関係が近いからこそ、実態が見えなくなる家族の問題。親は高齢化し、子や孫は成長して何らかの闇を抱えていく。愛憎が交差する関係だからこそ、核心が見えない。探偵・山村佳子は「ここ数年、肉親を対象とした調査が激増しています」と語る。この連載では、探偵調査でわかった「家族の真実」について、紹介していく。

***

母の口座から100万円がなくなっていた

今回の依頼者は、中野里美さん(仮名・55歳)です。

「母の口座から、100万円近く引き出されていたので、犯罪に巻き込まれているかもしれません」と真っ青な顔で私たちのカウンセリングルームにいらっしゃいました。

里美さんは、都内の下町で夫とともに惣菜店を営んでいます。お母様は現在85歳で、湘南の高級住宅街にある大きな家で一人暮らし中。ひとりだと危ないので、自分たちの近くに引っ越すように言っても「代々、この土地に住んでいるのに、私が出てしまったらご先祖様に申し訳ない」と言って頑として一人暮らしを続けているとか。

「3年前に、入り婿していた父が亡くなってからは、ホントに元気がなくなってしまって。2人で散歩したりゴルフしたりしていたんですけれど。年齢も年齢だし、認知症も心配。私、母が階段から落ちた夢を見て、夜中に実家にクルマを飛ばしたこともあるんです」

お父様が亡くなってからは、1か月ほど一緒に暮らしていたとのこと。しかし、里美さんのお兄さんが高圧的な人で、お母様と大喧嘩になってしまったのだとか。

「兄は典型的な“昭和の男”で、母に対していつまでもめそめそするな、などと叱り飛ばしたんです。私も疲れていたから、兄に同調してしまった。すると、母はアンタたちのことはもう知らない、と激怒したんです」

それ以降、何事においても里美さんとお兄さんを拒否するように。

「母は不動産は持っていますが、現金はあまり持っていません。母の動向が心配になり、母が生活費を引き出している通帳を私が持つようにしたんです。記帳しては、年金が振り込まれているか、生活はきちんとしているかなど、チェックしていました。しかし、2か月ほど前から、30万円、10万円と引き出されて、100万円にもなっていた」

【交通系ICカードを見ると、同じ場所に何度も行っていた……次ページに続きます】

1 2

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2021年
7月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品