新着記事

カビ専門家に聞く「梅雨時期のカビ対策」3つのポイント

朝倉館跡空撮。

「お屋形さま」と呼ばれていた朝倉義景。室町時代後期の「大名屋形」を知れば『麒麟がくる』をもっと楽しめる【麒麟がくる 満喫リポート】

エアコンの故障は冷房の使い始めに起きている! 今年の猛暑を快適に過ごすために今すべきこと

誰でも簡単腰痛改善ストレッチ!ろっ骨ほぐしで腰痛改善【川口陽海の腰痛改善教室 第42回】

誰でも簡単にできるストレッチ「ろっ骨ほぐし」で腰痛改善【川口陽海の腰痛改善教室 第42回】

趙雲~「全身これ胆」の名将【中国歴史夜話 12】

趙雲~「全身これ胆」の名将【中国歴史夜話 12】

クリップオン偏光サングラス|日常使いのメガネがそのまま高機能サングラスに

南部以外ではなかなかお目にかかれないグリッツ。これはインスタント商品

『ザリガニの鳴くところ』のトウモロコシ粥(グリッツ)ってどんな味?【物語のアメリカ料理】

【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった結婚生活。親を過剰に心配しすぎる娘の成長過程~その2~

【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった結婚生活。親を過剰に心配しすぎる娘の成長過程~その1~

右側は煮溶かしたばかりのため、サラサラで飲みやすい。 左側は、冷めてかたまってからカットしたもの。プリッとしてボリュームがある。

おこもり生活で便秘が気になるなら、水溶性食物繊維たっぷりスープを!「あったか寒天スープ」でウィルス対策!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

編集部からのお知らせ

サライ2015年10月号|特集は「京都」と「旨い米」別冊付録は「京都の美味処」と大判「京都詳細地図」です

サライ10月号表紙

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今月号の大特集はサライ恒例の「京都」。ひと足早く、古都の紅葉と歴史を巡る旅を提案します。

第1部では、書家の石川九楊さん、随筆家の麻生圭子さんほか、京都ゆかりの通人が推薦する紅葉名所を美しい写真とともに紹介しています。花背、常照寺、興聖寺など、知る人ぞ知る錦繍の絶景をお楽しみください。
第2部は「京都 時間旅行のすすめ」と題し、40ページ以上にわたって古都の歴史散歩にふさわしい寺社・旧跡を取り上げています。1200年の長い歴史を持つ京都は、時代ごとの文化が何層にも積み重なり、町を歩けばその文化遺産に至るところで出逢うことができます。今回は「平安遷都」「武家と禅」「豊臣秀吉」などのテーマに沿って、京の文化に大きな影響を与えた5つの画期を巡る旅へと専門家が誘います。

京都を大特集している今号は、古都の美味処を案内する『完全保存版 世界遺産の真髄を味わう34店』を別冊付録にしています。2013年、ユネスコ世界無形文化遺産に登録された和食の発展を牽引してきた京都。料亭、割烹、精進料理、おばんざい、弁当、和菓子の6分野、計34軒を紹介します。伝統と信頼の老舗から、話題の新進店まで、京都の食の真価を実感できる食事処が携帯にも便利な小冊子にまとめました。お気に入りの店がきっと見つかるはずです。
さらに、携帯に便利な折りたたみ式の「京都詳細地図」も付録に用意しました。開くと56cmの横長サイズで、文字が大きく、大変見やすい地図です。古都散策のお供にぜひご活用ください。

このほか『サライ』10月号では、特集「今年こそ旨い米が食べたい」と題し、米の品種から農法、ご飯の美味しい炊き方、最新の炊飯器まで案内しています。
いまや一般のスーパーにも「つや姫」「ゆめぴりか」といった、希少だが非常に美味しいと評判の新品種米が手ごろな価格で売られています。各県が開発を続ける新品種米は、開発開始からデビューまで最低でも8年以上かかるといわれ、中には20年の歳月をかけて育てる品種もあるそうです。
今回、注目の新品種米を紹介していただいた、五ツ星お米マイスターで米穀店『スズノブ』店主の西島豊造さんは、「地方などに旅行して、見知らぬ新品種米を見かけたら必ず購入してみる」そうです。新品種米との出会いは、いわば一期一会。道の駅や、旅行先のスーパーで、お米のコーナーをちょっと覗いてみると、新しい出会いがあるかもしれません。

「京都」と「旨い米」を特集し、付録に「京都 和の美味処」と大判の「京都詳細地図」が付いた『サライ』10月号。書店などで手にとってお確かめください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 観光 旅好きが選ぶ! 「日本人に人気の無料観光スポット 2019」トッ…
  2. 東寺 暮らすように楽しむ、京都の朝と夜[PR]
  3. 寝室のベッドマットレスはシーリー社の特別注文品だ。朝食用に老舗『八代目儀兵衛』の米、『柳桜園茶舗』のほうじ茶が備わる。 いま泊まるべき京の宿9軒
  4. 華やかでシンプルな器 【陶磁器の街を訪ねて】清水寺参道でうつわ巡り|茶わん坂・五条坂で…
  5. 青もみじ 令和元年に訪れたい「もうひとつの京都」【令和ゆかりの神社・青もみ…
PAGE TOP