新着記事

幹が太い、マスカット・ベーリーAの見事な古木。「父が小学生の時の写真にすでに写っているから、樹齢は少なくとも80年以上」。その前に佇む岸平典子さん。 【日本ワイン生産者の肖像6】岸平典子さん(タケダワイナリー)|創業100年の歴史を持つ老舗で、日本ワインの王道を突き進む女性醸造家。 【娘のきもち】「医者になったことが一番の親孝行」稼げるようになった今もお金を一切受け取ってくれず……~その2~ 【娘のきもち】「医者になったことが一番の親孝行」稼げるようになった今も両親はお金を一切受け取ってくれず……~その2~ 【娘のきもち】お酒の力を借りて勉強の邪魔をしてくる父親。その姿が苦手だった~その1~ 【娘のきもち】中高一貫校に入ったことで勉強が好きに。お酒の力を借りて勉強の邪魔をしてくる父親が苦手だった~その1~ 履きやすい靴は健康に悪い靴⁉  ロコモを防ぐ靴の選び方 履きやすい靴は足に悪い靴!?| 健康寿命を延ばす靴の選び方 本多忠勝像 「徳川四天王」家の幕末~そのとき、名将たちの子孫はどう動いたか【にっぽん歴史夜話13】 江戸切子のぐい呑み|珍しい琥珀色のクリスタルガラスに東西の刻みの技が共演 一生仕事を続ける時代、73歳女性も活躍するユーチューバーという職業[PR] 「ヤフオク!」で検索された「猫」を含むキーワードランキング 夏目漱石の小説「吾輩は猫である」初版本(明治40年発行)は12万円超で落札!|「ヤフオク!」で取引された意外な「猫」グッズ 高所恐怖症の人はクラクラしてしまいそうな天井座敷。 ベストな席は天井桟敷?|ベルリン・フィルハーモニーを現地で鑑賞する方法 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも⁉ 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも!?

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 角野栄子さん

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

現実と空想を行き来する驚くべき細密画!立石鐵臣展

日本統治時代の台湾で活躍した異色の油彩画家、立石鐵臣(たていし・てつおみ)の回顧展が、東京の府中市美術館で開催されています。

立石鐵臣《春》〔1973年 油彩 個人蔵〕

立石鐵臣《春》〔1973年 油彩 個人蔵〕

立石鐵臣(1905-1980)は、父の勤務先の台湾に生まれ、6歳で日本に帰国してからは16歳で跡部青瀾に師事して日本画を学びましたが、後に岸田劉生、梅原龍三郎に学んで洋画に進みました。

26歳のとき、梅原龍三郎の勧めで日本統治時代の台湾にわたり、以後11年間、台湾の洋画界で活躍しました。戦後に日本に引き揚げてからは、作品を発表するかたわら、昆虫観察で培った科学的な眼で子ども向けの図鑑や絵本に動植物の細密画を多数描きました。

本展は、台湾で高く評価されている日本人画家・立石鐵臣の画業を、約160点の作品により振り返ります。

立石鐵臣《昆虫》(原画)〔1963-1964年 個人蔵〕

立石鐵臣《昆虫》(原画)〔1963-1964年 個人蔵〕

本展の見どころを、府中市美術館・学芸係長の志賀秀孝さんにうかがいました。

「立石鐵臣は、日本画とか洋画といった普通のジャンルにおさまらない画家です。流派を超えて自由なのです。

代表作の《春》も、細密画のようであったり、デザイン画のようであったり、シュールであったり、見るものに現実と空想をさまよわせる不思議な世界があります。空の下に描かれた花々は忘れ得ぬ故郷である台湾の空へのお供えであり、細密画の域を超えて命の輝きを放っています。

私には、この作品の根底に流れるのは台湾へのオマージュであるとみています。絵とは何か、絵は描くものにとっても見るものにとってももっと自由であっていいと、立石は言っているように思います。皆さんもご自身の眼で自由にお楽しみください」

本展を機に日本での再評価が期待される、知られざる画家の本格的な展覧会です。ぜひ足をお運びください。

【麗しき故郷「台湾」に捧ぐ-立石鐵臣展】
■会場/府中市美術館(公式サイトはこちら
■会期/2016年5月21日(土)~7月3日(日)
■住所/府中市美術館:東京都府中市浅間町1-3
■電話番号/03・5777・8600(ハローダイヤル)
■料金/一般700円 大高生350円 中小生150円
■開館時間/10時から17時まで(企画展への入場は16時30分まで)
■休館日/月曜日
■アクセス/京王線府中駅より「ちゅうバス」(多磨町行き)で「府中市美術館」下車すぐ、または京王線東府中駅北口より徒歩約17分

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ル・コルビュジエ「サヴォワ邸」(1928-31年) 国立西洋美術館開館60周年記念 ル・コルビュジエ 絵画から建築へ…
  2. 「プーとコブタが、狩りに出て…」『クマのプーさん』第3章、E.H.シェパード、ペン画、1926年、V&A所蔵 (C)The Shepard Trust 世界で一番有名なクマ【クマのプーさん展】
  3. 二月堂縁起上巻(部分) 奈良・東大寺蔵 1200年を超える伝統行事の歴史【特別陳列 お水取り】
  4. 奥村土牛《醍醐》1972(昭和47)年 絹本・彩色 山種美術館蔵 80歳にして初心、100歳にして現役【山種美術館 広尾開館10周…
  5. 浮世四十八手夜をふかして朝寝の手 溪斎英泉 個人蔵 多彩なひろがりをみせた園芸【江戸の園芸熱―浮世絵に見る庶民の草花…
PAGE TOP