新着記事

北斎が!フェルメールが!あの名画が買える『大人の逸品 美術館』が誕生

文/編集部サライ読者にはすっかりお馴染みであろう小学館の通販サービス『大人の逸品』のサイト内…

500マイルの極上ドライブ。スコットランド最大ルート“NC500”の5つの魅力

文・写真/石橋貴子(スコットランド在住ライター/海外書き人クラブ)“スコットランドが…

帆布ミニ縦型ショルダーバッグ|街歩きにいい小振りなショルダーバッグ

鞄の産地、兵庫県豊岡市の鞄ブランド「鸛帆布」から小振りなショルダーバッグが届いた。厚手の10…

てんぷらは東京の郷土料理【食いしん坊の作法 第11回】

文/山本益博「てんぷら」は語源からもわかるように外来の料理が次第に和食になっていた日…

LUMIX DC-FT7|どんな季節でも野外撮影を楽しめるタフなデジタルカメラ

文/編集部パナソニックから、アクティブな撮影を楽しめるタフ性能のコンパクトデジタルカメラ『L…

ホテルオークラ元総料理長の『わが家でプロの味』|フルーツティー

ホテルオークラ東京の開業以来、50年にわたり腕をふるった元総料理長のレシピ本『ホテルオークラ元総料理…

東大・山本博文教授と歴史探偵家・高橋伸幸氏が江戸の藩主たちを斬る! 〜『サライの江戸 江戸三百藩大名列伝』発売記念トークショー〜

好評発売中の「サライの江戸」シリーズ。その第3弾『江戸三百藩大名列伝』の発売を記念してトークショーが…

50代からのエゴな生き方|楽しく生きる中年はちょっと「ワガママ」

文/印南敦史『50代からのちょっとエゴな生き方』(井上裕之著、フォレスト出版)の著者…

ペントミノパズル|シンプルで奥深い立体組み合わせパズル

蓋を開けると、きれいに並んだ市松模様が見える。だが、市松模様を作るだけのパズルではない。…

「周りが介護度の高い入居者ばかりで、毎日が楽しくない……」有料老人ホームやサ高住でのミスマッチはなぜ起こる?

取材・文/坂口鈴香先日、新聞に70代の男性による次のような趣旨の投稿が掲載された。…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

趣味・教養

オレを認めて臭、根性臭…「加齢臭」がする話し方とは?

文/鈴木拓也

経団連は、企業会員を対象に「新卒採用に関するアンケート」を毎年実施している。その調査結果を見ると、選考にあたって特に重視した点で「コミュニケーション能力」が、15年連続で1位となっている。

それだけ若手には、コミュニケーション能力が求められているわけだが、ひるがえって40代以降のベテラン社員はどうだろうか? 長年の社会人経験で、コミュニケーション能力に長けているかといえば、実はそうでない人も少なくはないらしい。

経験の積み重ねが仇となったり、移り変わる世の中への抵抗感から、「話し方の加齢臭」が漂ってしまい、コミュニケーションの阻害要因となっていることもある、と指摘するのは、話し方研究所代表の福田健(たけし)さんだ。

福田さんは、近著の『話し方の「加齢臭」』(プレジデント社)で、中高年が長年使っているうちにしみついた「言葉のクセ」が、独りよがりで押しつけがましい傾向を帯びると、まわりから敬遠される、いわゆる「加齢臭」の伴う表現へと変質すると述べていいる。

例えば、「何事も経験だ」という一言。若い頃は、自身を叱咤激励する意味合いで使っていたかもしれないが、長じて部下たちへ使いはじめると、それは加齢臭を放ち始めるリスクに……。

本人は、それが円滑なコミュニケーションの障害になっていることに気づかないから厄介だ。しかも、その種類は多種多様。福田さんは本書で、話し方の加齢臭には「根性臭」、「オレを認めて臭」、「レッテル決めつけ臭」など12タイプがあるとし、それぞれに事例と説明を加えている。例えば、「厭味臭」はこうだ。

入社して間もない頃、研修担当についた吉田課長(50代前半)は、新人の僕たちに「OJTって、知ってるか?」「ホウレンソウの意味わかってる?」などと、事あるごとに聞いてきた。誰も答えられないでいると、
「なんだ、そんなことも知らないのか」
と前置きしてから、説明を始めるという具合。
(本書66pより引用)

「なんだ、そんなことも知らないのか」の何がまずいのかというと、言外から感じられる話し手の優越感と相手を見下すさまが、まさに「加齢臭」漂う表現なため。

こう言われた若手社員が、「よし、それならこっちも勉強して、もっと知識をふやそう」と発奮するかといえば否で、むしろ何らかのかたちで厭味を返してやろうという気になってしまう、と福田さん。

もう一例を引用しよう。こちらの登場人物は、利益の少ない大プロジェクトを無理に受注した部署の若手社員とその上司とのやりとりだ。

「例の案件、無理そうです」と報告した。すると菱田さんは、
「なんで消極的になっているんだ。その仕事は食いついて離すな。大きなプロジェクトを経験するのは何事にも代え難いから、やってみろ」
「納期も利益も、現場は難しいと言っています」
「やれと言ったらやってみろよ。お前のためになるんだから」
そう言われて、30分以上、話は続いた。
(本書118pより引用)

こちらは、典型的ともいえる「説教臭」。自分だけの経験に基づいて押し通し、「お前のため」と締めくくるののだが、部下にしてみれば単に無理難題を押しつけられているように感じる。

福田さんによれば、「人は『説教』を嫌う。素直に聞くのは、お坊さんの話ぐらいのものだ」とずばり。「説教していい気分になっているのは自分だけ」ということに気づくべきだとも。

*  *  *

福田さんは、なにも12タイプもある「加齢臭」を完全に断罪するわけではない。どのタイプの話し方にもプラス面があり、そこを活かす「付き合い方」もあるという。また、年長者の人生経験の豊かさは、世事や人情への深い理解につながり、それが人柄に表出して「好ましい匂い」へ転化させることも可能だ。

とまれ、自身の話し方に「加齢臭」の自覚がある方は、本書のチェック・リストでタイプを特定し、軌道修正をはかってみるとよいだろう。

【今日の心の健康に良い1冊】
『話し方の「加齢臭」』
https://presidentstore.jp/books/products/detail.php?product_id=3171
(福田健著、本体1,200円+税、プレジデント社)

文/鈴木拓也
2016年に札幌の翻訳会社役員を退任後、函館へ移住しフリーライター兼翻訳者となる。江戸時代の随筆と現代ミステリ小説をこよなく愛する、健康オタクにして旅好き。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「定年は男の終わりじゃない」萩本欽一に学ぶ、人生の面白がり方
  2. 医学部教授が考案!長生きするための簡単みそレシピ3選
  3. 「年のせい」とほっといてはダメ!350万人以上がかかる病気、脊柱…
  4. あなたの「舌」は大丈夫?100歳まで生きるための舌トレーニング
  5. 豚肉は健康のもと!83歳の医大名誉教授が教える「長寿式食べ方の習…
PAGE TOP