新着記事

作家・田中英光が自殺前に遺書を書いた太宰治の本【文士の逸品No.29】

◎No.29:田中英光の本文/矢島裕紀彦東京・駒場の日本近代文学館に蔵される…

『半分、青い。』ロケ地の“昭和レトロの町”で話題! 岐阜県“東美濃”へ出かけませんか?【シリーズ東美濃の魅力その3】[PR]

素朴な味わいで「うんま!」(うまい!)と人気を集める五平餅や、日本三大山城に数えられる岩村城などがあ…

【夕刊サライ/パラダイス山元】デンマーク:ヨーロッパ大陸最北端の岬で“餃子石”を拾い集める(パラダイス山元の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

おいしさ倍増!覚えておきたいビールの「ペアリング」3つのコツ

文/鈴木拓也ワインと相性のいい料理を組み合わせる「ペアリング」(マリアージュとも)が…

一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のアナログ日誌 第20回】

文・絵/牧野良幸ずっと「箱買い」が止まらない。「箱買い」とは箱入りのアナログ…

【夕刊サライ/横山剣】「BMW2002」 過ぎ去った“彼女”と“あのときの想い出”をもう一度(横山剣のクルマコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

意外な由来!「江戸前」という言葉はウナギから生まれた【食いしん坊の作法 第6回】

文/山本益博「江戸前のにぎりずし」という言葉が人口に膾炙されていて、「江戸前」という…

2日目《苫小牧から札幌へ》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

【夕刊サライ/川合俊一】ニューヨークへ、画家リロイ・ニーマンに会いに行く!(後編)(川合俊一の暮らし・家計コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

日本のそば発祥の地!滋賀県伊吹のそばと湖東の酒蔵をめぐる

取材・文/わたなべあや滋賀県は、県の真ん中に位置する琵琶湖を中心に東西南北4つの地域に分かれ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

エレコムのカメラバックパック「off toco」を編集長が試してみた《プレゼントあり》

取材・文/小坂眞吾(サライ編集長)

レンズは単焦点に限る。そう決めたのは子供が生まれた頃だからもう20年以上前、コンタックスのG1とプラナー45mmを使い始めてからだ。その後、一眼レフのコンタックス(いわゆる「ヤシコン」)に乗り換えて、大きくて重い交換レンズが増えた。

デジタルになってもこのレンズ資産を活用したくて、マイクロフォーサーズ、APS-Cと、ボディを買い換えるたびにマウントアダプターを買い直した。

しかし、マイクロフォーサーズもAPS-Cも35ミリフォーマットに比べてイメージサークルが小さいから、レンズの周辺部分は結像せず、画角が狭くなってしまう。大枚はたいて(中古だけど)買ったディスタゴン18mmが、マイクロフォーサーズで撮影すると、36mm相当というありきたりのレンズになってしまうのだ。これでは面白くない。

それで1年前、ボディ3台とレンズ4本を売って、さらにお金を足して、35mmフルサイズフォーマットの「α7Ⅱ」を手に入れた。液晶ファインダーが見やすく、ボディ内手ぶれ補正が効くので、ピントがすこぶる合わせやすい。私の使うのはオートフォーカスが効かないレンズばかりだから、これがすごく快適なのだ。

おかげでフィルム時代に戻ったように撮影が楽しくなったのだが、楽しすぎて、α7ユーザーお約束の「オールドレンズ沼」にはまり、一度は減らしたレンズの本数が、リバウンドで前より増えてしまった。

レンズが増えたのはまあいいとして、どう生かすかが問題だ。

最近はプライベートな旅がほとんどできないので、撮影の機会といえばたまの出張か、犬の散歩くらい。そのたびにレンズを2本だけ選んで持っていくことにしているが、いざ撮影の段になると、もっと長いの持って来ればよかった、とか、中間の50mmが欲しい、とか後悔することになる。

