新着記事

作家・石牟礼道子さんが問いかけた「食」の本来あるべき姿とは

文・撮影/大沼聡子私たちは日々、食べて生きている。昔とは違い、現代の暮らしは…

性欲減少だけじゃない!「男の更年期」が起こす体の不調あれこれ

文/緒方文大「生涯若々しくありたい!」と願う人は多いでしょう。しかし、男性は50代を…

国宝指定の縄文土器・土偶が勢揃い!特別展「縄文―1万年の美の鼓動」

取材・文/藤田麻希今からおよそ1万3000年前から約1万年つづいた縄文時代。氷期が終わり、安…

天然の鰻はどうして「狐うなぎ」と呼ばれるのか?【食いしん坊の作法 第7回】

文/山本益博夏の土用丑の日が近くなると、「鰻の蒲焼」が必ず話題に上ります。「蒲焼」の焼けるに…

あのドレッシング発祥の地!カナダのサウザンアイランド紀行【カナダ・オンタリオ州の旅1】キングストン市内とサウザンアイランドクルーズ

写真・文/石津祐介カナダの中東部に位置し、トロントやオタワといった主要都市を要するオンタリオ…

それでも貴方は寝ないのか?「睡眠不足」の危険すぎる悪影響5つ

文/中村康宏睡眠、足りてますか?睡眠には、身体の状態を一定に保つ(恒常性を維…

戦国の光と影~前田利家のライバル・佐々成政の悲話【にっぽん歴史夜話6】

 文/砂原浩太朗(小説家)武田信玄と上杉謙信、宮本武蔵と佐々木小次郎など、歴史上には…

【夕刊サライ/福澤朗】講演後のビールとつまみが最高!(福澤朗の美味・料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

もし有名高校の野球ユニフォームの文字がこんなだったら…【イシグロ妄想研究所 vol.6】

構想・文・イラスト/石黒謙吾(分類王)画像作成/澤田洋佑高校野球、甲子園の100…

作家・田中英光が自殺前に遺書を書いた太宰治の本【文士の逸品No.29】

◎No.29:田中英光の本文/矢島裕紀彦東京・駒場の日本近代文学館に蔵される…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

逸品

カセットテープ発売50周年!懐かしさ溢れる往年の「UD」がマクセルから復刻

UD C60_パッケージ&ハーフ画像データ

サライ世代にとって懐かしのカセットテープ、マクセルの「UD」が、日立マクセル(以下:マクセル)から数量限定で復刻された。1970年代の人気モデルだ。

今ではすっかりデジタルデータが主流となってしまったが、ひと昔前までは、録音といえば「カセットテープ」が主流であった。サライ世代にとっては、カセットテープを使ってラジオのエアチェックをしたり、友達や恋人と交換したりと、懐かしい思い出がいくつもあることだろう。

マクセルは1966年に、国内で初めてカセットテープを製品化した会社であるが、今年がちょうどカセットテープ発売50周年にあたり、それを記念しての復刻なのである。

発売されるのは「10分」「46分」「60分」「90分」の4巻となっており、いずれもオープン価格。デザインは1972年より発売された「UD」を模した製品となってはいるが、テープはマクセルが取り扱う「UR」グレード相当となっており、懐かしさと音質の両立を実現したという。

先述したようにアナログからデジタルへと変遷を遂げてきた音楽メディアだが、近年はLPレコードと共に、カセットテープのよさも再評価されつつある。例えばカセットテープで新曲をリリースする歌手や、先述のカーステレオもカセットテープ用の機器が発売されるなど、カセットテープを知らない若い世代からも新たな文化として関心を向けられているという。

ラジオから流れる曲に合わせて録音ボタンを押したり、残り時間を想像してはA面とB面を裏返してみたりしながらカセットテープに触れていると、思わぬ記憶がよみがえってくるやもしれない。思わず押入れの奥にしまってあるラジカセを引っ張り出したくなるのではないか。

【商品についてのお問い合わせ】
日立マクセル株式会社 お客様ご相談センター
電話/0570-783-7061(ナビダイヤル)

※マクセル公式ホームページ
http://www.maxell.co.jp/

取材・文/田中十兄

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のア…
  2. 今や限定盤が当たり前!アナログレコードは迷わず買っておくべし【オ…
  3. アナログ盤カッティングの職人技に大興奮!の巻【オーディオ小僧のア…
  4. ソニー・ミュージックの自社生産LPレコードが復活!【オーディオ小…
  5. かつてない新感覚のLPジャケットを考案してみた【オーディオ小僧の…
PAGE TOP