新着記事

ポークソテーシャリアピンソース

【管理栄養士が教える減塩レシピ】みじん切り、すりおろしで活性化! 旬のにんにくの栄養を逃さない調理法

サンブロックアンブレラ|遮光、遮熱に優れたアウトドア仕様の日傘

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)牡羊座~蟹座編

【ビジネスの極意】IQが高い人が必ずしも成功するわけではない

【ビジネスの極意】IQが高い人が必ずしも成功するわけではない

数において劣勢の織田信長(演・染谷将太)は、今川方にいる松平元康を取り込むべく、元康の伯父・水野信元と母・於大の説得工作を試みる。

信長危うし! ついに今川義元が攻めて来た 桶狭間前夜、策謀めぐらす〈女軍師・帰蝶〉が凄かった!【麒麟がくる 満喫リポート】

カビ専門家に聞く「梅雨時期のカビ対策」3つのポイント

朝倉館跡空撮。

「お屋形さま」と呼ばれていた朝倉義景。室町時代後期の「大名屋形」を知れば『麒麟がくる』をもっと楽しめる【麒麟がくる 満喫リポート】

エアコンの故障は冷房の使い始めに起きている! 今年の猛暑を快適に過ごすために今すべきこと

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

【今から待てない『麒麟がくる』!】大河ドラマファンの編集者が明智光秀が主人公の『麒麟がくる』に期待する理由を語り尽くす Part1

30数年前、NHK大河ドラマが3年間路線転換をした。
1984年の『山河燃ゆ』を皮切りに『春の波涛』、『いのち』と近代化ドラマが続いたのである。

従来の大河ファンに向けては水曜日夜8時の「新大型時代劇」枠が与えられ、『真田太平記』『武蔵坊弁慶』『宮本武蔵』の三作が放映された。しかし、日曜夜8時に本格大河復活を切望する声が日増しに高まった。そうした声を受けて、満を持して登場したのが、87年の『独眼竜政宗』。27~28歳の渡辺謙が伊達政宗役を熱演した同作は、開始早々から「梵天丸もかくありたい」という台詞が流行語になるなど大ヒット。平均視聴率39.7%は歴代大河№1の地位を30年以上も守り続けている。

あれから30有余年。「近代化大河の次の本格大河が大ヒット」という熱気の再現を期待する声ががぜん高まっている。当時を知る大河ドラマファンの二人の編集者が語り合った。

* * *

岐阜県内(美濃国)には明智光秀伝承が数多く残る。写真は恵那市千畳敷公園内にある「明智光秀産湯の井戸」。

岐阜県内(美濃国)には明智光秀伝承が数多く残る。写真は恵那市千畳敷公園内にある「明智光秀産湯の井戸」。

編集者A(以下A)「梵天丸もかくありたい」って懐かしいですよね~。あれは、病気で右眼の視力を失った梵天丸が不動明王像を前にして、仏様がどうしてこんなに怖い顔をしているのか尋ねたシーンですよね。

編集者B(以下B) そこで大滝秀治演じる虎哉宗乙(こさいそういつ)が、梵天丸に向かってこういうわけです。〈恐ろしい顔をしているのは悪をこらしめるためじゃ。不動明王は優しい仏さまじゃ。そと見と異なり慈悲深い。とくと御覧じろ!〉。それを聞いた梵天丸が発した台詞が〈梵天丸もかくありたい〉。

A 大河史上の名シーンのひとつですよね。やはり記憶に残る大河には名シーンありですね。80年代後半には、『独眼竜政宗』『武田信玄』『春日局』と高視聴率の大河ドラマが続きました。いずれも平均視聴率が30%を超えるヒット作。

B 当時の熱気を知っているオールドファンが、近代化路線大河の『いだてん』の翌年に放送される『麒麟がくる』に期待しているんです。しかも『麒麟』は大河史上初めて明智光秀が主人公。大河ドラマではこれまで15作品で本能寺の変を描いて、明智光秀も登場するけれど、光秀が主人公のとなるのは初めて。大河でどのような本能寺の変が描かれるのかがぜん注目されているんです。

A しかも、脚本が池端俊策さんだしね。

B 名作大河の呼び声が高い『太平記』(91年)の脚本を手がけた方ですね。長年タブー視されていた、朝廷が分裂する南北朝期を描いた意欲作でした。

A 第22回「鎌倉炎上」に至る数回はとくに凄かったですよね。まさに「神大河」。片岡鶴太郎演じる北条高塒や勝野洋が演じた北条守時の最期など、今、思い返してもドキドキする。鎌倉・東勝寺跡の腹切りやぐらの前で何度このシーンを反芻したことか・・・・・・。この『麒麟がくる』は、その池端さんの大河2作めとなる作品。どんな展開になるのか本当に楽しみでしかない。室町幕府初代足利尊氏を描いた脚本家が最後の室町将軍義昭を描く。NHKも粋なことをするもんだ。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 数において劣勢の織田信長(演・染谷将太)は、今川方にいる松平元康を取り込むべく、元康の伯父・水野信元と母・於大の説得工作を試みる。 信長危うし! ついに今川義元が攻めて来た 桶狭間前夜、策謀めぐら…
  2. 朝倉館跡空撮。 「お屋形さま」と呼ばれていた朝倉義景。室町時代後期の「大名屋形」…
  3. 上洛中の信長の暗殺を企てていた斎藤義龍(演・伊藤英明)。ドラマでは今回で最後の登場となる。 斎藤義龍による上洛した信長の暗殺計画 いよいよ〈戦国〉がダイナミ…
  4. 発掘された義景館の高台の庭園(特別名勝指定)。 『麒麟がくる』でも再現された朝倉館の美しき庭園。なぜ、戦国大名は…
  5. イラスト/和田聡美 吉田鋼太郎の怪演で人気沸騰! 松永久秀は本当に梟雄・悪人だったの…
PAGE TOP