新着記事

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

波佐見焼のおひつ2色セット|冷やご飯が、ふっくら炊き立てによみがえる

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

スミカマの槌目模様の包丁|欧米で脚光を浴びる老舗が古風な包丁を近代的にアレンジ

個人的に世界遺産にしたい場所ランキング! 伊勢神宮に阿蘇、東京タワーなど……未登録なのには理由があった?

世界遺産にしたい場所ランキング| 伊勢神宮に鎌倉、東京タワー……登録されないのには理由があった!?

健康オイル、何を選ぶ?

健康オイル、何を選ぶ?|体に良い油の選び方

朝5時起床。定番スタイルに着替えてから、朝食は6時半頃。「その日のスケジュールを確認しながら、小一時間かけて朝食を摂り、家を出るのは8時半頃です」と服部幸應さん。

【朝めし自慢】服部幸應(服部学園理事長、服部栄養専門学校校長・73歳)「具だくさんの味噌汁と葱入り卵焼き、果物を欠かしません」

ごはんはどうだ! 銅製釜飯セット|銅製羽釜のご飯は旨さ格別 最高の熱伝導で短時間に炊き上がる

チレス・エン・ノガダ

赤白緑のトリコロールに彩られた甘いトウガラシ料理!?|メキシコ独立記念日の味「チレス・エン・ノガダ」

救ってくれたのは同じ悲しみを経験した犬仲間と今の愛犬

救ってくれたのは同じ悲しみを経験した犬仲間と今の愛犬【愛犬との別れ、ペットロス体験記】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

サライ世代に聞いた「読み直したい古典」ランキング

文/編集部

シニア世代に支持されている大人の生活誌『サライ』の愛読者のみなさんに、「いまこそ読み直したい古典」についてアンケートを実施しました(※N=291, 回答者平均60.4歳)。その回答結果をご覧下さい。

 

読み直したい古典
Infogram

いかがでしょう。個人個人の思い入れの違いから、やはり回答にはかなりバラつきが大きかったものの、1位は松尾芭蕉の「おくの細道」、2位は同率で「古事記」「源氏物語」「徒然草」の3作が並びました。「おくの細道」については、俳句というだけでなく紀行文学という側面もあるだけに、この書を携えてふらりと旅に出てみたいという方も多いかもしれません。

「古事記」や「源氏物語」、あるいは「万葉集」(6位)で日本のこころの原点を訪ねたいと思う方もいれば、「徒然草」に描かれた兼好法師の奥深い人生観を歳を重ねた今あらためて味わってみたいという方もおられることでしょう。「三国志(演義)」(7位)や「平家物語」(8位)といった波瀾万丈なる長い歴史物語に没頭するのも、時間に余裕のできるサライ世代ならではの読書の楽しみです。

時まさに読書の秋。上の集計結果にずらり並んだ作品群を読書リストとして、気になる古典に親しんでみてはいかがでしょうか。

文/編集部

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. サライ読者世代に聞いた「写真撮影の主な目的」とは?
  2. サライ読者に聞いた「退職後に移住したい場所」ランキング
  3. サライ読者に聞いた「最近始めた趣味/やめた趣味」ランキング
  4. サライ読者に聞いた「好きな美術展のジャンル」ランキング
  5. サライ読者に聞いた「作りたい保存食」ランキング
PAGE TOP