紳士のたしなみ「ポケットチーフ」の上手な挿し方・使い方【銀座 老舗仕立て屋の着こなし講座16】

セットアップスタイルのジャケットに、「パフ」という仕方でポケットチーフを挿した例。

セットアップスタイルのジャケットに、「パフ」という仕方でポケットチーフを挿した例。

文/高橋 純(髙橋洋服店4代目店主)

近頃、テレビのニュース番組や報道番組を見ていて少々気になることがあります。

ひとつは司会者やアンカーマン、コメンテーターの方々の装いです。彼らの服装があまりにもカジュアルで、まじめな番組に出演するにはふさわしくないのではないか……。スーツ発祥の地・イギリスの公営放送BBCや、アメリカのニュース専門放送局CNNの出演者たちは、もっときちんとした服装で登場しているような気がします。

一方で、日本のニュース番組の中でも、きちんと三つ揃えのスーツを着用している出演者を見掛けることも多くなりました。昨年あたりからウエストコート(チョッキ)復活の兆しが感じられます。さらにもうひとつ気になっていることは、きちんとポケットチーフを挿している人たちが増えたのではないかということです。

ポケットチーフは一般のビジネスマンにまでは浸透していないようですが、前回のコラムのネクタイと同様に、ジャケット着用時のマストアイテムなので、ぜひとも恥ずかしがらずに挿していただきたいと思います。

ということで、今回はポケットチーフの成り立ちと使い方をご紹介いたします。

■上着の胸ポケットはハンカチを入れるためにできた!?

今では当然の存在となっているジャケットの胸ポケットですが、その登場はそれほど古いものではありません。

1860年頃に現在のスーツの祖先が誕生する少し前、1830年頃に当時着られていた上衣に初めて胸ポケットが作られたことがありますが、その仕様は定着しませんでした。ディナージャケット(タキシード)が初めて登場したのが1880年代後半ですが、その胸に常にポケットが作られるようになったのは、登場から40年もたった1920年頃と言われています。

19世紀後半に正装として着られていたフロックコートにも、胸ポケットは作られていたりいなかったりと、胸ポケットのあるなしはさまざまでした。おそらく個人の好みや仕立職人の感覚によるところが大きかったのでしょう。実は、胸ポケットが完全に定着するのは20世紀に入ってからなのです。

そもそも胸ポケットはなんのために作られたのでしょうか。

はっきりした証拠は見つかりませんが、いくつかある説の中で「従来袖口にしまっていたハンカチをしまうのに、もっと便利なように」という「ハンカチ用ポケット説」が信憑性が高そうです。日本では考えられませんが、イギリス人の中には今でも器用に片手で鼻をかんだハンカチを、丸めて上衣の袖口にしまう人がいます。

そんな習慣を持つ人が腕を動かした時にハンカチが落ちてしまわないために、最も簡単にしまえる位置にポケットを新設した結果が、胸ポケットになったというものです。あまり美しい話ではありませんが、確かに実用的です。

少し時代が戻りますが、18世紀になるとハンカチーフは一気にぜいたく品になります。その時代の男性にとって贅をつくしたハンカチで鼻をかむことが一種のステイタスだったようです。そして1世紀後、せっかくの奢侈なハンカチを飾る場所として胸ポケットが考案されたと考えると、なんだか納得できるような気がします。

■ポケットチーフは白麻が基本。慣れたら色、柄、素材を使い分けたい

このような経緯を考えると、胸ポケットが存在する以上ハンカチを挿すべし、というのも納得していただけると思います。

今では胸のポケットに挿す布を「ハンカチーフ」とは呼びません。一般的に日本では「ポケットチーフ」と呼んでいますが、これは和製英語。正式には「ポケットスクウェアー」と呼びます。

冠婚葬祭等フォーマルオケイジョンの場合のチーフの挿し方に関しては、拙著『「黒」は日本の常識、世界の非常識』に詳しくまとめましたので、ここではその要点だけを簡単に述べさせていただきます。

白麻のポケットチーフはフォーマルからビジネスまでオールマイティーに使用可能。通夜や葬儀などの際には黒のポケットチーフが無難。

白麻のポケットチーフはフォーマルからビジネスまでオールマイティーに使用可能。通夜や葬儀などの際には黒のポケットチーフが無難。

基本的には白の麻のハンカチーフ1枚あれば、どのようなオケイジョンにも対応できます。

多くの礼装の指南本には「通夜・葬儀のような不祝儀の場合は、一切の装飾を排除するため、ポケットチーフは挿さない」とありますが、ヨーロッパではそのような考えではないようです。

故プリンセス・ダイアナの葬儀当日、チャールズ皇太子の胸には紺(と思しきソリッドカラーの)ポケットチーフ、おふたりのプリンスの胸には水玉模様、フィリップ殿下は白、その他の皇族方のほとんどが白か黒のポケットチーフを挿していらっしゃいました。

