新着記事

ポークソテーシャリアピンソース

【管理栄養士が教える減塩レシピ】みじん切り、すりおろしで活性化! 旬のにんにくの栄養を逃さない調理法

サンブロックアンブレラ|遮光、遮熱に優れたアウトドア仕様の日傘

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)牡羊座~蟹座編

【ビジネスの極意】IQが高い人が必ずしも成功するわけではない

【ビジネスの極意】IQが高い人が必ずしも成功するわけではない

数において劣勢の織田信長(演・染谷将太)は、今川方にいる松平元康を取り込むべく、元康の伯父・水野信元と母・於大の説得工作を試みる。

信長危うし! ついに今川義元が攻めて来た 桶狭間前夜、策謀めぐらす〈女軍師・帰蝶〉が凄かった!【麒麟がくる 満喫リポート】

カビ専門家に聞く「梅雨時期のカビ対策」3つのポイント

朝倉館跡空撮。

「お屋形さま」と呼ばれていた朝倉義景。室町時代後期の「大名屋形」を知れば『麒麟がくる』をもっと楽しめる【麒麟がくる 満喫リポート】

エアコンの故障は冷房の使い始めに起きている! 今年の猛暑を快適に過ごすために今すべきこと

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

取材・文/坂口鈴香

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

離れて暮らしている親に介護が必要になると、「遠距離介護」の問題が大きく立ちはだかる。時間をどうやりくりするか、介護にかかる費用や交通費をどう捻出するか、仕事や子育てとどう両立するか……悩みは多岐にわたる。飛行機を使う場合には航空会社の介護割引制度はあるが、長距離を頻繁に往復することによる身体的負担は想像以上に重くなる。

■私はおかしくなんかない

上野明美さん(仮名・59)は、母親のトキ子さん(仮名・91)がいつ頃からおかしくなったのか、思い出そうとしても思い出せない。かなり前からだったのは確かだ。

上野さんは東京でフリーの仕事をしており、両親は静岡で二人暮らしをしている。

「実家に電話をかけると、母が何度も同じ話を繰り返すんです。終わったと思ったら、またはじめに戻る。3回目に入ったとき、『これはおかしいぞ』と思ったのを覚えています」

ところが、上野さんが父親の竜二さん(仮名・93)にトキ子さんを病院に連れていくよう、何度言っても「年のせいだ」と取り合ってくれない。やはり東京にいる兄(61)にトキ子さんの異変を訴えても、認知症だと認めようとしなかったという。

「それが、実家に帰っていた兄が東京に戻るときに、母が『学校、がんばりなさいね』と言ったそうです。それでやはりおかしいと、ようやくわかってもらえました」

しかし、竜二さんがトキ子さんを病院に連れて行こうとしても、トキ子さんは頑として拒否し続けた。「おかしいから」と病院に連れて行こうとする竜二さんに、トキ子さんは「私はおかしくなんかない」と否定する。「おかしい」と決めつけられて、素直に病院に行けるはずがない。とうとう、「かかりつけの病院に行こう」とウソを言って、なんとか受診させることができた。

そこで、トキ子さんはアルツハイマー型認知症だと診断された。上野さんがトキ子さんの異変を感じてから、数年が経っていたという。

「それでもこの頃は、症状はまだ軽かったと思います。だんだんいろいろな症状が出てきました。朝、進行止めの薬を飲むと、午前中はいいのですが、夕方近くになると、暴言を吐いたり暴力をふるったりするようになったんです。母は専業主婦でしたが、女学校を出ています。本を読むのが好きで、刺繍も趣味でした。家事も最初はできていたんですが、次第にできなくなっていき、鍋を焦がしたりもしました。母は家事が習慣化していたので、時間が来るとやろうとするんですが、何をしたらいいのかわからなくなったようです。できないことが増えて、自分でもイライラしたんでしょうね」

トキ子さんはできないことが増えたものの、認知症の症状自体はそう悪化していなかったと上野さんはいう。

「飲み薬だったのを、徐々に効いていく貼り薬に変えたので、夕方の不穏はなくなりました。たまに家族の姿が見えなくなると不安になるらしく、近くの実家に行こうとしますが、それ以上徘徊して、家族が探しまわるようなこともありませんでした」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 親の終の棲家をどう選ぶ?|「死によってすべてが終わるのではなく、新しいステージに移る」老人ホームの施設長はシスター【4】 親の終の棲家をどう選ぶ?|修道会が運営する施設ならではの看取りと…
  2. 親の終の棲家をどう選ぶ?|「あたしゃ、なーして、こげんところに入っとっとじゃろか?」老人ホームの施設長はシスター【3】 親の終の棲家をどう選ぶ?|「養護老人ホーム」とはどんなもの?入所…
  3. 親の終の棲家をどう選ぶ?|「自分を生かすために、一人ひとりふさわしい道がある」老人ホームの施設長はシスター【2】 親の終の棲家をどう選ぶ?|「自分を生かすために、一人ひとりふさわ…
  4. 親の終の棲家をどう選ぶ?|「結果としてここに導かれた」老人ホームの施設長はシスター【1】 親の終の棲家をどう選ぶ?|「結果としてここに導かれた」老人ホーム…
  5. 老後を自宅で過ごしたいなら|「いつでも連絡してください」というケアマネジャーを求めるのは間違い?【後編】 【老後を自宅で過ごしたいなら】「いつでも連絡してください」という…
PAGE TOP