新着記事

専門家と歩く江戸城特別ツアー、江戸時代の幻の菓子に参加者驚く!

家康が作った江戸城をCGで完全再現したサライ・ムック『サライの江戸 江戸城と大奥』の発売にあ…

ほとんどの日本人が知らない「老眼」最新治療トレーニング

文/鈴木拓也多くの人が40~50代にかけて老眼にかかる。そして、大半の人は「年だから…

シチリア料理の定番中の定番!本格「イワシのパスタ」の作り方

取材・文/わたなべあやイタリア南部、地中海に囲まれたシチリア島。オリーブオイルやワイ…

ダイナミックすぎる『オメガパーク』で体重約1トンの巨大野生動物に出会う

文・写真/藤木 香(カナダ在住ライター)いつかこの目で本物のカリブー(トナカイ)を見…

キリシタン大名・高山右近と加賀前田家との意外な深イイ関係とは【にっぽん歴史夜話5】

 文/砂原浩太朗(小説家)キリシタン大名として著名な高山右近(たかやま・うこん、1552~1…

【夕刊サライ/福澤朗】カレーに合う日本酒!? 知る人ぞ知る「貴醸酒」に脱帽(福澤朗の美味・料理コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

軽症うつ病の治療にも効果的な「不眠解消」の具体的方法【名医に聞く健康の秘訣】

取材・文/わたなべあや人生、どうしても壁にぶち当たることがあります。離婚や介護、過労…

白洲次郎夫妻の旧邸「武相荘」を味わい尽くす写真イベント《Art of Life(日常の美)》

終戦直後、GHQとの折衝を担った実業家・白洲次郎と、日本の美意識を探究しつづけた稀代の随筆家…

【夕刊サライ/パラダイス山元】突き抜けた、極端なことだらけの生まれ故郷への旅(パラダイス山元の旅行コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食いしん坊の作法 第5回】

文/山本益博「フランス料理が苦手です」という方に、その理由を聞くと、一昔前は、食事の…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

本誌情報

サライ11月号の付録は『アクアスキュータム』の手帳です

まもなく発売となる『サライ』11月号には、特別付録として、英国の老舗服飾ブランド『アクアスキュータム』監修の『サライ』スケジュール手帳が付いてきます。昨年も大好評だった手帳の2018年版です。

アクアスキュータムは、1851年イギリス・ロンドンで創業。ラテン語の「aqua」(水)と「scutum」(盾) を組み合わせた造語「Aquascutum」をブランドに冠した防水コートで、世界的な評価を受け、現在に至るまで166年の歴史を誇ります。

表紙を開いた見返し部分には、アクアスキュータムのトレンチコートの裏地にも使用されている伝統的なチェック模様を配しました。

手帳の中面には、予定を書き込みやすい月別カレンダーのほか、メモやスケッチに便利な方眼メモ欄をたっぷりと用意。

慶弔の心得、手紙文のマナー、俳句の季語など「暮らしのマナー帖」も収録しており、日々のお供として大変便利な手帳です。

巻末には、あると便利な「年齢・邦歴・西暦 早見表」も付いています。

上質な装いにもよく似合う手触りのよいカバーを備えていて、胸ポケットからさっと取り出して使えば、さりげなく男の品格も上げてくれそうです。

アクアスキュータム/ジャケット8万5000円、シャツ2万3000円、ベスト2万8000円 eレナウン プレスポート 電話:03・4521・8190(撮影/植野製作所 スタイリング/堀けいこ)

そんな大人に似合う『アクアスキュータム』のスケジュール手帳、『サライ』11月号にもれなくついてます。お求め逃しのなきように……。

※『サライ』11月号は10月10日(火)発売予定です。大特集は「北斎を見よ」、特集は「奈良〈古代史〉の旅」と生活特集「老眼と賢くつきあう」です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 会心の出来映え!サライ1月号の特別付録は「北斎ブルー」の万年筆で…
  2. 北斎が愛した独特の青色「北斎ブルー」誕生の秘密とは
  3. 【朝めし自慢】澤田隆治さん(メディアプロデューサー)「野菜たっぷ…
  4. 洲崎パラダイス 赤信号|場末の特飲街に暮らす浮草のような男女【サ…
  5. 意外と行きやすい!絶海の孤島イースター島にモアイ像を見に行く[P…
PAGE TOP