新着記事

ホテルオークラ元総料理長の『わが家でプロの味』|フルーツティー

ホテルオークラ東京の開業以来、50年にわたり腕をふるった元総料理長のレシピ本『ホテルオークラ元総料理…

東大・山本博文教授と歴史探偵家・高橋伸幸氏が江戸の藩主たちを斬る! 〜『サライの江戸 江戸三百藩大名列伝』発売記念トークショー〜

好評発売中の「サライの江戸」シリーズ。その第3弾『江戸三百藩大名列伝』の発売を記念してトーク…

50代からのエゴな生き方|楽しく生きる中年はちょっと「ワガママ」

文/印南敦史『50代からのちょっとエゴな生き方』(井上裕之著、フォレスト出版)の著者…

ペントミノパズル|シンプルで奥深い立体組み合わせパズル

蓋を開けると、きれいに並んだ市松模様が見える。だが、市松模様を作るだけのパズルではない。…

「周りが介護度の高い入居者ばかりで、毎日が楽しくない……」有料老人ホームやサ高住でのミスマッチはなぜ起こる?

取材・文/坂口鈴香先日、新聞に70代の男性による次のような趣旨の投稿が掲載された。…

村松誠氏が描くウイスキーキャットラベルの特別なウイスキー

その昔、ウイスキーの蒸留所には、原材料である大麦を守る役目を与えられ、また職人たちにマスコットのよう…

遭難を防ぐ!山歩きを始めるあなたに伝えたい3つのこと

文/鈴木拓也息の長い「山歩き・登山」ブーム。『レジャー白書』によれば、2016年にお…

微笑みの国タイの原点!世界遺産スコータイの歴史探訪

文・写真/横山忠道(海外書き人クラブ/タイ在住ライター)タイの世界遺産というと「古都アユタヤ…

本柿渋染頭陀袋|金具も化学染料も排した柿渋染めの“和サコッシュ”

修行僧が旅をするときに、経文や食器や托鉢の恵みなど納め、首からかける袋が「頭陀袋」。そこから…

ペットの死、その時あなたは? 獣医さんが提案する幸せな旅立ち

文/柿川鮎子ペットと暮らす幸せは何にも代えがたいものがあります。ある人は「犬や猫や小鳥がいな…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

趣味・教養

現実と空想を行き来する驚くべき細密画!立石鐵臣展

日本統治時代の台湾で活躍した異色の油彩画家、立石鐵臣(たていし・てつおみ)の回顧展が、東京の府中市美術館で開催されています。

立石鐵臣《春》〔1973年 油彩 個人蔵〕

立石鐵臣《春》〔1973年 油彩 個人蔵〕

立石鐵臣(1905-1980)は、父の勤務先の台湾に生まれ、6歳で日本に帰国してからは16歳で跡部青瀾に師事して日本画を学びましたが、後に岸田劉生、梅原龍三郎に学んで洋画に進みました。

26歳のとき、梅原龍三郎の勧めで日本統治時代の台湾にわたり、以後11年間、台湾の洋画界で活躍しました。戦後に日本に引き揚げてからは、作品を発表するかたわら、昆虫観察で培った科学的な眼で子ども向けの図鑑や絵本に動植物の細密画を多数描きました。

本展は、台湾で高く評価されている日本人画家・立石鐵臣の画業を、約160点の作品により振り返ります。

立石鐵臣《昆虫》(原画)〔1963-1964年 個人蔵〕

立石鐵臣《昆虫》(原画)〔1963-1964年 個人蔵〕

本展の見どころを、府中市美術館・学芸係長の志賀秀孝さんにうかがいました。

「立石鐵臣は、日本画とか洋画といった普通のジャンルにおさまらない画家です。流派を超えて自由なのです。

代表作の《春》も、細密画のようであったり、デザイン画のようであったり、シュールであったり、見るものに現実と空想をさまよわせる不思議な世界があります。空の下に描かれた花々は忘れ得ぬ故郷である台湾の空へのお供えであり、細密画の域を超えて命の輝きを放っています。

私には、この作品の根底に流れるのは台湾へのオマージュであるとみています。絵とは何か、絵は描くものにとっても見るものにとってももっと自由であっていいと、立石は言っているように思います。皆さんもご自身の眼で自由にお楽しみください」

本展を機に日本での再評価が期待される、知られざる画家の本格的な展覧会です。ぜひ足をお運びください。

【麗しき故郷「台湾」に捧ぐ-立石鐵臣展】
■会場/府中市美術館(公式サイトはこちら
■会期/2016年5月21日(土)~7月3日(日)
■住所/府中市美術館:東京都府中市浅間町1-3
■電話番号/03・5777・8600(ハローダイヤル)
■料金/一般700円 大高生350円 中小生150円
■開館時間/10時から17時まで(企画展への入場は16時30分まで)
■休館日/月曜日
■アクセス/京王線府中駅より「ちゅうバス」(多磨町行き)で「府中市美術館」下車すぐ、または京王線東府中駅北口より徒歩約17分

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. バロック美術とルーベンス【ルーベンス展―バロックの誕生】
  2. 世界が熱狂するフェルメール【フェルメール展】
  3. 仏像が、走る・踊る!?仏像の新たな一面を楽しめる展覧会をレポート…
  4. 日本画の父・狩野芳崖と、その高弟たちの展覧会【特別展 狩野芳崖と…
  5. 現代美術の父 マルセル・デュシャン【東京国立博物館・フィラデルフ…
PAGE TOP