新着記事

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)牡羊座~蟹座編

迫力ある場面が展開された第2話の合戦シーン。市街戦が描写されるのは珍しい。

「リアルな戦国」を描写する『麒麟がくる』 やがてくる「本能寺の変」への伏線【麒麟がくる 満喫リポート】

体圧分散マットレス フィベールエアー|好みの面で使い分け。バランスのよい寝姿勢で安眠に誘う

『徳川慶喜』での主演以来22年ぶりの大河ドラマ出演。取材を通じて感じる、道三役への並々ならぬ決意に、期待感だけが高まる。

【インタビュー】『麒麟がくる』で斎藤道三を演じる本木雅弘。大河に新たな伝説が生まれる予感

【最後の恋】美少年へ思慕『ベニスに死す』さながらの清い恋心の行方……~その2~

【最後の恋】美少年へ思慕『ベニスに死す』さながらの清い恋心の行方……~その1~

「寅さん」シリーズの名セリフ、名シーンを厳選した「読む名場面集」|『いま、幸せかい?「寅さん」からの言葉』

「人間は何のために生きてんのかな?」|心に響く「寅さん」からの言葉

親に寄り添い、正しく対処するために|『親ががんになったら読む本』

自分の親が「がん」になったら、子としてすべきこと

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

取材・文/坂口鈴香

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

離れて暮らしている親に介護が必要になると、「遠距離介護」の問題が大きく立ちはだかる。時間をどうやりくりするか、介護にかかる費用や交通費をどう捻出するか、仕事や子育てとどう両立するか……悩みは多岐にわたる。飛行機を使う場合には航空会社の介護割引制度はあるが、長距離を頻繁に往復することによる身体的負担は想像以上に重くなる。

■私はおかしくなんかない

上野明美さん(仮名・59)は、母親のトキ子さん(仮名・91)がいつ頃からおかしくなったのか、思い出そうとしても思い出せない。かなり前からだったのは確かだ。

上野さんは東京でフリーの仕事をしており、両親は静岡で二人暮らしをしている。

「実家に電話をかけると、母が何度も同じ話を繰り返すんです。終わったと思ったら、またはじめに戻る。3回目に入ったとき、『これはおかしいぞ』と思ったのを覚えています」

ところが、上野さんが父親の竜二さん(仮名・93)にトキ子さんを病院に連れていくよう、何度言っても「年のせいだ」と取り合ってくれない。やはり東京にいる兄(61)にトキ子さんの異変を訴えても、認知症だと認めようとしなかったという。

「それが、実家に帰っていた兄が東京に戻るときに、母が『学校、がんばりなさいね』と言ったそうです。それでやはりおかしいと、ようやくわかってもらえました」

しかし、竜二さんがトキ子さんを病院に連れて行こうとしても、トキ子さんは頑として拒否し続けた。「おかしいから」と病院に連れて行こうとする竜二さんに、トキ子さんは「私はおかしくなんかない」と否定する。「おかしい」と決めつけられて、素直に病院に行けるはずがない。とうとう、「かかりつけの病院に行こう」とウソを言って、なんとか受診させることができた。

そこで、トキ子さんはアルツハイマー型認知症だと診断された。上野さんがトキ子さんの異変を感じてから、数年が経っていたという。

「それでもこの頃は、症状はまだ軽かったと思います。だんだんいろいろな症状が出てきました。朝、進行止めの薬を飲むと、午前中はいいのですが、夕方近くになると、暴言を吐いたり暴力をふるったりするようになったんです。母は専業主婦でしたが、女学校を出ています。本を読むのが好きで、刺繍も趣味でした。家事も最初はできていたんですが、次第にできなくなっていき、鍋を焦がしたりもしました。母は家事が習慣化していたので、時間が来るとやろうとするんですが、何をしたらいいのかわからなくなったようです。できないことが増えて、自分でもイライラしたんでしょうね」

トキ子さんはできないことが増えたものの、認知症の症状自体はそう悪化していなかったと上野さんはいう。

「飲み薬だったのを、徐々に効いていく貼り薬に変えたので、夕方の不穏はなくなりました。たまに家族の姿が見えなくなると不安になるらしく、近くの実家に行こうとしますが、それ以上徘徊して、家族が探しまわるようなこともありませんでした」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. https://serai.jp/wp-admin/post.php?post=383647&action=edit 親の終の棲家をどう選ぶ?|東京に戻ると冷静になれる――遠距離介護…
  2. 親の終の棲家をどう選ぶ?|東京に戻ると冷静になれる――遠距離介護を成功させるコツ【前編】 親の終の棲家をどう選ぶ?|東京に戻ると冷静になれる――遠距離介護…
  3. 親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】 親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじま…
  4. 「老後の生活や年金」「台風・豪雨・洪水」「あおり運転」|令和元年…
  5. ノノママhttps://www.photo-ac.com/profile/2434086さんによる写真AChttps://www.photo-ac.com/からの写真 自然災害から、介護の必要な親をどう守る?|「水が来たらあきらめる…
PAGE TOP