新着記事

【ビジネスの極意】社長がトッププレイヤーであってはいけない理由

【ビジネスの極意】社長がトッププレイヤーであってはいけない理由

スカイポイントからゴールドコーストを一望

ブリスベンとゴールドコースト、そしてウルルを巡る旅【ゴールドコースト編】

危険なドライバーの行為

愛犬を乗せて運転する人の危険な行為【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

「令和」の宴をともにした二人の万葉歌人~大伴旅人と山上憶良にっぽん歴史夜話16】

「令和」の宴をともにした二人の万葉歌人~大伴旅人と山上憶良【にっぽん歴史夜話16】

秦始皇兵馬俑博物館に立つ始皇帝像(秦始皇彫像)

始皇帝の「キングダム」への想いを偲ぶ|「世界三大墳墓」秦始皇帝陵を囲む城壁跡を歩く(西安)

多彩な情報が詰まった焼酎の魅力が伝わる入門書|『本格焼酎マニアックBOOK』

焼酎について、どれぐらいのことを知っていますか?|『本格焼酎マニアックBOOK』

【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けてくれたのは家族の危機だった~その2~

【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けたのは家族の危機だった~その2~

【娘のきもち】家族仲はよくていつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって~その1~

【娘のきもち】家族仲は良く、いつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって……~その1~

榎本武揚ら旧幕府軍が拠点とした五稜郭

戊辰戦争は「近代的な新政府軍vs古臭い旧幕府軍」ではなかった!【検証 「徳川近代」 原田伊織氏インタビュー4】

重文「無学祖元坐像」鎌倉時代 円覚寺

師の息遣いをも伝える、頂相(ちんそう)彫刻に注目! 【円覚寺の至宝 鎌倉禅林の美】展

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

シニア住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

命名に込められた泣けるエピソード!命を救われた「保護猫」たちの肖像3

「空前の猫ブーム」といわれる今だからこそ、外で過酷な生活を送る野良猫たちの「猫生」にも思いを馳せて欲しい――。年々減ってきているとはいえ、まだまだたくさんの猫たちが「殺処分」という悲しい最期を迎えなければならない状況にいます。

保護されることも、家族に迎えられることもなければ、名前もなく、人知れずこの世からいなくなっていく小さな命たち。「全てのにゃんこに幸せを」のメッセージを送る『ありがとう!わさびちゃん』のツイッターアカウントでは、新たな家族に保護された「保護猫」の名前の由来を募集しました。

今回は、応募頂いた保護猫たちのエピソードの第3弾です。(第1弾はこちら、第2弾はこちら

■葉月(推定7歳、メス)、紫苑(推定5歳、メス)

しーちゃんこと紫苑(左)とはーちゃんこと葉月の八割れシスターズ。

しーちゃんこと紫苑(左)とはーちゃんこと葉月の八割れシスターズ。

白黒バイカラーの葉月(はづき)、愛称「はーちゃん」は、7年前、当時勤めていた園芸店で保護しました。

園芸店のプラスティック製の鉢が並ぶ棚の奥の方で、子猫の鳴き声が。生後1か月くらいの子猫が2匹鳴いているのを見つけました。

よくよく探してみると、他の場所にも2匹。お母さん猫がどこからか運んできたのでしょうか。でも、お母さん猫の姿は見当たらなかったため、猫好きの店長が計4匹の子猫を保護してくれました。

子猫の飼い主さんを探すことになり、私も名乗りをあげました。すぐに主人と娘たちに子猫の画像をメールして、「飼ってもいい?」と聞きましたが、家族の返信も待たず、「連れて帰ります」と送信、そのまま子猫をお迎えしたのです。保護したのは8月だったため、8月の別称である葉月と名付けました。

はーちゃんを保護した2年後のことです。やはり同じ園芸店でもう1匹の子猫を保護しました。初めて見た時には既に生後半年くらいの大きさだったと思います。どこからともなくやってきて、居ついてしまったサバトラの子猫でした。

当時、園芸店には看板猫がいました。はーちゃんを保護した1年前に、店長が保護して店で飼っていたのですが、その子猫は店の看板猫のご飯を分けてもらったり、一緒に遊んだりしていました。

12月も後半になると、子猫のご飯をどうするかが、店員たちの間で話題になりました。お店が年末年始にお休みし、店長も看板猫を家に連れて行くため、子猫にご飯をあげられなくなってしまうと、みんなで悩んでいました。

看板猫にはよくなついていましたが、人にはまだ警戒心を持っている様子だった子猫。保護するのは難しいかもしれない、と思っていました。下手に捕まえようとして、逃げてしまってもう戻ってこなかったら、子猫の居場所がなくなってしまったら、と思うと、心配だったのです。

でも、子猫は徐々に慣れてきたのか、事務所の中にそろーり、そろりと入ってくるようになりました。それで、「もし年末までに保護できたら、私が連れ帰ります!」と宣言。いよいよ年の瀬も迫る12月29日のこと。その日も子猫が事務所に入ってきたところを、みんなで捕獲することができました。

園芸店のみんなからは、「はーちゃんが8月保護で葉月だから、その流れからこの子猫は師走(しわす)やろ」といわれていたのですが、子猫の名前に師走ってなんか違う、と思ってしまいました。でも、「しーちゃん」という呼び方はいいなと思っていたので、音からの連想で考えて、花の名前でもある「紫苑(しおん)」と名付けました。人慣れするのにちょっと時間のかかったしーちゃんは、今も抱っこが苦手の怖がり屋さんです。

(ツイッターアカウント名:悟空@karin_yu)

ページ:

1

2 3 4 5 6

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 拾った猫の扱いや地域猫活動は法律的にどうなのか?|『ねこの法律とお金』 拾った猫をそのまま飼ったらどうなる?|『ねこの法律とお金』
  2. 小淵沢町(現・北杜市)、山梨県 (C) Mitsuaki Iwago にゃんともカワイイ!! にゃんだか癒される!! 猫の写真がいっぱ…
  3. 歌川国芳「たとゑ尽の内」個人蔵 猫、猫、猫。江戸時代の「猫ブーム」を垣間見る【特別展 いつだって…
  4. 人気の高い猫の種類は?|3位はアメリカンショートヘアー、2位は 日本猫 、1位は? 【猫の国勢調査2019】結果発表! 【猫の国勢調査2019】人気の高い猫の種類は?|3位はアメリカン…
  5. 「ヤフオク!」で検索された「猫」を含むキーワードランキング 夏目漱石の小説「吾輩は猫である」初版本(明治40年発行)は12万…
PAGE TOP