不祝儀の場合は、地域や親族などの「見る目」もあるので、すべからくポケットチーフは挿すべし、とまでは申し上げませんが、ポケットチーフ着用が間違いでないことはご理解ください。その上で、白では目立つということであれば、黒の無地か黒の共柄にされてはいかがでしょうか。

一方で、結婚式のモーニングスーツでしたら、最近ではネクタイは色物でも可、ポケットチーフはカラフルなシルク素材のものでもよいでしょう。ディナースーツ着用ならば、お祝いごとやパーティーといったおめでたい席のはずですから、こちらも白一辺倒ではなくモノトーンの柄物などもおすすめです。

前述のとおり、一般のビジネスシーンでは残念ながらポケットチーフはまだ普及していません。しかし、ビジネススーツといえども、胸ポケットはボールペン、万年筆や、携帯電話を入れる場所ではありません。

ハレの装いのときだけでなく、ビジネススーツの場合でも、ぜひ清潔な感じのポケットチーフを挿していただきたいと思います。白の無地なら何ら問題はありませんが、たとえば本体が白無地でカラーの縁取りがあるもの、あまりビビッドなカラーでない無地や小紋柄、水玉模様などのシルク素材のものなどであれば、ビジネス用にもふさわしいと思います。

ただし、ネクタイとセットで売られている共柄のポケットチーフは、私はおすすめいたしません。Vゾーンの色に合わせて別々にコーディネートしたほうがよりお洒落に見えるはずです。

ビジネススーツにもあうシルク素材のポケットチーフの例。

ビジネススーツにもあうシルク素材のポケットチーフの例。

このコラムのテーマであるセットアップスタイルでも、ぜひポケットチーフを挿していただきたいと思います。タイドアップでちょっと改まったセットアップスタイルをお楽しみいただく時ならなおさらのこと、ノーネクタイのジャケパンスタイルの時にも、ポケットチーフで一味違ったお洒落がお楽しみいただけること間違いありません。

素材はスーツの時と同じく、表面が滑らかなシルク素材でももちろん差し支えありませんが、前回ネクタイの章でもご紹介しました、紬調の節糸が入ったものや、タイシルクとかインドシルクなどのエスニック調の素材や柄ものならカジュアル感を演出できるのでおすすめです。カジュアルということを考えると、小紋柄のようなドレッシーな感じのものは避けるべきではないでしょうか。

セットアップスタイルにおすすめの、インドシルクのポケットチーフの例。

セットアップスタイルにおすすめの、インドシルクのポケットチーフの例。

最後に、ポケットチーフの挿し方についてひと言。

最もドレッシーな挿し方はスリーピークと言って、三角形が三つ顔を出します。燕尾服やモーニングスーツ、ディナースーツなどの時に使われます。

燕尾服に白麻のポケットチーフをスリーピークにして挿した例。

燕尾服に白麻のポケットチーフをスリーピークにして挿した例。

次にTVフォールド。ポケットの口から四角くチーフが顔を出します。最も一般的で、セミフォーマル、ビジネスそしてカジュアルにまで幅広く使えます。ポケットチーフ初心者の方々にも抵抗なく使っていただけるのではないでしょうか。

スーツに白麻のポケットチーフをTVフォールドにして挿した例。

スーツに白麻のポケットチーフをTVフォールドにして挿した例。

そして、いかにも無造作に丸めて挿した感じを醸し出すパフ(当コラム最初の写真を参照ください)。パーティー感覚でお召しになるディナースーツを始めとして、ビジネススーツ、セットアップスタイルでポケットチーフでのお洒落を楽しむ、挿しなれた感を演出します。

そして最後にクラッシュ。パフと同じようにただ丸めて突っ込んだ感じなのですが、ポケットチーフの四隅がはみ出しています。はみ出した四隅のバランスを整え、いかに無造作ながら形よくはみ出したように演出するか、ポケットチーフ上級者用と申せましょう。

ジャケットに柄物のポケットチーフをクラッシュにして挿した例。

ジャケットに柄物のポケットチーフをクラッシュにして挿した例。

このほかにもパフの顔を出した部分を花びら型に見せるような挿し方など、多種多様な刺し方がありますが、もうそこから先はご自身の工夫次第。装いの最後の仕上げに、ちょっとした個性を演出する遊び感覚で、大いにポケットチーフを楽しんでいただきたいと思います。

文/高橋 純(髙橋洋服店4代目店主)
1949年、東京・銀座生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、日本洋服専門学校を経て、1976年、ロンドン・カレッジ・オブ・ファッションのビスポーク・テーラリングコースを日本人として初めて卒業する。『髙橋洋服店』は明治20年代に創業した、銀座で最も古い注文紳士服店。

なお本連載は、今回で最終回となります。過去の記事は、以下をクリックしてご覧下さい。

「銀座 老舗仕立て屋の着こなし講座」の記事一覧

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で