新着記事

ダイナミックすぎる『オメガパーク』で体重約1トンの巨大野生動物に出会う

文・写真/藤木 香(カナダ在住ライター)いつかこの目で本物のカリブー(トナカイ)を見…

キリシタン大名・高山右近と加賀前田家との意外な深イイ関係とは【にっぽん歴史夜話5】

 文/砂原浩太朗(小説家)キリシタン大名として著名な高山右近(たかやま・うこん、1552~1…

【夕刊サライ/福澤朗】カレーに合う日本酒!? 知る人ぞ知る「貴醸酒」に脱帽(福澤朗の美味・料理コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

軽症うつ病の治療にも効果的な「不眠解消」の具体的方法【名医に聞く健康の秘訣】

取材・文/わたなべあや人生、どうしても壁にぶち当たることがあります。離婚や介護、過労…

白洲次郎夫妻の旧邸「武相荘」を味わい尽くす写真イベント《Art of Life(日常の美)》

終戦直後、GHQとの折衝を担った実業家・白洲次郎と、日本の美意識を探究しつづけた稀代の随筆家…

【夕刊サライ/パラダイス山元】突き抜けた、極端なことだらけの生まれ故郷への旅(パラダイス山元の旅行コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食いしん坊の作法 第5回】

文/山本益博「フランス料理が苦手です」という方に、その理由を聞くと、一昔前は、食事の…

綿麻三重織ケット|軽く柔らかな肌掛けで寝苦しい夜も快適に

快眠は、快適な寝具があってこそ。ことに寝苦しい夏場は、寝具の持つ役割が大きくなる。こ…

夏目漱石があのヒゲを整えるのに使っていた剃刀【文士の逸品No.25】

◎No.25:夏目漱石の剃刀文/矢島裕紀彦ロンドンの夏目漱石は、計5回の宿替…

予め知っておきたい「がんになると降りかかってくる4つの負担」とは?

文/中村康宏がんは日本人の死因トップで、3人に1人はがんで死にます。つまり、あなたの…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

京都のユニークでかわいい「面白おみくじ」5選【MARIKOのおみくじ探訪 第10回】

文・写真/MARIKO(モデル、神社検定1級)

まだまだ寒いけれど、少し春の空気を感じる今日この頃。今回は旅行シーズンにもおすすめの、私が今までに京都巡りで出会った「京都の面白おみくじ」5選をご紹介します。

■1:田中神社の「くじゃくみくじ」

貴船神社や鞍馬寺に行くのなら、ぜひ途中で立ち寄ってほしいのが叡山電車「元田中駅」から歩いてすぐの田中神社。とってもユニークな幸運のたまご、くじゃくみくじに出会えます。

こちらは何と全国の「田中」姓発祥の地と言われているのです!大国主命を主祭神とし、元々この付近にあった田中村の産土神として人々から信仰されてきました。

まさに田中さん大注目のスポットとも言えますが、こちらには更に人々の視線を集める存在が……。

そう、本物の孔雀です!!サーカスからご縁があってやってきたのだそう。まさか神社で孔雀と出会えるとは驚きです!

この孔雀に因んで3,4年前から始まったのが「くじゃくみくじ」。

たまご型のおみくじは私も初めて。開けたらどんなものが出てくるのか、おみくじを引くドキドキがいつも以上に高まります!

ぱかっ。つるっとしたたまごのケースを開けてみると、中にはおみくじを背負った折り紙の孔雀が!その姿はさながら幸運を運んでくれる使者のようです。可愛らしい孔雀の色は様々で、私が引いたのは橙色でした。

”中吉。ドキっとする一文が…汗。”

オリジナリティ溢れるとっても美しいくじゃくみくじ。おうちに飾って自分だけの開運アイテムにしてみませんか?

【田中神社】
住所: 京都府京都市左京区田中西樋ノ口町1
電話: 075-781-9274

>>お次は歩いて賀茂御祖神社へ!

ページ:

1

2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 神社に行く前にチェック!正しい「おみくじ」作法と基礎知識【MAR…
  2. これぞおみくじの元祖!?ときわ台天祖神社の「天祖神社歌占」【MA…
  3. 戌年だけに犬のおみくじで福招き!赤坂氷川神社の「干支おみくじ」【…
  4. 東大寺大仏殿よりも高かったと伝えられる神社とは?神社の名前当てク…
  5. 神社の境内にある小さなお社の名前は?神社の基本知識に関するクイズ…
PAGE TOP