新着記事

【夕刊サライ/テリー伊藤】「いまスーパーカーに乗ったらギャグになる?」(テリー伊藤のクルマコラム 第8回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

神秘的かつ優美な中国磁器の真髄を見る《宋磁 神秘のやきもの》展

取材・文/池田充枝悠久の歴史を有する中国陶磁のなかで、宋時代(960-1279)にはその美し…

医療者も驚いた!新たに登場したある海外医療保険の衝撃【予防医療の最前線】

文/中村康宏日本の社会保障制度が直面する大問題日本では、医療や年金・介護などの財源と…

【夕刊サライ/進藤晶子】原田泳幸さん、尋常ではない超人ぶりと年長者の目線(進藤晶子の暮らし・家計コラム 第8回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

南画の大成者・池大雅、85年ぶりの大回顧展《池大雅 天衣無縫の旅の画家》

取材・文/藤田麻希18世紀の京都で活躍した池大雅(いけのたいが/1723~76)は、…

もしも将棋に新しい駒が追加されることになったら?【イシグロ妄想研究所 vol.1】

妄想・イラスト/石黒謙吾(分類王)古代インドがルーツという説が有力な「将棋」というゲ…

【夕刊サライ/山本昌】継続は力なり! 45歳を過ぎたらオフはなし(山本昌の健康・スポーツコラム 第8回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

団塊世代の足元に広がる深刻な問題に備える本『団塊絶壁』【定年本イッキ読み19】

文/印南敦史昭和22年〜24年に生まれた第一次ベビーブーム世代を「団塊世代」と呼ぶが…

なぜか笑いがこみ上げる!? 日本画の巨匠・横山大観のユーモアを堪能《生誕150年 横山大観展》

取材・文/藤田麻希神々しい金地の屏風に、雲海から頂上をのぞかせる富士山が描かれます。シンプル…

誰かに話したくなる「作家と猫」の知られざるエピソード3つ

取材・文/わたなべあや古来、猫を愛した作家はたくさんいます。たとえば、夏目漱石宅に迷…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

出刃・柳刃だけじゃない!日本各地の独特な「魚包丁」4種【にっぽん刃物イズム第3回】

文・写真/かくまつとむ

魚をさばく包丁というと、出刃包丁や柳刃包丁を思い浮かべる人が多いでしょう。出刃包丁は丈幅があって分厚く、3枚おろしから頭の骨のかぶと割りまで対応できる包丁です。柳刃包丁は骨から外した身をきれいな刺身にしていく薄くて長い包丁です。どちらも鮨屋などで見かける、伝統的な和包丁ですね。

ところが、ひとくちに魚用の包丁と言っても、日本にはじつにさまざまなタイプの包丁が存在します。鮨屋や日本料理店で使われている、ぴかぴかに磨き上げられた片刃のものが、魚包丁のスタンダードというわけではないのです。

いま日本料理店などで使われる出刃包丁と柳刃包丁は、ともに江戸時代に食の台所・大阪の堺で洗練され、その形が決まりました。そして堺の魚包丁は、外食文化の高まりを背景に圧倒的な人気を誇り、地方の鍛冶屋にも影響を与え、その形が全国に波及したのです。

しかし全国を見回せば、堺の包丁とは違うルーツを持つ変わり包丁が数多くあります。大きさも形状もいろいろです。今回はそんな全国の魚包丁から、一部を紹介していきます。

■1:青物包丁(千葉県御宿町)

千葉県の外房の町の鍛冶屋で買った青物包丁という名の包丁は、鰹や鯖のような背の青い魚(つまり紡錘形の魚)を3枚おろしにするのに適した包丁です。この形状の包丁は、少し前までは奄美地方から房総半島の海沿いの町で広く見ることができました。

堺生まれの出刃包丁は、どちらかといえばタイのような形をした、大きくても50㎝前後くらいの魚を想定したものといえるでしょう。それより長さのある魚を一息に切るには、出刃包丁ではやや長さが足りないのです。

■2:シビ割き包丁(和歌山県串本町)

次に紹介するのは、シビ割き包丁と呼ばれる大型の包丁です。シビはマグロの別名。購入した和歌山県南部ではマグロとしては小さめな1m前後のものをシビと呼び、シビ割きはこうした若マグロを3枚におろすための包丁だそうです。

厚みがある点は出刃包丁と同じですが、1ストロークである程度の長さをおろせるように刃渡りが長くなっています。支点と力点が離れているので力も必要で、そのためけが防止のヒルト(鍔)がついていました。

■3:干物包丁(三重県)

干物包丁と呼ばれるごく小さな出刃包丁は、三重県の東岸で購入しました。

港町には干物の加工所が必ずありますが、この包丁は日々入ってくる原料のなかでも、手のひらほどの小さなカワハギや小アジを開くための専用品です。

■4:イカ割き(青森県弘前市、新潟県佐渡島)

青森県弘前市と新潟県佐渡島では、「イカ割き」と命名されていた包丁を手に入れました。文字通りスルメイカを開くための刃物ですが、青森のほうはマキリとも呼ばれる海山兼用で使われているタイプで……、

青森のイカ割き

佐渡のほうはスリムな小出刃です。

佐渡のイカ割き

どちらもスルメイカの胴へ滑り込ませるのに頃合いの丈幅になっているのが特徴です。

*  *  *

以上、今回は日本各地の「魚をさばくための」変わり包丁を紹介しました。

日本人は魚食民族だと自負してきました。その文化的な層の厚さは、こうした庶民づかいの包丁の中にも垣間見ることができます。

しかし最近は作り手の鍛冶屋が激減し、こうした地方色あふれる魚包丁が堺型の出刃包丁に急速に置き換わっています。さみしい限りです。ぜひ一度でも、このような包丁を手にして、先人の知恵の結晶を使ってみていただきたいものです。

文・写真/かくまつとむ
かくまつとむ(鹿熊勤) 自然や余暇、一次産業、ものづくりなどの分野で取材を続けるライター。趣味は日本の刃物文化の調査、釣りと家庭菜園&酒。『サライ』には創刊号から参画。著書に『鍛冶屋の教え』(小学館)、『日本鍛冶紀行』(ワールドフォトプレス)、『糧は野に在り』(農山漁村文化協会)など。立教大学兼任講師。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 鍔鑿(つばのみ)|木造船を作る船大工には必携の刃物【にっぽん刃物…
  2. 漆掻き鉋|日本の漆器づくりを支えてきた特別な刃物【にっぽん刃物イ…
  3. 国民的ナイフ『肥後守』は男子にとっての「武士の刀」だった【にっぽ…
  4. 義定の男包丁|「現代の名工」が精魂込めて鍛造した京刃物の名品
  5. 野趣あふれる男の刃物!日本の漁師達が愛した万能ナイフ「マキリ」【…
PAGE TOP