新着記事

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

“マイクロチップ装着の義務化”には賛否両論…“条件付き賛成”が多数 |ペットと高齢化に関する意識調査

“犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛護法」とペットの健康を考える

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

炭素鋼メッキ爪切り|変形爪もささくれも自在にカット 懐かしきニッパー型爪切り

だんご三兄弟!? 個性派ぞろいのシャトー・メルシャン3ワイナリー長の素顔に迫る

画像では見えませんが、ブレーキにはポルシェ用のブレーキポッドとローターが奢られています

【私のクルマ遍歴】スカイラインとカローラレビンを売却し、ついに出会った、BMW『E36』の高性能チューニングカー『M3』(後編)

程度の悪さのおかげで、遠慮することなく未舗装路も走れたそう

【私のクルマ遍歴】“ダルマセリカ”から始まり、カローラレビンにチェイサー。トヨタエンジンの気持ちよさにこだわった青年期(前編)

洗剤

「風呂の残り湯は使わない」「毎日洗濯しない」|令和時代の洗い方

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

燃費と環境性能だけではない!ディーゼルの概念を覆す「マセラティ ギブリ ディーゼル」の新機軸とは?

ウェブメインカットリサイズ2016

4ドアセダンだが、クーペを思わせる流れるようなラインが美しい。

 

■マセラティ史上初のディーゼルエンジン搭載車

高級スポーツカーを生産する自動車メーカーが多いイタリアで、1914年に産声をあげたマセラティはもっとも長い歴史を誇る。創業者のマセラティ兄弟はおもにサーキットレース用の車両の製作やチューニングを手がけ、その後、レースで培った技術を生かし、イタリアンデザインをまとった、いわゆる「スーパーカー」と呼ばれる高級スポーツカーの生産にも乗り出した。

マセラティが同じイタリアで高級スポーツカーを手がける他社と大きく異なるのは、4ドアセダンも生産していることだ。セダンといえども中味はスポーツカーと変わらぬ高性能車で、おもにイタリアの貴族や高官などに愛用されている。

欧州では以前から、CO2排出量が少ないという環境性能に加え、低回転域でのトルクの太さやアクセルレスポンスのよさを生かした新世代のディーゼルエンジンへの関心が高まりつつあった。マセラティはこの流れに着目し、元F1チームのディレクターたちの協力を得て、世界で初めてスポーツカーにも使えるディーゼルエンジンを開発。それを同社の主力モデルである4ドアスポーツセダンのギブリに搭載し「ギブリ ディーゼル」が誕生した。

リサイズ2016

マセラティ初となるディーゼルエンジン。ディーゼル特有の騒音や振動は大幅に低減されている。

 


■低回転域からの圧倒的な加速力

マセラティが開発したディーゼルエンジンはV型6気筒3.0Lターボで、275psの最高出力と600Nmの最大トルクを発生する。マセラティのV型6気筒、3.0L・ツインターボのガソリンエンジンは、最高出力330ps、最大トルクは500Nm。両者を比較すると、ディーゼルエンジンの最高出力はガソリン仕様よりも55ps低いが、トルクはなんと100Nmも太い。このトルクの太さと、低回転域からの力強さが、ガソリン車では味わえない新しいスポーツ感覚をもたらしてくれる。

運転席に座り、エンジンを始動させ、最新の8速自動変速のDレンジを選択する。走り出してエンジン回転計の針が1500回転を示すあたりから、パワフルな加速がはじまる。アクセルペダルに乗せる右足のほんの少しの動きでも、ギブリディーゼルは即座に力強く反応する。

エンジン回転計は4500回転からレッドゾーンだが、高性能ディーゼルエンジンは4300回転まで上昇して、上り坂でもぐいぐい車体を引っ張っていく。また、変速レバー横に備わるスイッチ操作で5つの走行モードを選ぶことが可能で、素早い加速が必要なとき、燃費重視で走りたいときなど、道路状況や運転者の気分に合った走り方に変えることもできる。

リサイズ走り2016

急な上り坂でも、ディーゼルエンジンならではの太いトルクで力強く走行する。

 

さらに、サスペンションもオプションのスカイフックサスペンションを装着すれば、急なカーブでも車体を安定させたまま走り抜けることができる。もちろん、頻繁にアクセルペダルを深く踏み込むような走り方をしても、3.0L・ディーゼルターボはガソリン仕様よりも20%以上の低燃費を達成。試乗中の実燃費として1リッターあたり16~21.7kmという高い数字を記録したこともつけ加えておきたい。


■ギブリが放つ色気とラグジュアリー感

ディーゼルエンジンというと、ガラガラというノック音や振動が気になる。その点、マセラティが開発したディーゼルエンジンはそれらが大幅に抑えられている。

さらに、排気管の脇に装着されたふたつの「サウンドアクチュエーター」が、エンジンの特徴的な音色を強調し、走行モードに合わせて変化させることで、ガソリンエンジン車に勝るとも劣らない官能的な排気音を奏でる。その艶のある音色は変速レバー横の「スポーツボタン」を押すことで、さらに迫力を増す。


【これが「ギブリ  ディーゼル」の官能的なエンジン排気音だ】

「ギブリ ディーゼル」の魅力は走行性能だけではない。洗練された上質な内装も乗るものの心を惹き付ける。

座席に張られたソフトレザーは最高級品質の本革で、手ざわり・肌ざわりのよさは他車ではなかなか味わえない。そして、その高級レザーを座席のみならず、計器盤の上部やドア内張りなどにも注文であしらうことも可能だ。しかも、熟練の職人が手縫いするステッチの糸の色をレザーと別色にしてアクセントにもできるのだ。

こうした細部にも、マセラティならではのクラフツマシンシップを感じられるのがじつに心憎い。

リサイズ前席2016

ダッシュボードなどにも上質な本革をほどこした室内(前席)。シートは背中から腰にかけてしっかり支えてくれるので、長距離ドライブでも快適に運転し続けられる。

 

リサイズ後席2016

後席は頭上と足元の空間に余裕があり、大人ふたりならゆったりと座れる。

 

リサイズステッチ2016

専門の熟練職人によるシートに施された美しいステッチ。

 

 

【「マセラティ  ギブリ」のプレミアム映像をお楽しみください】


【ギブリ  ディーゼル】

全長×全幅×全高:4970×1945×1485mm  車両重量:2040kg エンジン/V型6気筒 2987cc 最高出力:275ps/4000rpm 最大トルク:600Nm/2000-2600rpm トランスミッション/8速オートマチック 燃料消費率(欧州値):17.0km/L 車両本体価格:933万円(税込)

文/石川真禧照
撮影/松原康之

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 大人に似合う美しきオープンスポーツ!「マツダ ロードスター RF…
  2. 痛快な“人馬一体感”に思わず頬がゆるむ!「マツダ ロードスター …
  3. 限定300台!遊び心ある洒落た大人のフォルクスワーゲン「ハッシュ…
  4. 運転中の姿勢を保ち体の疲れを軽減!姿勢をケアするドライブシート「…
  5. 自動車生活探険家30年 石川真禧照の 「東京―いろは坂180㎞ …
PAGE TOP