サライ.jp

洋服の素材の歴史を振り返ると、昔から夏の定番といわれてきたに代わって、まず1950年代に“トロピカルウーステッド”(通称“トロ”)という、従来のウール織物よりも薄手の生地が登場しました。

そして60年代には、アンゴラヤギの毛を使ったモヘア”の服地が誕生。繊維の腰が強く、通気性の高いモヘアは、新たな夏服の代名詞として人気の素材となりました。

さらに90年代になると、紡績技術の進歩によって誕生した、トロよりさらに薄手のサマーウーステッドに人気が集まり、夏素材の多様化が始まりました。

そして今、いわば第5世代の夏素材として注目を集めているのが、ウール&リネン、ウール・リネン&シルクのような、ウールと麻、そして絹との混紡素材です。肌にまとわりつかず、ひんやりとした肌触りのこれらの服地の特徴は、なんといっても通気性に優れていること。そしてカジュアル化が進む夏の装いにもよくマッチした素材感で、年々人気が高まっています。

ウール・リネン&シルクで作られた夏用の洋服生地。写真のような明るめの色を選ぶと夏らしく、カジュアルな装いにも合わせやすい。

ウール・リネン&シルクで作られた夏用の洋服生地。写真のような明るめの色を選ぶと夏らしく、カジュアルな装いにも合わせやすい。

1 2 3

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア