新着記事

富士山ぐい呑み|職人技で磨き込まれた富士山シルエットの酒器

金属加工の本場、新潟県燕市から届いた、ぐい呑みセット。錆びにくく熱に強い「18‐8ステンレス…

超合金魂|「超電磁マシーン ボルテスⅤ」「無敵鋼人ダイターン3」「闘将ダイモス」が新シリーズでついに登場!

文/安藤政弘ダイキャスト(亜鉛合金)を使った手にずっしりくる重量感、テレビから抜け出たかのよ…

豊臣秀吉の正室・北政所の謎を追う【にっぽん歴史夜話 7】

 文/砂原浩太朗(小説家)豊臣秀吉の正室・北政所(きたのまんどころ)。戦国女性のなか…

「太宰治記念館 斜陽館」と「太宰治疎開の家」 太宰治ゆかりの2大名所

写真・文/鈴木拓也奥津軽のJR五所川原駅で、1両編成の津軽鉄道に乗り換えて約20分。吉幾三に…

たてスラブ作務衣|肌ざわりよくサラリとした着心地の伝統ウェア

動きやすく体を締め付けず、作業着から部屋着まで万能に使えることから、サライ世代に人気の作務衣…

「糖質制限」は体を壊す?医学的見地から見た効果と副作用

文/中村康宏近年、ダイエットや糖尿病の治療法として「ケトジェニック・ダイエット」が注…

三菱/エクリプス クロス|ブランド復活を狙った、斬新な意匠が評判の高性能な小型SUV【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)荒地などでの走行性能に優れた車づくりに定評のある三菱自動車…

世界最大の陸の孤島!映画「フィツカラルド」誕生の地、ペルー・イキトス

文・写真/原田慶子(海外書き人クラブ/ペルー在住ライター)ドイツの巨匠ヴェルナー・ヘルツ…

かつのう3点セット|シンプルで奥深い木製パズルで脳を刺激

「かつのう」とは、脳へ適度な刺激を与えながら楽しく取り組めるパズルシリーズの名称だ。その中か…

【インタビュー】渡辺京二(思想史家・87歳)「イデオロギーは矛盾だらけ。だから歴史を学び直し人間の真実を追究するのです」

【サライ・インタビュー】渡辺京二さん(わたなべ・きょうじ、思想史家)――日本の近代論や思…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

夏のジャケット、生地と仕立ての選び方【銀座 老舗仕立て屋の着こなし講座9】

春夏物の生地(サマーウーステッド)で仕立てたジャケット。中は「大見返し」(後述)という仕立て方になっている。

盛夏用の生地(ウール&リネン)で仕立てたジャケット。中は「大見返し」(後述)という仕立て方になっている。

今年も「クールビズ」の期間が始まって1か月がたちました。日経新聞の4月29日朝刊によると、「最近はより軽装な『スーパークールビズ』に人気が流れていたが、今年は百貨店各社が素材や機能にこだわったジャケットや上下のスーツなど、きっちり感の高い商品を目玉に据えている」そうです。

たとえば髙島屋では、イタリア人が夏でもきちんとジャケットを着ていることにバイヤーが気づき、「美濃和紙を使った、軽く吸汗・速乾性に優れたジャケット」を目玉として売り出しました。その後、日経新聞5月21日朝刊が「クールビズ かっちり派復権」と題して、この夏商戦ではジャケットの販売が好調であることを報じています。

身内の話で恐縮ですが、私の息子はローマの官庁街に店を構えるルイージ・ガッロ氏のサルトリアで3年ほど修業していました。その間、ガッロ氏を訪ねるたびに感じたことは、“イタリアのエリート達の服装が思った以上に地味でシックである”ということです。

つまりイタリアでは、日本のファッション情報誌に載っているような“ちょい悪オヤジ”はあまり見かけないのです。かわりに、ネイビーブルーやチャコールグレーの無地やクラシックな柄物で、中には(私たち洋服屋が見れば)見るからに注文服とわかるような仕立の良い服を着ている人たちにたびたび出会います。

また、数年前の夏にガッロ氏を訪問した時は、連日37℃を超える猛暑が続いていましたが、そんな中でも彼らはきちんとネクタイを締め、スーツに身を包んでいました。ローマのオフィスはいまだにクーラーの普及率は日本とは比べものにならないくらい低いにもかかわらず、彼らには“クールビズ”などという発想は全くありません。

その理由をガッロ氏はこう説明してくれました。

「イタリアでもスーツを着用する人の比率はどんどん下がっています。スーツを着なくてもいい職業の人々は、全くスーツを着なくなってしまった。ただし、スーツを着なければならない立場の人達は、その職業に就き、その地位にいることに大きな誇りを持っています。どのような時でもスーツを着ることで、自らの地位の象徴にしているし、仕立のよい上質なスーツを着ることに誇りを感じているのです」

常々、日本のクールビズのあり方に疑問を持っていた私としては、我が意を得たり、という思いでした。

進化し続けている、夏向けの洋服生地

本連載では、ビジネスシーンよりも、オフタイムの装いを中心に話を進めていますが、夏のオフタイムとはいえ、ちょっと改まった場所ではジャケットが必要です。

では、夏にふさわしいジャケットとはどういうものでしょうか?

ページ:

1

2 3

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 進化する美食の街「銀座」を徹底取材『美味サライTOKYO』発売中…
  2. 落語家・春風亭一之輔、『アクアスキュータム』を粋に装う
  3. 水洗いできる天然素材の清涼スーツ「モンスーン」の着心地を体験でき…
  4. 紳士のたしなみ「ポケットチーフ」の上手な挿し方・使い方【銀座 …
  5. 紳士のお洒落の基本アイテム!ネクタイについて知っておきたいこと【…
PAGE TOP