あくまでも「ついで」の撮影だから、本格的なカメラバッグまでは必要ないが、小型ミラーレス機に特化したポーチのようなバッグでは役に立たない。交換レンズが数本入って、しかもカメラバッグっぽく見えないものが欲しい。

……というわけで、エレコムのカメラバックパック「“off toco”DGB-S038BK」を犬の散歩で試してみた。

エレコムの「”off toco”DGB-S038BK」

■レンズ持ちにはうれしいカメラバッグ

“off toco”シリーズは、カメラ機材とその他の荷物を分ける2気室のバックパックで、カメラを入れない時は仕切りを開放して1気室で使える「2スタイル」が特徴だ。

その主なスペックは製品のホームページを見ていただくとして、ここでは個人的な使い勝手と感想を記しておく。

品番038はMサイズなので、大きさは街中でビジネスマンが背負うバックパックと変わらない。外側の布地はキャンバス地のようなざらっとした手触り。ハイグレードモデルにふさわしく、所有する喜びが味わえる。カラーは「ブラック」だが、真っ黒ではなく、つや消しのチャコールグレーといった感じで、タウンユースにもよく似合う。

下の気室(左上)にすっぽり入る機材ケース(右上)とその中身(手前)。左から、ソニーα7IIとペンタックスSMCタクマー24mm(M42マウントアダプター付き)、ヤシコンプラナー100mm、東独ツァイスイエナパンコラー50mm、同フレクトゴン35mm。ボディとタクマーを首から下げれば、長玉のヤシコンゾナー180mmも入る。

2気室の下のほうがカメラ専用で、ここにすっぽり収まる緩衝材入りのケースが付属。このケースに機材一式を収納して下の気室に収めれば撮影準備完了だ。

このとき、ケース左右両側のジッパーを全開にしてフタを折り返し、機材が露出した状態で収納するのがコツ。収納したら、パック両側の開口部のジッパーを閉めてフタをする。こうすれば、パックのフタを開けるだけで機材にアクセスできる。

フタを開閉するジッパーはタテに2本あるのだが、つまみ同士をハンドルでつないであり、ハンドルを引くだけで2本のジッパーが同時に開き、フタが開く。ほぼ1アクションで、ストレスがない。

5枚の仕切り板はレイアウト自在。このようにぴったり収納できるので、移動中に機材が暴れず、精神衛生にすこぶる良い。

ケースには大小の仕切り板が5枚付属し、収納する機材に合わせて固定できる。

せっかくだから、重すぎて普段は絶対に持ち歩かないヤシコンのマクロプラナー100mm(実測739g)を入れてみる。他にペンタックスSMCタクマーの24mm、東独ツァイスの35mmと50mm。(Gプラナーから20年来の信者ゆえ、どうしてもツァイスが多くなる。)加えてα7Ⅱのボディと、M42マウントのアダプター。

仕切り板の位置が自由だから、これだけ入れても機材同士がぶつかって傷つく心配がない。ヤシコンマウントのアダプターだけはどうしても入らないので、上の気室の内ポケットに。機材の総重量は2.3kgを超える。

上の気室やポケットには、犬のウンチを入れるビニール袋、オシッコを流すペットボトルの水(500cc)、念のための財布、家の鍵、スマホ、この一連のレポートを撮影するための小型ミラーレス一眼等々。まだ余裕があるので、ヤシコンゾナーの180mm(実測827g)も突っ込んでおいた。

ボディをケースに入れず、首から下げる前提なら、このゾナー180mmもケースに収納できる。

外側のストラップに小型三脚を固定して、フル装備状態の「DGB-S038」。つや消しのざらっとした生地がハイグレードモデルらしい。底面だけ生地が異なり、多少湿った地面にも気兼ねなく置ける。

