裏の火を囲んで家族皆で鍋をつついたり、焼き物を楽しんでいた日本人は、今も同じように卓上で鍋を囲み、食事を楽しんでいる。囲炉裏が育んできた伝統と精神は、日本の食卓風景のひとつとして、いまも継承されているのだ。

そんな囲炉裏の果たしてきた役割を、今の暮らしに取り入れようと開発されたのが、パナソニックが提案する最新のキッチン空間『いろりダイニング』である。

「つくる」「食べる」が一体化した「いろりダイニング」(ラウ ンドアクセス テーブルプラン/ガラステーブルタイプ)。希望 小売価格約391万円〜(キッチン部/施工費別)。

IHと一体になったキッチンカウンターをもつ、これまでにないキッチンシステムは、人が集まり会話が弾む、その名のとおりの「現代の囲炉裏」だ。

縦方向に長いIHの加熱エリア。左右が作業・テーブルエリア。操作部は両側にあり、対面で使える。

このたびサライでは、この『いろりダイニング』を囲んで、料理を作りながら選りすぐりの日本酒を味わうという家呑みパーティー体験イベントを開催します

※日本酒の銘柄はイメージです。

場所は都内某所。『いろりダイニング』を備えた空間で、料理研究家の尾田衣子さん、銘酒販売店『籠屋 秋元商店』のスタッフ、そしてサライ編集長・小坂を交えた三つどもえの美味・美酒トークとともに、美味しい料理とお酒をお楽しみいただきたい。

開催は3月10日(土)、参加費は無料。読者諸氏の気軽なご応募をお待ちしております

【イベント開催日時】
2018年3月10日(土)
■1回目:14時~16時
■2回目:18時~20時(予定)
※時間は変更になる場合がございます。

【場所】
東京都世田谷区の某所。二子玉川駅徒歩圏内を予定しています(当選者へは招待状に場所詳細を記載します)。本イベントではアルコール類をご提供しますため、お車でのご来場はご遠慮ください。

【ご招待人数】
各回8組16名様、合計16組32名様をご招待します。ご夫婦 もしくは パートナーと2名ひと組でご参加ください。参加費は無料です。

【応募方法】
応募フォームはこちらから

【締め切り】
応募締切は2月28日(水)いっぱいです。当選された方には、3月5日(月)までにご参加確認のお電話をさせていただきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【第82回人形町らくだ亭】1月29日開催/志ん生に捧ぐ孫弟子3人…
  2. 新国立劇場「カルメン」2017年公演より 撮影:寺司正彦 人気のオペラ『カルメン』|メトロポリタン歌劇場やパリ・オペラ座で…
  3. カタログギフト1万円相当が当たる!サライ11月号「住宅特集」アン…
  4. 【第81回人形町らくだ亭】11月26日開催/古今亭志ん輔が『お若…
  5. ラテン・ジャズ界のスーパー・トランぺッター、アルトゥーロ・サンド…
PAGE TOP