新着記事

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/24~3/1)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」 (2/24~3/1)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/24~3/1)牡羊座~蟹座編

車でおでかけ途中に子どものテンションを下げないコツ

ドイツ製折りたためるエルゴクラッチ【非課税品】|軽くて丈夫。持ち運びも楽な肘当て付きステッキ

【独身女性50代の岐路】仕事一途の30年。挫折をしても最後に誇れるのは「仕事をする自分」だった~その2~

【独身女性50代の岐路】仕事一途の30年。挫折をしても最後に誇れるのは「仕事をする自分」だった~その1~

光秀と藤孝が出会った〈戦国青春グラフィティ〉の一コマ。

戦国時代きってのエリート武将・細川藤孝。光秀を裏切って摑んだ「子孫繁栄」の道【麒麟がくる 満喫リポート】

腰痛・坐骨神経痛を改善する歩き方とは?【川口陽海の腰痛改善教室 第35回】

腰痛・坐骨神経痛を改善する歩き方とは?【川口陽海の腰痛改善教室 第35回】

ファミリーレッグシェイカー|高速の振動が心地よく血行を促進、リラックスできる

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【娘のきもち】門限は夏18時で、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~

取材・文/ふじのあやこ

【娘のきもち】門限は夏18時に、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~

近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中で、娘たちは親に対してどのような感情を持ち、接していたのか。本連載では娘目線で家族の時間を振り返ってもらい、関係性の変化を探っていきます。

「一緒にいられなくなったとしても、どちらも大切な家族に変わりはありません」と語るのは、明美さん(仮名・39歳)。彼女は現在、東京の百貨店で販売員の仕事をしています。お話を聞いている間ずっと笑顔が絶えず、ハキハキと話すところから接客で培った人当たりの良さを感じます。

記憶に残るのは厳しかった祖父の姿。1番年上として、大人の仲間に入らないといけなかった

明美さんは神奈川県出身で、両親と2歳下に妹のいる4人家族。両親は父親のほうが8つ年上で、結婚した当時母親は19歳。とても早婚だったと言います。

「両親はお見合いで、遠い親族といった間柄だったと聞いています。晩婚化している今では考えられないですが、母親は19歳の時にお見合いを親から勧められて結婚したみたい。私が生まれた時には神奈川にいたんですが、両親は福島出身で、親族のほとんどが福島に残っています」

明美さんは小学生低学年の頃まで夏休みなど長期休暇の間ずっと福島の父方の祖父母の家に預けられていたそう。祖父の躾が厳しかったと語ります。

「父には兄がいたんですが、結婚が遅くて私が初孫だったんです。孫の中で一番大きかったこともあって、私は小さい頃から食事時などはご飯の用意の手伝いをしなければいけませんでした。でも小学生低学年だから料理の手伝いはできなくて、キッチンでボーっと立ち尽くすだけの時間もよくありました。祖父以外の大人たちは居間でテレビを見てきていいと言ってくれるんですが、少しでもその場を離れると祖父から怒られてしまうんです。妹や従妹などは何も言われなかったので、テレビを見て笑っている声などがする度に悔しかったですね」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってく…
  2. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってく…
  3. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
  4. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
  5. 【娘のきもち】自己肯定感がない自分を絶対的に必要としてくれたもの…
PAGE TOP