新着記事

ポータブル蓄電池|自然災害による停電に備える 電気を備蓄する大容量蓄電池

葛飾応為「吉原格子先之図」太田記念美術館蔵

この世に一枚の肉筆浮世絵の名品が勢ぞろい【肉筆浮世絵名品展 ―歌麿・北斎・応為】

圧巻のコショウコーナー。何とも言えない爽やかな香りがショップ内に立ち込めて居心地がいい。皆ここでしばし足をとめて、真剣な面持ちでボックス内をのぞき込む。

料理好きがふらり集う、ドイツグルメ王監修のスパイスショップ「シューベック」(ミュンヘン)

【義家族との間】8歳上の嫁は「出産タイムリミット」数年扱い。悪意のない過度な期待が一番辛い~その2~

【義家族との間】8歳上の嫁は「出産タイムリミット」数年扱い。悪意のない過度な期待が一番辛い~その1~

吾妻山の定番カット、菜の花と富士山

JR東海道線二宮駅から歩いて行ける!|湘南の絶景、菜の花満開の吾妻山から富士山を見る(神奈川県二宮町)

初めて大河ドラマの主人公になる明智光秀(長谷川博己)。脱「信長史観」のドラマの展開が気になってしょうがない。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】明智光秀が主役の本格戦国大河 オープンセットに持ち込まれた岩の総量が半端ない

堀文子 太神楽柄ショール|孤高の日本画家、堀文子の代表作を描いたストール

『太平記』以来の大河登板の池端俊策さん。『麒麟がくる』も早くも「伝説の大河」の再来と期待が高まる。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】脚本家・池端俊策氏インタビュー「描きたかったのは、従来のイメージとは異なる光秀と信長」

2020年「開運×絶景スポットランキング」|3位 箱根神社(神奈川県)、2位 高屋神社(香川県)、1位は?

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【娘のきもち】マタハラに負けなかった責任感は母親ゆずり。今だからわかる親の強さ~その2~

取材・文/ふじのあやこ

家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親に感じていた気持ちを探ります。(~その1~はコチラ)

今回お話を伺ったのは、静岡県で3人の子供を育てながら、専門職の仕事を続ける兼業主婦の真弓さん(仮名・35歳)。東京の23区内の出身で、両親と3つ下に妹のいる4人家族。両親の年齢差は8歳と、父親が年上ながら家庭を牛耳っていたのは常に勝気な母親。優しい父親と、教育熱心な母親の元で育ち、勉強が常にできた真弓さんは、都内有数の進学校に入ります。

「母親は少しでも自分の意向に沿わないことをすると、問答無用で叩いてきたり、家から追い出したりする人。一方の父親はとにかく優しくて、怒った姿はまったく思い出せません。父は私があまりに怒られていると、私を庇って一緒に謝ってくれたこともありました。数々の習い事のおかげもあって、進学校に受かることができました。受かった時に母親が『育て方は間違っていなかった』と言ったことがずっと頭に残っているんです」

大学の進路で母親との初バトル!努力の甲斐もあり、希望を通すことができた

高校でも成績優秀をキープして、母親からの期待はさらに上昇。しかし、小さい頃から始めたお絵かきの習い事の影響もあり、真弓さんは美大への進学を希望するようになったそうですが……。

「母親はもちろん大反対!美大なんて冗談じゃないって、有名大学へ進学するのが当たり前みたいな感じでしたね。それにその頃にはうちの家計はかなり傾いていて、美大の学費を払える感じでもなかったから、なぜより多くのお金をかけてまで美大なんかに、という気持ちも母にはあったんだと思います。

今までそこまで母親に歯向かったことのなかった私ですが、どうしても美大に進みたくて母親とは揉めに揉めました。父親はお金のこともあったからどちらの味方にもつけない状態で。結果、私の思いをかなえてくれたのは、母方の祖父でした。祖父は小さい頃から私の絵の才能を認めてくれていて、お金は出すからと両親に一生懸命お願いしてくれたんです。祖父が頭を下げてくれたことで受験だけはしてもいいということになりました。私はすぐにアルバイトを始めて、そのお金をすべて絵のレッスン代に充てて猛勉強を始めました。そして、無事合格することができたんです」

受かったことで母親は折れ、美大生として4年間を過ごせることに。そして大学卒業後は、アパレルのテキスタイルデザイナーとして働き始めます。しかしここでもある騒動があったとか。

「入社が決まった時は家族全員が喜んでくれましたよ。もう勉強じゃないから、母親もそこまでうるさいこともなくなりましたし。でも、せっかく入社できた会社は、3年後に倒産してしまって……。私は会社の上司の提案で潰れる数か月前に退職していたので、倒産の憂き目には直接合ってないんですが、やっぱり少しショックでしたね。でも、結果的には仕事を自主退職したことになったのに、母親からまったく咎められませんでした。何か言われるとずっと構えていたんですが、どうやら会社のこと自体を認めていなかったみたいで、よかったと言っていました(苦笑)」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってく…
  2. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってく…
  3. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
  4. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
  5. 【娘のきもち】自己肯定感がない自分を絶対的に必要としてくれたもの…
PAGE TOP