新着記事

この一体化した金属を外せ!脳活パズル『はずる』にハマる人続出

ザルツブルクの町

門をくぐれば巡礼の道。モーツァルト生誕の地「ザルツブルク」の知られざる絶景ポイントを歩く(オーストリア)

お子さんが自立したこともあり、ロードスターを購入してからは奥様と2人で出かける機会が増えたそう。

【私のクルマ遍歴】事故でフロントが破損した『NCロードスター』。奥様の理解と後押しでより魅力的なフォルムに生まれ変わる(後編)

茂幸さんの愛車は、ブラックのボディカラーが希少なオープンカー。その出会いと物語は【後編】にて語ります。

【私のクルマ遍歴】仕事や家庭に翻弄され、『カリーナ』『チェイサー』『ミラージュ』『ギャラン』と、何台も乗り換えた青春時代(前編)

横瀬浦公園(長崎県西海市)にあるルイス・フロイス像。

なぜイエズス会は長崎で多くの信者を獲得できたのか?【半島をゆく 歴史解説編 西彼杵・島原半島3】

拾った猫の扱いや地域猫活動は法律的にどうなのか?|『ねこの法律とお金』

拾った猫をそのまま飼ったらどうなる?|『ねこの法律とお金』

ものぐさでもOK!後ろからでも前からでも履ける画期的スリッパ

死絵展・八代目市川団十郎安政元年(1854)頃①

有名人の訃報を知らせる錦絵|もっとも多く死絵の題材となったのは八代目市川団十郎【企画展「死絵 ~明るく笑ってさようなら~」】

【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

【家族のかたち】異父姉弟の事実を知ったのは小学生の頃。前後で家族の仲に変化はないように見えていた~その1~

【家族のかたち】異父姉弟の事実を知ったのは小学生の頃。家族の仲に変化はないように見えていた~その1~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

シニア住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

一生使える高級腕時計|スイス時計の伝統と技術が息づく「IWC」5選

文/安藤政弘

スイス時計の伝統を受け継ぎながら、創業時より150年にわたり、革新性の満ちたタイムピースを作り続けるウォッチメゾンが、「IWC」(インターナショナル・ウォッチ・カンパニー)です。日本では長く「インター」の愛称で、時計愛好家に親しまれてきましたが、高級機械式時計が人気となった2000年代以降は、ビジネスパーソンにも愛用者も増えています。IWCの定番から、おすすめの5本を紹介していきましょう。

IWCは、アメリカ・ボストン出身の時計職人フローレンス・アリオスト・ジョーンズと、職人であり実業家でもあるヨハン・ハインリッヒ・モーザーにより、ライン川の辺りに広がる、時計製造の盛んなスイス・シャフハウゼンで、1868年に創業されました。

アメリカ市場を意識した懐中時計を中心に製造し、1885年に発表した、時間と分を、回転ディスクにある数字で表示する「パルウェーバー・ポケットウォッチ」で一躍、世界でその名が知られるようになりました。1915年には腕時計の製作をスタートさせ、傑作ムーブメントの誉れ高い”キャリバー83”などを開発しました。1930~40年代に入ると軍用の「パイロットウォッチ」や、「ポルトギーゼ」をリリース。1955年には磁力からムーブメントを守る耐磁時計「インヂュニア」、1967年にはダイバーズモデル「アクアタイマー」と、現代に受け継がれるスタンダードを次々に発表し、IWC独自の、実用性から生まれるシンプルな機能美と独創的な技術は広く認知されることとなります。

その後は長年ポルシェデザインの時計開発を手掛け、メルセデスAMGとのコラボを発表するなど、積極的に新しい腕時計の提案を進めていきました。また、スイスが認可する職人育成のライセンス「オルロジェ・コンプレ」を保有する唯一の時計メーカーでもあり、時計製造だけではなく、時計職人の養成学校も運営。複雑時計からプロフェッショナルウォッチまでを生んだ伝統的な技術は着実に継承されています。

「IWCは世界中で人気があり、当店のベストセラー『ポルトギーゼ クロノグラフ』は、海外からわざわざ買いに来る方もいます。『パイロットウォッチ』や『ポートフィノ』もよく売れています。定番以外のモデルも、時計ファンを中心に、反応がいいですね」(東京・中野の並行輸入時計店「かめ吉」担当者)。新しい年を、品格と機能美を兼備したIWCの名品でスタートしてみてはいかがでしょうか。

【IWC】

IWCを代表するベストセラー

ポルトギーゼ クロノグラフ

Ref.IW371446 70万9280円

ポルトギーゼ クロノグラフ
バリエーション豊富な「ポルトギーゼ」コレクションの中で最も人気のある、ストップウォッチ機能が付いたクロノグラフ。リーフ型の時分針やアラビア数字のアップライト・インデックスがバランスよく配置された品のある文字盤デザイン。そして、手首にぴったりフィットする直径41mmのケースも選ばれる理由になっています。ビジネスでもプライベートでもシーンを選ばず、いい時計を控えめにつけられる代表的な1本といえるでしょう。ケース素材はステンレスチール。レザーベルト。自動巻き。日本定価81万5400円。
ポルトギーゼ クロノグラフポルトギーゼ クロノグラフ

ページ:

1

2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. モナコ キャリバー11 クロノグラフ 一生使える高級腕時計|スポーツエレガントなコレクションが揃う「タ…
  2. 一生使える高級腕時計|ビジネスユースの本格派「ブライトリング」5…
  3. 一生使える高級腕時計|豊富なバリエーションの「オメガ」5選
  4. 一生使える高級腕時計|今、買うべき王道「ロレックス」5選
  5. 腕時計に彫金を施して唯一無二の逸品に仕立てる工房
PAGE TOP