さらに、今回は自撮りの必要があるので、三脚を付属のストラップでパック側面に固定。

パックの重さ(1485g)も含めると、7kg前後になる。今まででもっとも大げさな犬の散歩となった。

背面のポケットにはA4の書類がすっぽり。当然、サライもすっぽり入る。上の気室には、最大サイズの長財布がタテに入る。内ポケットも多数。内貼りがオレンジ色で見やすく、欲しいものがすぐ取り出せる。

パックを背負ってみるとしかし、嘘のように軽い。背中に当たるパッドがよくできていて、背中のカーブに密着する。体とパックが一体で動くので、歩いていても体が左右に振られず、重さが気にならないのだ。

その昔、キャンプ道具と釣り道具一式を背負ってバックパッカーしていた私の、正直な感想である。

背面パッドはしなやかで通気性もあり、とても快適。中央のストラップは、キャリーケースのハンドルに通して固定するためのもの。

10分ほど歩いて川の土手でパックを下ろし、機材のケースを引っ張り出して撮影開始。いつもは広角から標準域までのレンズしか持ち歩かないが、今日は100mm、180mmがある。土手の花から野鳥まで、普段とは全く違う写真が撮れた。

東京に降った大雪が溶けるのを待ちかねて咲き始めたオオイヌノフグリ。まだまだ寒いけど、もうすぐ春ですね。ペンタックスSMCタクマー24mm、絞り優先f16、水平のみ補正トリミング。

いつも川にいるコサギ。普段は眺めるだけで、カメラを向けることはない。ヤシコンゾナー180mm、絞り優先f5.6、ノートリミング。

買い集めたまま不良在庫化していたレンズも、これからは活躍してくれそうだ。

このバックパック、デジタル一眼用とのことだが、本来想定しているのはAPS-Cまでのコンパクトなデジ一と純正のズームレンズ数本だろう。今回のような、フルサイズフォーマットと単焦点レンズ多数、という使い方は想定外のはずだが、にもかかわらずこちらの期待にきちんと応えてくれた。

三脚とコンパクト一眼で自撮り。「038」はMサイズで程よい大きさだ。

今回のレポートに付き合ってくれた我が家の犬。今までは標準域のレンズばかりだったが、やっぱり長めの玉はポートレートに良いですね。体は白いのに顔が黒っぽくて沈みがちなので、露出補正でハイキーに。ヤシコンマクロプラナー100mm、絞り優先f4、露出+3分の2、ノートリミング。このレンズ、今までは庭の花専用だったけど、これからは散歩にも持ち歩きます。

今回試用した「038」はMサイズなので、上の気室の容量は限られる。荷物をこれ一つとする場合、日帰り出張なら問題ないが、着替えが必要な泊りがけの出張は難しい。一回り大きなLサイズの「037」にするか、キャリーケースとの併用がおすすめだ。「038」は背中のパッドにストラップが渡してあり、キャリーケースの持ち手に通してストレスなく運ぶことができる。

マクロプラナーよりさらに長い180mmで撮ったオマケ。生後2か月で我が家にやってきたこの子ももう6歳。いつまで一緒に暮らせるのかな、とちょっと切なくなった一枚。ヤシコンゾナー180mm、絞り優先f5.6、ノートリミング。

取材・文/小坂眞吾(サライ編集長)

【プレゼントのお知らせ】
編集長の小坂が使ってみたのと同じ、エレコムの2STYLEカメラバックパック“off toco”(DGB-S038BK)を計3名様にプレゼントします。応募フォームはこちらです。(※締め切りは2018年2月26日まで。ご応募には「小学館ID」でのログインが必要となります)

DGB-S038はブラック、グレー、ネイビーの3色展開。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 寒さに見合う至高の一枚を!「純白の雪景色」を上手に撮影する3つの…
  2. 撮影者の腕が問われる!難しい被写体「秋の空」を上手に撮影するコツ…
  3. 累計生産本数なんと1億本突破!世界で支持される「NIKKOR」レ…
  4. 夏らしい写真を撮る秘訣は「影」にあり!ニコンカレッジ講師が教える…
PAGE TOP