新着記事

姫革細工の長財布|華やかさと気品を添える、和モダン柄の美しい財布

コリン・フェルナンド、世話好きの配管工の彼の愛車は、1929年生まれのFORDだ

1929年生まれのFORDが愛車!|ニュージーランドはクラッシックカーを愛す

緑内障の要介護者、半数は自覚症状が出てから診断

中途失明の原因1位「緑内障」|約5割が「見え方の異常」から眼科受診で判明

今のうちに足元を固め、できることを始めよう|資産を運用する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

老後の資金を増やす!|リスクを考えながら資産を運用するポイント【今からはじめるリタイアメントプランニング】

富士山ナイフ ―Fuji Knife―|意匠と機能が見事に融合したジャパニーズナイフの逸品

『サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー) 演奏:サラ・ヴォーン(ヴォーカル)、クリフォード・ブラウン(トランペット)、ハービー・マン(フルート)、ポール・クイニシェット(テナー・サックス)、ジミー・ジョーンズ(ピアノ)、ジョー・ベンジャミン(ベース)ロイ・ヘインズ(ドラムス)、アーニー・ウィルキンス(指揮) 録音:1954年12月18日

「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか?〜「別テイク」の正しい聴き方(3)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道20】

35%の人が旅行先でケガや病気をした経験がある一方で、「病院の場所を事前に確認する」のは13人に1人だけ!現地治療費の最高額は「500万円」!!

現地治療費の最高額は「500万円」!|3人に1人が旅行先でケガや病気をした経験がある

定年後のお金の不安を解消する3つの答え|『「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法』

老後の不安を解消する3つの答え|「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法

村松時計店の銀製時計|新天皇陛下と令和に捧げる、時代を超えた純銀時計

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」で減塩に挑戦

【管理栄養士が教える減塩レシピ】これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」の作り方

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

夏のジャケット、生地と仕立ての選び方【銀座 老舗仕立て屋の着こなし講座9】

春夏物の生地(サマーウーステッド)で仕立てたジャケット。中は「大見返し」(後述)という仕立て方になっている。

盛夏用の生地(ウール&リネン)で仕立てたジャケット。中は「大見返し」(後述)という仕立て方になっている。

今年も「クールビズ」の期間が始まって1か月がたちました。日経新聞の4月29日朝刊によると、「最近はより軽装な『スーパークールビズ』に人気が流れていたが、今年は百貨店各社が素材や機能にこだわったジャケットや上下のスーツなど、きっちり感の高い商品を目玉に据えている」そうです。

たとえば髙島屋では、イタリア人が夏でもきちんとジャケットを着ていることにバイヤーが気づき、「美濃和紙を使った、軽く吸汗・速乾性に優れたジャケット」を目玉として売り出しました。その後、日経新聞5月21日朝刊が「クールビズ かっちり派復権」と題して、この夏商戦ではジャケットの販売が好調であることを報じています。

身内の話で恐縮ですが、私の息子はローマの官庁街に店を構えるルイージ・ガッロ氏のサルトリアで3年ほど修業していました。その間、ガッロ氏を訪ねるたびに感じたことは、“イタリアのエリート達の服装が思った以上に地味でシックである”ということです。

つまりイタリアでは、日本のファッション情報誌に載っているような“ちょい悪オヤジ”はあまり見かけないのです。かわりに、ネイビーブルーやチャコールグレーの無地やクラシックな柄物で、中には(私たち洋服屋が見れば)見るからに注文服とわかるような仕立の良い服を着ている人たちにたびたび出会います。

また、数年前の夏にガッロ氏を訪問した時は、連日37℃を超える猛暑が続いていましたが、そんな中でも彼らはきちんとネクタイを締め、スーツに身を包んでいました。ローマのオフィスはいまだにクーラーの普及率は日本とは比べものにならないくらい低いにもかかわらず、彼らには“クールビズ”などという発想は全くありません。

その理由をガッロ氏はこう説明してくれました。

「イタリアでもスーツを着用する人の比率はどんどん下がっています。スーツを着なくてもいい職業の人々は、全くスーツを着なくなってしまった。ただし、スーツを着なければならない立場の人達は、その職業に就き、その地位にいることに大きな誇りを持っています。どのような時でもスーツを着ることで、自らの地位の象徴にしているし、仕立のよい上質なスーツを着ることに誇りを感じているのです」

常々、日本のクールビズのあり方に疑問を持っていた私としては、我が意を得たり、という思いでした。

進化し続けている、夏向けの洋服生地

本連載では、ビジネスシーンよりも、オフタイムの装いを中心に話を進めていますが、夏のオフタイムとはいえ、ちょっと改まった場所ではジャケットが必要です。

では、夏にふさわしいジャケットとはどういうものでしょうか?

ページ:

1

2 3

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. GINZA SIXで手に入る!ブランドを代表するホワイトデーグルメ 「GINZA SIX」で手に入る!ブランドを代表するホワイトデー…
  2. 銀座発! フルーツの進化系スイーツ 最新スイーツは高級デパ地下で!|「GINZA SIX」発! 「フ…
  3. 全国の「社長さん」に聞きました!着ている服の総額はいくら?
  4. 全国の「社長さん」に聞きました!あなたがつけている時計のブランド…
  5. 進化する美食の街「銀座」を徹底取材『美味サライTOKYO』発売中…
PAGE TOP