新着記事

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

前列中央から時計回りに、ご飯、野蕗のきゃらぶき、煎り豆腐(人参)、鶏そぼろ、漬物(胡瓜と人参の糠漬け・壬生菜・刻み沢庵)、焼き海苔、ごんげん蒸し、大根おろし(葱・鰹節・胡麻)、納豆(葱)、絹さやの浸し(鰹節)、味噌汁(豆腐・若布・葱)、中央右は焼き鮭、左は蒲鉾と山葵漬け。今朝は小鉢に盛っているが、常備菜のきゃらぶきや煎り豆腐、鶏そぼろ、加えてごんげん蒸しなどは大皿で登場し、取り分けていただくことが多い。絹さやは昨夜の残りを浸しに。蒲鉾は、山葵漬け(静岡『野桜本店』の激辛口)をつけて食す。焼き海苔は東京・品川の『みの屋海苔店』のものを愛食。焼き海苔とごんげん蒸しの器の模様は、定紋である揚羽蝶。

【朝めし自慢】中村歌六(歌舞伎役者・68歳)「カミさん手製の常備菜以外は僕が作ります」

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

“マイクロチップ装着の義務化”には賛否両論…“条件付き賛成”が多数 |ペットと高齢化に関する意識調査

“犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛護法」とペットの健康を考える

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

炭素鋼メッキ爪切り|変形爪もささくれも自在にカット 懐かしきニッパー型爪切り

だんご三兄弟!? 個性派ぞろいのシャトー・メルシャン3ワイナリー長の素顔に迫る

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

「令和」の英語名はREIWA? 勘違いしている人が多すぎる、ローマ字との違いを簡単解説【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編19】

文/晏生莉衣
「令和」の英語名はREIWA? 勘違いしている人が多すぎる、日本のローマ字を簡単に解説[【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編19】ラグビーワールドカップ、東京オリンピック・パラリンピックと、世界中から多くの外国人が日本を訪れる機会が続きます。楽しく有意義な国際交流が行われるよう願いを込めて、英語のトピックスや国際教養のエッセンスを紹介します。

* * *

日本人のパスポートの氏名表記には、アメリカ人医師のヘップバーン博士が考案した「ヘボン式」ローマ字が使われる一方、学校では「訓令式」ローマ字が教えられていることは、前回レッスンの最後に触れたとおりです。その違いについて考える前に、今回はまず、日本人の間でよく見られる誤解を解いておきましょう。

最初に考えて頂きたいのですが、「英語のお名前をお持ちですか?」と聞かれたら、どうお答えになりますか? 日本人なら「持っていない」と答える方が多いでしょう。それは正解で、アメリカ人だったが日本に帰化した、イギリス人と国際結婚した、英語圏生まれの二重国籍で英語の名前も持っている、というようなケースを除いて、一般論として言えば、日本人は英語の名前というものを持っていません。

日本のパスポートに記載されている氏名は、海外向けに、日本語がわからなくても読めるようにローマ字を使って名前を書いたものですから、「ローマ字表記」された名前です。英語名ではなく、名前の英語表記でもありません。ところが、この区別がつかず、混同されることがよくあります。「パスポートに記載されているのは、自分の名前を英語で書いたもの」だと思っている方は、結構いらっしゃるものです。

英語もローマ字も同じものと思ってしまいがちですが、きちんと分けて考えれば簡単です。日本語を英語にするというのは、日本語を英語に訳しているのであって、日本語を英語で書いているわけではありません。例えば就職試験やクイズで「この文章を英語にしてください」という問題を出すなら、「英語に訳してください」、「英語ではなんと言うでしょう」という意味にとらえることができるのでOKですが、「この文章を英語で書いてください」としてしまうと、その問題自体が間違っていることになります。「英語ではどのように書くでしょうか」という質問なら、英語として別の文章に書き直すということを示唆しているので、これも一応OKですが、それよりは「英文にしてください」とするほうが、問題の意図がはっきりします。

一方、ローマ字は、「語」ではなく「字」ということからもわかるとおり、言語ではなく、文字のことです。日本でのローマ字は、日本人の名前の漢字にひらがなやカタカナを使ってふりがなを振るのと同様に、海外の人でも読めるように、ふりがなの代わりのようなものとして使われています。つまり日本で、ローマ字は、漢字、ひらがな、カタカナと合わせて、日本語を書くために使う文字の一つなのです。過去に、漢字を廃止して国語としてローマ字を導入するというローマ字運動というものがあったように、日本語の文章をローマ字だけで書くことは可能です。ですから、英語と違って、「この文章をローマ字で書いてください」という問題は、大人にとっては少し変に感じるかもしれませんが、学校のローマ字教育では「あり」なのです。

「英語で書いた日本語」はない、でも「ローマ字で書いた日本語」はある。こうして整理してみると、違いがわかりやすくなるでしょう。

ローマ字と英語の混同があちこちで

ところが、日本人の名前のローマ字表記を「姓」→「名」の順でという方針が発表された時(レッスン151617参照)、マスコミ報道の中にも「英語の名前表記」とし、ローマ字と英語が混同されているものを見かけました。外務省ホームページ英語版の首相の氏名表記について書いた記事でしたが、日本人の名前に英語版はありませんから、ホームページが英語版でも日本人の名前までもが英語になることはないのですが…。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 『平家』は『FEIQE』。ローマから文字が伝わって、英語と日本語の「歴史は韻を踏む」【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編21】 『平家』は『FEIQE』。ローマから文字が伝わって、英語と日本語…
  2. 「日本の今」につながる英語とラテン語。その不思議なサバイバル物語【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編20】 「日本の今」につながる英語とラテン語。その不思議なサバイバル物語…
  3. 幕末から明治維新へ、激動の日本に暮らした「ドクトル・ヘボン」が聞いて綴った日本語 幕末から明治維新へ、激動の日本に暮らした「ドクトル・ヘボン」が聞…
  4. ラストネームがファーストネームに? 「海外でも日本式に『姓』が最初」で起こる混乱とは【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編17】 ラストネームがファーストネームに? 海外でも日本式に「姓」が最初…
  5. 中国、韓国がお手本? 日本人の「名前の文化」とローマ字表記を考える【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編16】 中国、韓国がお手本? 日本人の「名前の文化」とローマ字表記を考え…
PAGE TOP